ブログトップ

夢か現か幻か・・・

yume712.exblog.jp

カテゴリ:霊獣( 19 )

龍体?だそうです

前回の流体の続きになりますが、これが龍神と言われている方たちから体躯だと聞いている写真ですが・・・信じる信じないは個人の判断でお願いいします(笑)
彼らエネルギー体の体躯は光の粒子?のようなエネルギーの集合体・・・それを私が勝手にうろことか体躯と表現しているだけ・・・
なので、集合と離散を繰り返すエネルギーの集合体ではないかと・・・そう考えてるのです。
この画像は龍神の顔の部分が切れています、でもくねらせている体は写っています。
そして透明感のあるガラスのような部分が体のうろこ?の部分ですが、うろこと言うのは三次元的な言い方で、他になんと言っていいのか分からないから・・・うろこと言ってます(^^;;

右上が頭の部分ですが切れていて、そこから長く伸びているのが体・・・そして右下の方の部分を見れば、ひらがなの「の」の字のように右側に巻いています。
そして少し画面から途切れてしまいますが、右隅から透明感のあるガラス状の体?うろこ?がまた写っています。
その後は左上の隅まで体が写っていますが、色々と形状の違ううろこ様のものが伸びています。
c0331825_17421581.jpg
写した当初は何か分からず、未確認飛行物体が写りこんだ?と思っていたのですが、その後尋ねると体だということで・・・へぇ~!でした(笑)
私はあまり尋ねるということはしなくて、必要な時に少ししか聞かないですね。
なぜなら、自分で考えることをしなくなっていまうから・・・分からなければ「聞いたらいいや」という、依頼心を作ってしまうから。
それに、それが事実かどうかは調べようのないことなので、あまり信じてないから・・・(爆)
それともう一つ・・・その時に分からなくても、いずれ分かる・知ることが出来る時期が来るだろうと思っているので、その時期が来るまで知らなくていいかも?というスタンスなんです。
相手が本物かどうか、その確認のしようがないのですからね・・・闇雲に信じるのも危険でしょうから。
何事にも「時期」というものがあるだろうし、知識もない時に聞いても理解できないだろうし(笑)
ものすごくせっかちで短気なのに、こういうことはとっても気が長いんですね・・・人間って勝手なもんですヾ(@^▽^@)ノわはは

前回の4月19日の翌日、これらの写真は4月20日に写しています。
日にちが変わっても、前日と同じエネルギーの流れだったのでしょうか?
上記の写真の龍体は一言主さん、そしてこの右上半分の顔の持ち主は事代主さん、やはり写ってくださっています。
c0331825_17554979.jpg
ちょっと分かりにくいかもしれませんが、顔の中心に十字を入れたその4分の1部分・・・右の目が写っています。
そしてこの写真が写ってしばらくすると豪雨、その時にはダイナミックな龍体の動きが・・・

エネルギー体が出現ししだすと・・・
c0331825_18004848.jpg
次にはポータルが開き、こうやって 大きなエネルギー体が現れました。
c0331825_18013680.jpg
それからはどんどん現れ・・・龍体です。
c0331825_18022767.jpg
c0331825_18023567.jpg
様々な変化を見せてもらえました。
c0331825_18031380.jpg
c0331825_18032327.jpg
c0331825_18033157.jpg
この時は写していて楽しかったし面白かったですね、次々と現れる違った形に見とれてしまった・・・(爆)
一言主さんがポータルの向こうで動いているらしいのですが、動くたびに色も形も変わるので、写ったのを見ては「キレイだぁ~」と喜んでいました(笑)
c0331825_18074074.jpg
c0331825_18080070.jpg
透明感のあるのもキレイだけど、時々入るカラーがキレイ・・・いや、エネルギー体の光の粒子はみんなキレイなんですが(^^;;
c0331825_18094504.jpg
c0331825_18100363.jpg
そしてまた煙状に変化をしていくという・・・
c0331825_18105003.jpg
私は自分がとってラッキーな人間だと思っています。
なぜなら、他の人に見えない世界を見せてもらえている・・・なので(笑)
少し頑張って写していると、始まりから終わりまで見せてもらえます。
雨脚が静かになるにしたがって、夜空も少しずつ変化します・・・その変化を見れるのも、また楽しみなことの一つですからv( ̄ー ̄)v
c0331825_18140020.jpg
c0331825_18140880.jpg
c0331825_18141778.jpg
この一枚は異次元風に写っており、右上にエネルギー体の集合である「キラキラ」が写っています。
こういうキラキラ具合に写るときは、エネルギー体がかなり「濃く」集まっているからでしょうか?
でもこのキラキラ集合体・・・キレイから私は大好きです!(爆)
c0331825_18162751.jpg

by yururiya_yurayura | 2018-05-01 18:16 | 霊獣 | Trackback | Comments(0)

霊獣さんです(笑)

まさか龍体が写せるようになるとは・・・と、思ってもみなかったという写真です(笑)
東西南北の方位や季節を守護する、と言われている者たち・・・それは「四神」と呼ばれている霊獣たちです。
四神とは、「玄武・龍・朱雀・白虎」という霊獣と呼ばれている方たちですね。
東を守るのは龍神、季節は春で色は青・・・すなわち青龍で、春は青春という・・・大河を守ります。
南の守護は朱雀で季節は夏、色は赤で夏のことを赤夏ともいいます・・・守るは大洋・・・海とか大きな湖ですね。
西は白虎で色は白・・・季節は秋、従って秋のことは白秋と・・・そして守っているのは大道、主たる街道です。
冬は玄武と言われ色は黒・・・季節は冬で玄冬と言い、守るのはどっしりと根を下ろした山々・・・大地ですね。
これは人間が考え出した霊獣だ、と私は思っていたのですが・・・

写した写真をどなたか尋ねたときに、思いついて神獣とか霊獣とか言われているのは何者?と聞いたら・・・なんと!彼らが龍神であり玄武であり朱雀でありと言われ・・・
え?ええ~っ?人間が創り出したのではないってこと?と驚いたのなんのって!
はるか古代では、宇宙人やエネルギー体が当たり前のように地球に来ており、そのまま地球に住み着いたものもいたらしく・・・
彼らとは穏やかな交流があったと言われているので、その時に彼ら宇宙人やエネルギー体の姿かたちを見ていた人たちがそれを伝えた?
そして、そんな彼らを霊獣と言っている?・・・ということなのでしょうか?

