ブログトップ

夢か現か幻か・・・

yume712.exblog.jp

朱雀たちです

朱雀は、絵を見ると長い尾羽が特徴的に描かれていますが、写る写真も尾羽が長いのがあります・・・初めてそれを見た時にすぐに「これは朱雀だ!」と思いました。
尋ねるとやはり朱雀だったので、そういう朱雀の絵を見ていたから印象に残っていた?だから似ているのを見て朱雀だと思った?ということかもしれません。

まあ自分の記憶も、尋ねた相手の言っている内容も真実度は半信半疑・・・そう思っていますし、写っている相手と接触しているわけでもないので、本当のところは分からないですからね。
自分がそう思うのならそれでいいし、尋ねてみてそう言われるのならそれでいいし・・・

要は、真実はいずれ分かるだろうからその時に知ればいい、今は闇雲に信じないで「あっそう」程度に聞いていればいい・・・という、けっこうノーテンキな性格なもんで(^^;;;
朱雀だと言われているものは尾羽が長いのが多いですね、2014年8月4日に写しました。
c0331825_10350755.jpg
こちらは2014年9月15日に写したものです。
c0331825_10353928.jpg
でも尾羽のそれほど長くないものも写っていて・・・写る方向の違いなのか、同一種族でも姿形は様々なのかも?とよく分からないんですが・・・
でも朱雀と言われれば、それは朱雀だ!でいいと思っていますので(爆)
2014年6月7日にこの2体を写したのですが、別な個体だそうです。
c0331825_10381666.jpg
c0331825_10382209.jpg
これは最近の2018年9月7日に写していて、先日も掲載していたものです。
c0331825_10394840.jpg
余りにも小さすぎて、横幅4000ピクセルの解像度で写しているので、うっかり見落としそうな朱雀たち(笑)
c0331825_13133165.jpg
c0331825_13133882.jpg
c0331825_13135917.jpg
c0331825_13133165.jpg
飛んでいる朱雀を視たときに「あっ!朱雀だ!」と思ったのは、飛んでいる朱雀を見る1か月ほど前に、初めて写真に写せたからだと思います。
似たような形もしくは見たことがある形・・・という直観でしょうか、それとも誰かのインスピが来てたのでしょうか。
沢山の方々が描かれている朱雀を見ているので、朱雀だけは直観が働いたのかもしれません(笑)
でも絵画の朱雀と比べてかなりシンプルなのは、多分絵画の方のデフォルメが豪華すぎるのでしょうね。
あの豪華な朱雀も好きですが、こういうシンプルな姿の方が分かりやすくていいですね(笑)

朱雀の方位は南、季節は夏、色は赤、守るは大海・・・夏のことを赤夏といいます。
ちなみに・・・方位は東、季節は春、色は青(蒼)、守護は龍、守るは大河・・・なので春は萌えいずる季節で青春、そして龍は青龍です←余談ですが(笑)
ついでに・・・方位は西、季節は秋、色は白、守護は白虎、守るは大道・・・赤夏を過ぎて涼やかな季節になる秋は透き通る色の白、古人は言いえて妙なる語句で季節を表しますね、素晴らしい!←もっと余談ですが(爆)
春より萌えいずりし生命、それは命の炎を燃やして成長し頂点に昇り詰める・・・朱雀の表す事象を絵にしたのがあの華やかなデフォルメ、人間の感性は素晴らしいですね。
そう思って朱雀の絵を眺めると、また違って見えるかもしれない・・・朱雀の絵を眺めて、彼らから元気になるパワーをもらってくださいv( ̄ー ̄)v
次回は火の鳥と不死鳥です。

by yururiya_yurayura | 2018-10-06 09:41 | 霊鳥 | Trackback
トラックバックURL : https://yume712.exblog.jp/tb/29776971
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 火の鳥と不死鳥だそうです 鳳凰という鳥族 >>