口伝の時は語る人も自分の思考で話すだろうし、聞く人も自分の想像が入って書き起こすだろうし・・・それを文章にしているのだから、伝えられてきたことが必ずしも事実ではない・・・そして歴史は勝者の歴史であり、いかようにも書き換えることが出来るのだから、というのが私の考え方なのです。
なので、あまり古代史や歴史書を読もうとは思いませんが・・・
だから四神も人間が考えだした想像上の存在、ずっとそう思っていたんです。
その四神と言われている彼らが実在するとは!(異次元での実在ですが)これには正直驚きました!
ただし!方位や季節を守護するとか何とかは、これは後世の人間が考えたことかもしれませんね(笑)

2015年3月19日に写したのがこれ・・・一言主さんですが、この方は龍神です。
はっきりとではありませんが、龍体だと分かる写真ですね。
本来は非物質体のエネルギー体でも、必要に応じて物質体になれる・・・大きなパワーの持ち主たちには、そんなことは至極当然のことなんでしょうね。
c0331825_21371418.jpg
最初は、いつものように煙状のエネルギー体で現れていたのですが・・・この煙状のエネルギー体が写ってから龍体が写りました。
ファイルナンバーが連番なので、こちらは龍体を見せてもらえる前の煙状のエネルギー体ですね。
c0331825_22262938.jpg
c0331825_22300978.jpg
この日は少しだけ龍神の姿を見せてもらえたようです。
本体は山のような大きさだそうで、長さも大きな方は4~5キロメートルはあるとか・・・とぐろを巻いて休んでいると、人間の目には山にしか見えないそうです(笑)
でしょうね、この写真もかなり上空にいるのにこの大きさ、それでもこの大きさは本来の大きさではないのでしょうね。
極大や極小になれるし、必要なら物質体にも変化できるという、とても強大なパワーの持ち主さんなんだそうです。
そしてこれが龍のうろこの部分だと言っているのですが・・・絶えず変化する、不定形な光の粒子の集まりのようですね。
c0331825_22325937.jpg
c0331825_22331618.jpg
c0331825_22333552.jpg
もっとたくさんの集合体で写っているのもありますが、それはまた別な機会に。
これは・・・なにやら色々なものが混じっているようで・・・未確認飛行物体もいるようです。
c0331825_22355391.jpg
c0331825_22364204.jpg
なんだか未確認飛行物体が増えてきているような・・・(笑)
c0331825_22383277.jpg
左右にある木々が見えなくなるくらい写ります。
龍のうろこに未確認飛行物体にオーブにエネルギー体と、とてもにぎやかですね(笑)
c0331825_22393774.jpg
c0331825_22402258.jpg
もうこの頃には、すごいパワーになっていました・・・全体的に緑色がかかっているのは、背景にある木々の色の反映です。
c0331825_22413624.jpg
左右の木々がかなりかすれて写っていますが、これは強いパワーのエネルギーが来ているからです。
多色で写っているのは、未確認飛行物体ですね。
c0331825_22433045.jpg
そしてもうお一方・・・煙状や白い丸いエネルギー体でよく写ってくださっている方で、事代主さんです。
c0331825_22442871.jpg
この方は玄武だそうで、後ろに盛り上がっているのが甲羅でしょうか・・・
姿が写る前の煙状はこちら、変化自在ですね。
c0331825_22443820.jpg
これらの写真はカシオで写しましたが、私の持っているカシオのデジカメは霊獣の姿をとらえやすいようです。
他の日にも写っているのがありますので、それはまた今度に・・・

by yururiya_yurayura | 2018-04-25 12:00 | 霊獣 | Trackback | Comments(0)

久しぶりに朱雀が写った・・・どうしたの?(爆)

今年の台風はターゲットを東北・北海道の地方にしているのか?
迷走体府10号が、東北地方と北海道地方に甚大な被害をもたらしている・・・記録的豪雨によって河川の氾濫が起き、多くの人々が亡くなられた・・・
自然災害の多い国ではあるが、やはり災害は起きてほしくないよね・・・


自分の住んでる町が4位って!!・・・いや~大震災は経験したけど、2度目はご勘弁を・・・

その台風10号の影響なのか、29日は日中から雨模様。
久しぶりに日中の未確認飛行物体を写したが、どうしたことか以前より小さくしか写らない!
こんなの・・・
c0331825_14502387.jpg
まだ画像処理をしていないので、ほかのも出来たら載せますね。
でもね・・・一大事なの・・・
SX700の液晶画面の左端4分の1くらいに、細い線が縦何本も出てる・・・ええっ!液晶が壊れた?
もし広がるようなら修理・・・今のままで広がらないのならこのまま使うけど、1か所トラブルが出ると広がる可能性大だよね?
困った・・・

夜になってから少しだけ写したが、カシオが久しぶりに朱雀を写した。
c0331825_14534472.jpg
写した瞬間にすぐに朱雀と分かったこの姿!久しぶりだね~(笑)
c0331825_14543745.jpg
2014年の6月の梅雨のころから夏にかけて、どのカメラでもこの朱雀はよく写っていた。
2014年6月7日に写った朱雀。
c0331825_14582564.jpg
同じ日に広い駐車場で写した朱雀。
c0331825_14594760.jpg
もっと小さな朱雀も結構写したが、その後は1年に1度とか2度とかの頻度になり、あまり写らなくなっていた。
やはりそれぞれと出会う時期、というのがあるのかもしれないね。
今回写したのと同じ姿形で、小さく写っているというのが他にもあり、今回写したこの姿が朱雀本来の形なのかもしれない。
でも物質体でないのなら、その姿は不定形だろうと思うから、こうやって姿形を写せたのはラッキーだったのかも?

朱雀がつかさどる季節は夏・・・炎をまき散らしながら飛んでいるイメージの朱雀なので、色はもちろん赤・・・なので夏のことを赤夏という。
宇宙にいる鳥族は大変に進化した種族とか、だから火の鳥・不死鳥・鳳凰・朱雀など、霊鳥が多いのかな?
そして出会うのはいつも夏・・・いつの日にか本来の姿を見せてほしいなぁと・・・お久しぶりの朱雀に出会ってそう思ったんだけどね、見せてくれるかな?(笑)

この朱雀を写した場所は、左端が「東」で右端が「南」で正面が南東向きの茂みを写したものだ。
その茂みの向こうの夜空を写していたら、液晶画面の端に誰か上昇しているのが見えた・・・これね(笑)
c0331825_15062731.jpg
すぐ傍にいたのかな?木の茂みまで10メートルくらい、地面は雑草で覆われていて障害物は無しだけど。
でもまあ、普通に姿形の見える相手ではないので、隠れていても分からない(爆)

台風10号はこちら方面には来ないが、それでもやはり影響は大きいのだろうね。
廊下から東方向を写したら、液晶画面の右側にたくさんのエネルギー体が集まってきていた。
そして左下に何やら・・・こちらも通り過ぎてゆく・・・
c0331825_18052171.jpg
通り過ぎて行ったので3枚ほどにしか写らなかったが、空の上が強いエネルギー場だと色々なエネルギー体が来ているようだ。
そして地上では、大きなポータルが開いていた。
ポータルの上の方には色とりどりの未確認飛行物体が見える。
もうこの多色の物体は未確認飛行物体と決定、日中に写したのを見てそう確信できたので、何者か分かったらちょっと「ほっ!」かな?(笑)
c0331825_18072847.jpg
この日はこうやって点々と多色の何かが写っているのが多かった。
でも今じゃ「あ・・・未確認飛行物体がまた来てるんだ」と思うだけになっている(笑)
c0331825_18100327.jpg
これも日中の未確認飛行物体を写してくれたSX700のおかげ・・・でも液晶画面に入っている縦線って・・・トラブルなのかなぁ・・・
カメラが壊れると困るんだけど?(_ _ ;;

by yururiya_yurayura | 2016-09-01 18:12 | 霊獣 | Trackback | Comments(2)

アルクトゥルス

春になると星座の姿が変わってくる。
春一番に東の空から上って来るのは、北斗七星とうしかいざと座とおとめ座とからす座が織り成す「春の大曲線」だ。
と、さも知ってるかのように偉そうに言ってますが・・・実はこういう写真を写すまでは何も知らなくて、星空を見るのが単純に好きだっただけどいう(^^;;;
先に龍体を写せて「なんて名前の星の龍体?」から始まり、ネットで調べてやっと星の名前を知るという本末転倒をやっとります(笑)
しかも写せたのはアルクだった!う~ん、やっとアルクトゥルスの星の位置が分かった!←いつも超星人のアルクと言ってるのに、星の位置すら知らなかったというノーテンキ人です(爆)
星座を形成する恒星しか見えない都会の空なので、東の空からポツンという感じで見えていた星を写したら、それがアルクだったというお粗末さでして(笑)
最初に写せたのは3月2日、その時のアルクはこんな色だったのに・・・
c0331825_18002572.jpg
その次に写せたのが3月10日、その日にはアルクの龍体の色が・・・ピンク?
c0331825_18014275.jpg
なぜにピンク?
13日に写したら、もっと鮮やかなピンクになっていた( ̄〇 ̄;)!
c0331825_18033575.jpg
c0331825_18035995.jpg
本当に色はピンクなのかな?
全体像が写せたけど、これもうっすらとピンクしてるし・・・
c0331825_18050011.jpg
c0331825_18050634.jpg
とにかく今のところは、アルクはピンクってことで・・・
なぜ今のところなのかは、この木星の龍体を見てもらえば分かると思う。
c0331825_18063615.jpg
ほぼ天頂にいる木星の龍体を写すと、今はほとんど白に写る。
あの黄色かった木星の龍体がなぜか今は白に写るのだ、黄金色だったのに・・・
c0331825_18073745.jpg
星のある位置によって龍体の色が変わるのかな?などと思ってるんだけど・・・これも想像なので、本当のところは分かりませんから(笑)
星の位置によって太陽光の当たる量が違う?
それとも自身の持っているエネルギーの出量が違う?
これだけ極端に色が変わるとかなりびっくり、やはり不思議世界の住人たちは不思議な生きものだ!(爆)
これは木星の正面の龍体をアップで撮ったものだけど、周りを取り囲んでいるのは虹色の光だ(龍体はピンクが出てるけど?これもまた色が違う・・・)
これは自身の出している光の色?それとも太陽光か何かが反射している光の色?
大きな画像で見ると結構キレイ、やはり彼らは七色の光を帯びてるんだと思う
c0331825_18113324.jpg
などと、写真を写してはあれやこれやと妄想を逞しくし、本来のあるべき姿を歪曲してゆくのですが・・・(爆)
まあいいじゃないですか、そのうちに科学が進化すれば真実は分かるんですから、今はいっぱい妄想して楽しみましょう(⌒∇⌒)

アルクと同じく春の大曲線を作っているスピカは、ほんの数枚分写せただけだった。
多分まだ位置が遠いのと、都会の汚れた空気のせいで星自体が鮮明に見えないためなのだろう。
それになぜかこのときは活発に動き回っていて、よく見えないから拡大率を上げないと捕まえられなかった。
拡大率を上げると捉えにくいのに、大きく動き回るからすぐに画面から消えて行方不明になり、結局これだけしか写せなかった。
c0331825_18201650.jpg
スピカは青い星だった。
c0331825_18204704.jpg
こんな記事がある「月はイリュージョンです!」
以前から太陽系の外の宇宙はホログラムといわれているのは知っていたが、月もとは聞いていない。
しかしこの説だと、地球圏はドームの中にあって宇宙と接していないことになる。
説としては面白いが、しかし実際はどうなんだろう?
大洪水の前は地球は二重の氷の層で覆われており、年中一定の気温で天候も安定していたという話を、もうずいぶん前になるけど雑誌のムーで読んだことがある。
人類間の戦争で氷の層は兵器で壊され、それが一気に融けて地上に降り注いだので大洪水になった・・・というような話だったと思う。
面白い説だけど、地球がドーム状のものに覆われていたというのなら、今回の説と同じく地球人をドームで隔離していたということになるのかな?
もしそれが本当のことなら、誰が何のために地球を隔離したんだ?いやなんで人類を隔離しなければいけなかったんだ?
神話や各地の言い伝えはかなり話が変化している部分もあるが、根底はやはり実話から発生したものが多いのでは?なんて私は思っている。

ハッブル宇宙望遠鏡で見る宇宙はホログラム?それも良しかなと思うけど(笑)
私が見ているレンズの中の宇宙が、ひょっとしたら本物の宇宙なのかも?←ってことになるかもしれないよ?
肉眼で見る宇宙と思っているものがホログラムで、レンズを通して別宇宙を見ているつもりがそっちが本物?
本来自分たちがいるべき宇宙をレンズを通して見てるって・・・そりゃ笑い話だわ!
では誰が何のために地球をドームで包み、宇宙から切り離しているんだろう?
それは地球人に本物の宇宙を知って欲しくない者たち、地球人を奴隷扱いしている者たち、地球人を自分たちの都合のよいように扱いたい者たち。
ふむ・・・科学も量子学も進化が著しいので、もうすぐ何が現実なのか分かるだろうし、沢山のチャネリングの中で言われている諸悪の根源は、地球救済の援助をしている宇宙人たちに駆逐されつつあるらしいし、光明はもうすぐそこ・・・かもしれないね(笑)

これはホログラム?それともこの写真に写ってるのが本物の宇宙なのか?
c0331825_07171145.jpg
c0331825_07201672.jpg

by yururiya_yurayura | 2015-03-17 09:05 | 霊獣 | Trackback | Comments(0)

ペテルギュース

立春を過ぎると、冬の星座も夜中には天頂に来るようになっている。
そして追われるようにオリオンは西の空を目指し、そそくさと昇っていってしまう。
春にはいつもの時間には見えなくなるんだろうね・・・
オリオンそのものは、SFでも余りよい宇宙人に描かれていないので、そのSFに刷り込まれたのか私自身は余りオリオンは好きではない。
ひょっとして、どこかから持ってきた記憶かもしれないんだけどね(笑)
ベルト部分に当たる三ツ星や馬頭星雲などで有名な星座だし、冬の星座の中でも特に大きな星座だからか、星座の名前を言うときは一番にオリオンの名前が頭に浮かぶ。
そのオリオンの星座の中の赤色超巨星のペテルギュースは、おおいぬ座のシリウスとこいぬ座のプロキオンとで、夜空に冬の大三角形を作っているのだが・・・
しかし巨大な星だ!地球なんてペテルギュースから見たら、芥子の実の一粒の大きさも無いかもしれない、そう!宇宙は広いな大きいな~(笑)
この赤色超巨星は星としての終焉を迎えており、間もなく大爆発を起こすだろうとのことだ。
しかし一説では、もう爆発しておりオリオン星域は住めなくなっているといわれているが・・・
このペテルギュースが大爆発すると、γ線バーストが地球に降り注ぐとも言われている。
地球や生きものたちにそのγ線バーストが降り注ぐとどうなるか・・・助かるもの助からないものがあるそうだが、その実体が未知数なのが恐い・・・

シリウスの龍体は、地平線から昇って間もなくのほうが鮮明に写っていた。
同じくオリオンもそうだろうと思い、いっしょに写していたのだが・・・なぜかオリオンのどの星も龍体を画面に捉えられない、捕まった!と思ってもぼんやりしか見えない、そんな状態が続き写せずにいたのだが・・・それが2月7日の日に、いきなりペテルギュースが写った!あらびっくり!(笑)
かすかに画面に捉えていたときに、えらく赤い龍体だと思っていたが、写してみるとやはりかなり赤くて独特の風貌をお持ちの方のようだ。
c0331825_14374562.jpg
今は南西の中空にいるペテルギュース、本当なら遠くなるほど画像を捉えるのが難しいのに、今頃になってから写せるようになるなんて!
この龍体はなぜか活発によく動いている、その動きを見るとやはりペテルギュースに何かあったのかな?なんて思ってしまうんだけど?
こんなに大きく写ったかと思うと・・・
c0331825_14395011.jpg
瞬間にこんなに遠くに行き、この大きさにしか写らなくなる。
これじゃ何が何だか分からないよね(笑)
c0331825_14413851.jpg
でもあれだけ苦労してたのに、何で今頃写るようになったんだろう?
やはり、写せるようになる時期ってものがあるのかな?
プロキオンもかすかに捉えたことがあるが、その時にはやはり鮮明に写らなかった。
プロキオンは青い龍体だったが、宇宙で青い星は若い星だってことだから、プロキオンも若い星なのかな?
星の終焉は膨張して赤色巨星になるといわれているから、ペテルギュースもそうなのかな?
地球で星座を形成している星が終焉を迎えたら・・・オリオン座はどうなるの?名前が変わるの?
でも実態が分かる頃には、もう人類は存在していないかもしれない、はてさてどうなることやら(爆)
などなど、寒空に瞬く冬の星座を見ながら、またもや想像と妄想の世界に沈没しておりました!( ̄ー ̄;

永らく写していたシリウスも、空気が冷えて透明度が増すとまだこんなに鮮やかに写ってくれる、なんか嬉しいなぁ♪
c0331825_14484136.jpg
c0331825_14490491.jpg
もうすぐ春の星座になっていくんだね、さよならの季節なんだ・・・鮮やかでなくなったなぁ・・・
こんなに鮮やかな虹色の龍体は他にいないもの、シリウスの龍体を写せなくなるのはやはり寂しい。
全体像も今はこんなに細くなっちゃったし・・・
c0331825_14513753.jpg
彼ら龍体は、多分デジカメの中に見える別次元にいるのだと思う。
シリウス聖域にいる龍体、木星聖域にいる龍体・・・ってことなのかな?
たまたま私がその次元を捉える能力を持っていた、ということなのかもしれないと思っている。
でも人は本来ならこんなことは朝飯前というくらい、この宇宙ではかなりの高性能な生命体らしいのだが・・・その能力をDNA操作で無くしたのは誰だ?

1月から東の空に火星が昇ってきていたので、2月9日の0時過ぎに写してみた。
この火星も捉えられなかったのに、なぜかこの日から写るようになったけど・・・なんでみんないきなり写るようになったの?・・・う~ん、ちょっと気になるかもね。
北日本に猛吹雪をもたらしている寒波が来ており、私は寒さに弱いので即降参して2枚しか写さず(笑)
手が寒さで震えて確保できない・・・なのでこれだけしか写せずですが(^^;;;
これが火星の龍体・・・この日は液晶画面で黄色く見えていたけど、この次写る時は何色になるんだろう?(笑)
c0331825_15134205.jpg
そして何とかペテルギュースもまた写せた。
よりいっそう赤く写ったけど、本当にこんな赤い赤色超巨星なのかなぁ・・・しかし凄い色だね、赤が鮮やかでキレイだけど(笑)
c0331825_15165455.jpg
2月13日には寒さが少しやわらいだので(笑)、ちょっとガンバって火星を写してみた。
いやぁ~何とも言えない可愛いらしいピンク♪
火星って赤い星だと思っていたので、ペテルギュースのような赤い龍体が写ると思い込んでいた。
写ったのを見てびっくり!余りの可愛さに(爆)
でも前回写したのは汚れた色合いだったのに、今回はどうしてこんなに色鮮やかなの?
やはり「写せる時期」に来たってことかなのかな?
c0331825_16024244.jpg
c0331825_16025642.jpg
え?ピンク・・・とここで数日前に写した写真を思い出したが・・・
こちらは「ぎょしゃ座」のカペラで、この星は全天6位の明るさを持っているのに、都会の汚れた空気の中ではその輝きを見れなかった。
火星と同じようなピンクだけど、こちらのピンクは紫に近いピンクで、火星のピンクは赤に近いピンクだ。
写している時は気づかなかったけど、こうやって比べて見るとその違いが分かる。
でもどちらのピンクも素敵な色だ♪
c0331825_16045698.jpg
ペテルギュースといいカペラといいプロキオンといい・・・なぜに今頃写るんだ?
c0331825_16071446.jpg
c0331825_16073769.jpg
あれだけ捉えられなかったプロキオンもかすかに捉えられ、ほんの少し写すことができた。
こちらも青い星、でも鮮明じゃないなぁ・・・
c0331825_16121827.jpg
c0331825_16123282.jpg
都会の汚れた空気の中なのに、冬の冷気は透明度を増してくれるようだ。
いかに人は地球を汚しているか・・・改めて知ることの恐怖感・・・
ほんの数十年前まではどこででも見れていた天の川なのに、今では見れる場所も限られているのが哀しい。
オリオンを追いかけて東の空から登ってくるさそり座の、その尻尾の辺りから夜空いっぱいに流れる天の川も、今では山奥などに行かないと見れないそうだ。
小さなときに母の実家の田舎で見た天の川は、今も鮮明に目の中に焼きついている。
時々目をつぶって、思い出の天の川を眺めて・・・もう一度自分の目で見てみたいなぁと・・・


by yururiya_yurayura | 2015-02-19 12:00 | 霊獣 | Trackback | Comments(0)

冬至が過ぎて

冬晴れの日々が続き、毎日お日様の有難さを実感できる今日この頃・・・なんだってこんなにこの冬は寒いんだろう?
やはり小氷河期に入っているからなのか・・・マウンダー極小期と言われた時期と同じように、今は太陽黒点が少なくなっているのかな?
10月現在では、黒点は多くもなく少なくもないと言われているようだが、これから減っていくのかな?
ただ、黒点の動きが不気味だけど・・・全世界の海氷面積が1988年以来最大になっているそうだ。
世界の各地で異常なほどの寒波に襲われているが、日本でも先日強い寒波で都市機能が麻痺したりしている。
こんなニュースもある・・・太陽から放出されたものすごいエネルギー
地球に何事か起きているのかもしれないね・・・

冬至も無事に過ぎ(笑)、写す写真にも格別変化がなかったのでほっとしている。
「毎日が平穏無事に済むこと」それが一番なので、19年に一度の朔旦冬至の日が無事に過ぎたことはとても嬉しい。
でもやはりエネルギーは強いようで、冬至後は眠くて仕方がないし、歩いていても時々ふわふわしている。
それに節々が痛い関節痛はあるし、風邪でもないのに急にセキが出たりしているので、やはり強いエネルギーは体に若干の影響を及ぼすようだ。
強いエネルギーが来ているときに眠くて仕方がないという症状は以前からあるが、今回はまとめていろいろと来ているから、新月の冬至の降り注ぐエネルギーの強さはかなりのものなんだろうと思える。
年末だけど無理をしないで、眠いと思ったときは少し横になったほうがいかもしれない。

シリウスの龍体も木星の龍体も、冬至以降の動きはかなり激しい。
写真を写していてもあっという間に画面から消え、何度もズームアップの解除をしなくては見つからない。
もう冬至後数日経っているのに、動きの激しさはいっこうに収まらないけど?
天空では何事か起きているのかな?
いつもは30~39倍で写しているのがこんな感じ・・・
c0331825_13434546.jpg
c0331825_13441038.jpg
それが瞬間にこうなる・・・あまりにも小さいので、拡大率を48倍にしてやっとこのくらいの大きさにしか写らない。
c0331825_13474780.jpg
我々が想像できないくらいの能力の強さ、そして巨大な体の持ち主なんだろうと思う。
しかし・・・もう写せないと思っていたシリウスの龍体、写せたのでとてもラッキーだったv( ̄ー ̄)v
c0331825_13545695.jpg
c0331825_13585578.jpg
なぜかハートでも出てるし・・・(爆)
c0331825_13571560.jpg
IXY3でも写せたし!
c0331825_13564456.jpg
c0331825_13595991.jpg
c0331825_14003858.jpg
私はとても単純な性格なので、こうやって龍体の写真を写せただけでなんか幸せな気分になれる。
感知できない世界なのに、写真を写すことによって存在を実感できる・・・それがとても嬉しいのだ。
ちょっと早いお年玉をもらった気分(笑)
それに一段と街灯の光が鮮やかになった、何かいいことがあるのかな?
c0331825_14140327.jpg
2015年は光あふれる年になりますように!

by yururiya_yurayura | 2014-12-24 14:18 | 霊獣 | Trackback | Comments(0)

もうシリウスの龍体ともさよならかな?

シリウスの龍体を写しだして早や1か月と少し・・・もう夜半には天空高く昇っており、写真を写してもキレイな虹色は出なくなった。
東の空にシリウスが現れたころはなんとも言えない鮮やかな虹色だったのに、今はだんだんとぼやけて写るようになっている。
でもまあ、数珠玉のようでこれはこれでキレイなんだけど(笑)
c0331825_03330818.jpg
小さくしか写らないからと拡大率を上げると、またもや虹色のイモムシ状態に・・・(爆)
でも、これもパステルカラーで案外可愛いかも?(*^^*)
c0331825_03352920.jpg
c0331825_03353716.jpg
長い間写真を写すことを楽しませてもらったシリウスの龍体、今ではIXY3でしか写せなくなっている。
それもあと少しの間かな?
c0331825_03394969.jpg
c0331825_03402325.jpg
IXY3ではどうしても色が滲んでしまう、それでもこれだけ写せるんだから文句を言ってはいけません(笑)
c0331825_03395763.jpg
c0331825_03421360.jpg
そしてこれが19日にSX700で写せた龍体で、やっと写せたという感じだからもうシリウスの龍体とはさよならかも?
それがちょっと寂しい・・・(笑)
c0331825_03440469.jpg
シリウスにピントを合わせ、拡大率を上げていくと動き出して龍体になる。
なぜ星として見えているものが動き出す?それがとても不思議で気になっていた。
こんな記事を見つけ、読んでみたら・・・多元宇宙論・・・なるほど・・・
肉眼で見ている星だけど、レンズを通して見ているものを拡大していくと、宇宙が多次元なら私と波動の合う次元がレンズの向こうに見えるようになる・・・でいいのかな?
波動同士が引き合うという波動論なら、そういうことになるのではと思うけど・・・でもまだよく分かりませんが・・・
また一説には、この太陽系の宇宙はホログラムだという説もあるから、実際に目で見ている思っている星も実は光子で出来ているホログラムなので、実体は変化するものなのかもしれない。
などと、諸説入交じると妄想の幅が広がり、夢の世界で遊ぶのが楽しい今日この頃(爆)

最近不思議に思うこと・・・
街中にある街灯を写しても、その光があまりにも色鮮やかに写り驚いている。
何気ないどこにでもある水銀灯に、こんなに色鮮やかな光が沢山写るなんて・・・太陽の出ていない真夜中なのに・・・
公園の端っこにぽつんと一つだけ立っている街灯、写真に写すと光に囲まれてこんなにキレイに変身します(笑)
c0331825_04065914.jpg
交差点のいつもエネルギー体が写る街灯も、こんなに光の乱舞が鮮やかに写っている。
c0331825_04102345.jpg
高いフェンス横の街灯は私有地なので、いつもは点いてないが時々消し忘れている時がある。
19日の日にも消し忘れていたから写してみたら・・・なんとも言えないキレイな色たちが写った。
c0331825_04152956.jpg
なんで街灯がこんなにたくさんの色を出すのだろう?
お月さんが出ていたら太陽光線を月面が反射させ、それが間接的な太陽光線として写ったというのなら分かるが、この日は雲がいっぱいの曇り空のうえに、新月に近いからお月さんも出ていない・・・電気の光だけでこれだけの色が出るのかな?
それも写る日と写らない日があるので、エネルギーの流れに関係しているのかもしれないけど・・・
写らない日は当たり前の街灯の光だけなのに、写る日はこんなにキレイな光のボールが写る。
c0331825_04171075.jpg
地球環境が改善されていくと、人の目に見える物の色の鮮やかさが増していくといわれている。
太陽光線を写したような色が街灯を写して出るなんて、なんだか不思議な気がするんだけど・・・これも地球環境の質が良くなったからなのかなぁ・・・
何気なく見える日常の中でも、こうやって少しずつ目に見える変化が起きているのかもしれない。



by yururiya_yurayura | 2014-12-20 12:59 | 霊獣 | Trackback | Comments(0)

龍体も比べてみた・・・(爆)

エネルギー体を比べてみたのなら、龍体も比べなきゃ!ってことで・・・(笑)
シリウスの龍体は今のこの時期しか写せないので、SX700以外で写して比べてみた。
同じ龍体を写しても、やはり性能や機能の違いは顕著にでるね・・・
SX700では龍体の体の虹色は滑らかに見えるが、IXY3では色飛びをしているように見える。
SX700は有効約1610万画素なのに、IXY3は有効約1010万画素だもん、それにレンズも違うだろうし・・・それでも光学式12倍デジタル48倍のIXY3でも、これだけの写真が写るのが素晴らしい!
日本の精密機器は本当に高性能、そんな国に暮らしているとそれが当たり前のように思うが、諸外国では日本のカメラは垂涎の的とか・・・よい国に住んでおりますなぁ・・・と、ただ今実感中(⌒⌒)v

最近ビーズ状に写るようになったシリウスの龍体、星のある位置によってこんなに違ってきた。
中空にさしかかるにしたがい、徐々に不鮮明に写るようになっちゃった・・・残念なり~!(笑)
PowerShotSX700で写したシリウスの龍体。
c0331825_13542145.jpg
その上写している時に遠くに行ってしまうと、なおさら不鮮明にしか写らない。
天頂近くに来たらもっと小さくなるんだよね・・・その時には形を変えて、違った姿を見せてくれるのかな?などなど・・・
もう、次にどんな姿で写ってくれるのか楽しみにしてるという・・・私はかなりのノーテンキ人間ですから(爆)
c0331825_13524903.jpg
う~ん・・・いくらSX700だからといっても、このくらいにしか写らない。
もうボツボツ限界なのかなぁ・・・
c0331825_15450768.jpg
c0331825_15453175.jpg
c0331825_15461746.jpg
では次にIXY3で写してみた。
こちらは光学12倍デジタル48倍だけど、画素数が少ないのでやはり思ったとおり画質は荒かった。
でも鮮明に写ったのにはびっくり!龍体を写すのもIXY3くらいのデジカメでいいのでは?と思うくらい鮮明に写ってる!
c0331825_15491623.jpg
c0331825_15494587.jpg
c0331825_15503810.jpg
月や太陽や星をアップで写すのなら、ハイエンド商品で感度のよいレンズと高画素数が必要かもしれないけど、この程度を写すのならローエンド商品で十分だと思う。
より鮮明にと思うのならレンズの感度が必要かもしれないが、カメラが変わるとまったく違う画像が写る場合があるから、ハイエンド商品なら大丈夫とは一概に言えない。
買ったカメラの性能がどうなんて関係なく、私の場合はどんな龍体やエネルギー体が写るかの方が興味がある。
もうこれは一種の賭けです、どんなのが写るかなんて写してみないと分からないということでして(爆)
これは・・・なにやら複雑にもつれていますが?SX700のような滑らかさは無いなぁ・・・
こうやって複雑にもつれたように写るのもこのデジカメIXY3の特徴で、画質の荒さからなおさら複雑にもつれているように見えて面白い(笑)
c0331825_15590199.jpg
c0331825_16035555.jpg
IXY3は画像が荒いけど、そこはまたそれが特徴になってエネルギー体も他と違うように写っている。
キレイな丸い形に写らないのが特徴で、小さくいくつかに分かれて写っているのが多い。
c0331825_16065848.jpg
近くに写る龍体もちょっと違う、これはSX700でうつしたもの。
c0331825_16091214.jpg
こちらがIXY3の龍体が近くにいるときの写真。
画像数の関係か、どうしても虹色のはずの龍体が単色に近くなっている。
被写体によって、デジカメの種類によって、それぞれ違うものに写るよう・・・でもそれが面白いんだけど!(爆)
c0331825_16102665.jpg
PowerShotA3200は光学5倍デジタル20倍で1410万画素、でもかなりの画像のキレイさに驚いた!
ちょっと遠いけどシリウスの龍体の虹色も出てるし、意外とくっきり写っているし・・・
c0331825_02194199.jpg
c0331825_02195707.jpg
c0331825_02195098.jpg
木星も写してみたら、こちらもけっこうイケル!(爆)
ローエンド商品なのにこの写りの良さ!日本の精密機器はこれほど素晴らしいのだから、世界中に自慢しなきゃ!( ̄^ ̄)v
c0331825_02200710.jpg
友人がPowerShotS120を買ったそう、このカメラは薄暗いところでも鮮明に写り、S90の頃からの愛用者が多いカメラだ。
その友人はS100を持っているが、レベルアップしたS120も買ったとのこと。
フムフム、光学5倍でデジタル20倍と拡大率は小さいが、このS120で写る龍体はとてもキレイで可愛い(笑)
龍体の各部分が花のように写り、私はこのS120で写る龍体が結構好きなのだ。
c0331825_16162331.jpg
c0331825_16165857.jpg
しかしこのS120・・・このピンクの可愛い龍体は、木星の龍体を写したんだけど・・・他のカメラだと黄色く写るのに、なぜにピンク?
シリウスは単色だが同じ青に写った、なのに木星がピンクって・・・いやいや、こんな不可思議なことが起きるから、デジカメを数台持って写し比べてるんですけどね(笑)
c0331825_16193125.png
同じ機種のデジカメを使っても、使う人が変われば様々な不可思議な写真が写り、その写る画像は本当に多種多様だと思っている。
高価なカメラだから拡大率がいいから・・・龍体やエネルギー体が写るということはそんなことには関係無く、カメラの機能+写す者の潜在能力なのではないかな?
どんなのが写るのかは写す人それぞれだから、写った写真を見たい!知りたい!という不治の病が出てきそうだぁ~!(爆)

by yururiya_yurayura | 2014-12-10 12:00 | 霊獣 | Trackback | Comments(0)

星の位置が高くなると虹色が写りにくくなる

冬の星座になってから見つけたシリウスの龍体、写す時間が深夜なので、段々と星の位置が空高くなってきている。
当初は鮮やかに写っていた虹色の龍体も、星の位置が天頂に近づくにしたがって徐々に虹色が写りにくくなってきた。
水平線から上ってきたときが一番大きく、天頂に行くにしたがって小さくなっていく。
さそりを追いかけるオリオンの後ろを東の空から登ってくるシリウス、でも今は南東の水平線と天頂との丁度真ん中辺りまで登ってきている。
写真を写しても少しずつ形も不鮮明になってきており、虹色もきれいに並ばなくなった。
c0331825_04505637.jpg
c0331825_04524436.jpg
龍体が遠くなったので、これくらいのに地色にしか写らない。
そして写り方も変わってきた・・・27日に写したのだが、今までの虹色の龍体とは別物のよう・・・(笑)
c0331825_04535353.jpg
c0331825_04541355.jpg
でもビーズが並んでいるようで可愛いから、私はこの虹色も結構好きかも?(笑)
c0331825_04550813.jpg
激しい動きかたを写すのに少し慣れてきたので、少し拡大率を上げていっている。
PowerShotSX700は光学式30倍でデジタル120倍らしいが、まだデジタル48倍くらいの拡大率で写すのが精一杯だ。
デジタル39倍でもあっという間に液晶画面から消えてしまい、結局ズームを元に戻さないと見つけられない。
これを繰り返しながら写すので、少し離れたところに行き体が細くなって虹色になるというシャッターチャンスが中々来ない・・・
でも拡大率を上げると、龍体全体の周りが滲んでいるのが分かる。
それは龍体が光輝いてているからで、龍体の出すエネルギー波で滲んで見えているのだ。
c0331825_05023842.jpg
とにかく巨大なお方だから、こうやって全身が写せる機会は余り無い。
しかし上手く写せた時は、思わずヤッタ~!(笑)
c0331825_05030889.jpg
これは近くにいたのを写せたのか、他のより少し体が太めだ(笑)
c0331825_05042638.jpg
そしてこれ!・・・七色のイモムシみたい、いやサナギか?なんて・・・なにを失礼なことを!と叱られそうだけど(爆)
c0331825_05055268.jpg
もうこんな感じに、丸いのが並んでいるのが半分くらい写るようになった。
ビーズのような丸い粒が並んでいるように見える、これからも天頂に行くにしたがってその写る姿が変わるのかなぁ・・・
c0331825_05073508.jpg
とにかく巨大すぎるくらい大きな方なので、これからどう変化するか分からないが、その変化を写すのが楽しみ♪
肉眼では見えない世界・・・でも現実にこうやって存在する。
その世界に繋がるのは目に見えない「思い」と「想い」、その世界を信じるか信じないかは個人の自由・・・あなたは信じますか?

もしこの龍体を写そうと思っているのなら、早い時間ならまだ水平線から少し上の位置にあるので、大きくてキレイな虹色の龍体が写ると思います。
シリウスを液晶画面の真ん中に捉え、出来るだけカメラを動かさないようにゆっくりとズームアップしていってください。
少し拡大しただけで動き出すと思いますから、それからは逃がさないように頑張って捉えてください(笑)
「そこに在る」と信じれば写せる・・・そう思っています。

by yururiya_yurayura | 2014-12-02 12:33 | 霊獣 | Trackback | Comments(2)

動いている龍体の動画

PowerShotSX700の「プラスオートムービ」で動画を写してみた。
拡大率は10~12倍、写したのはシリウスの一言主さんと木星の白山媛さんで、最初の青いのが一言主さん、後半の黄色い色の龍体が白山媛さん。

       龍体の動画

4秒間動画で1枚の静止画の繰り返し、こんな感じで液晶画面に見えていて、動きが激しい時はすぐに行方不明になってしまう(笑)
この動画は編集していないのだが、最初の頃はほとんど音が入ってない・・・なんでだろ?
プラスオートムービの機能は、本来は一日のダイジェストを作るためのものなので、同じフォルダに入っている撮影済みに続けて保存してしまう。
毎日フォルダを作るように設定しているから、いったん写すことをやめてもその日のフォルダには「つづく」で入力される。
フォルダの設定を毎月にしてたら、1か月分の動画になっちゃう?←うっかり撮影したら、どれだけの量になるやら!(爆)
途中から大きな音が入ってるのはなぜ?
交差点横の公園で撮影していて、時々写真を写すのに切り替えてはまた動画撮影してを繰り返していた。
だから設定変更はしていない、なのになんで最初は音無しで途中から音が入るの?

動画を見れば分かると思うが、とにかく動きが激しいのでついていくのに必死!
大きくなったと思ったらいきなり小さくなる、これは龍体が高速で移動しているから。
拡大率を何倍もの大きさにしているから、小さな液晶画面ではすぐにどこかへ行ってしまう・・・じっとしててよ!とブツブツ言ってます(笑)
S120では小さな光の点でしかなったのに、さすがに10倍以上の大きさになると、点滅したりしたり大きさが極端に変わったりするのが分かる。
もう少し大きくしたいんだけど、動きについていけないからダメだぁ・・・ _(_ _*)
ふと思ったんだけど・・・この動画に写ってるのはUFOですって言っても、それで通るんじゃない?(爆)

時々ムービーから写真に切り替えては写していたが、この日は何やら動きが激しくてキレイな虹色は写せなかった。
c0331825_12554381.jpg
こんな写真を写せるのはまぐれ(笑)
とにかくシャッターを押しまくりで、上手く写せたら儲けものくらいの気持ちでないと・・・削除するファイルの方が多いんだからね・・・
c0331825_12573324.jpg
でも、こんなに虹色の龍体は初めてなので、シリウスの出ている時期に沢山写さなきゃ!
それもいつまでそこに居てくれるか分からないもんね、だから毎晩頑張ってます(笑)
c0331825_13000797.jpg
夜半に東北東から上ってくる木星、この星も龍体に変化する。
こちらは写したら黄色、ではなくて金色かな?
c0331825_13013367.jpg
この龍体は白山媛さんだそう、こちらも大きな龍体の持ち主だ。
こうやって日本神界の神名を使わせてもらっているが、これらの龍体は必ずしも神話などで言われている神名どおりの方々ではないと思っている。
白山媛さんは白山神社のご祭神だが、この龍体がそうだとは思っていない。
私が便宜的に神名を使わせてもらうと言ってあるだけで、その神名の神々に近い方かグループに属する方、もしくはその神名の方の集合魂の一部かも?なんて思っている。
でもまあ、それは人間が名付けた神名であって、本来のお名前ではないのだろう。
というか、彼らには名前など必要ないのでは?
この龍体も激しく動いているから写しにくい、タイミングよく写せたら「やった~」と思わず言ってしまうほどだ(笑)
c0331825_13085558.jpg
この写真を見て、あまりの大きさに驚いた。
やはり主要な星には能力の高い方がおられるのかな?
c0331825_13104127.jpg
シリウスの一言主さんに負けないくらいの大きさの方だけど、白山媛さんは金色で七色ではない。
その色合いもやはり能力差なのかな?
c0331825_13140203.jpg
ちょっと色のトーンを落としてみた。
う~ん、でもまだ倍率が低いので何かよく分からんね・・・
c0331825_13143319.jpg
c0331825_13162704.jpg
などなど、色々と検証しては楽しんでます(^^;;;
これは昇り龍?←遊ぶなって?(爆)
c0331825_13180952.jpg
カメラの機能も分からないくせに、よくやるなぁと自分でも感心している。
でもね、機能を覚えなくても教えてもらえるから大丈夫。
プラスオートムービーも全然知らなかったのに、S120を使っていたら勝手にそこに設定になっていて、「いやぁ~こんなんあるんやぁ~」と初めて知ったくらいなのだから。
どうも見ておれなくて教えてくれるみたい、そう!とても親切な方々なんです!(爆)

by yururiya_yurayura | 2014-11-26 13:22 | 霊獣 | Trackback | Comments(0)