ブログトップ

夢か現か幻か・・・

yume712.exblog.jp

酷暑ですね・・・

梅雨の末期は豪雨になりやすいと言われていますが、今年は記録的な豪雨で大きな被害を出しています。
今回決壊した小田川・・・この名前を聞いた時は驚きました。
小田川は、広島県の中国山地の奥深くから流れ出ている1級河川で、決壊した真備地区で高梁川に流れ込んでいます。
4歳までしかいませんでしたが、私はその小田川の中流域の小田で生まれたのです。

私はなぜかその小田川に呼ばれていたらしく、3歳前に家からいなくなり家人が探し回ると、その小田川の川べりでちょこんと座って水に浸かっていたそうです。
冬の最中、半纏を着たままだったそうで・・・幼児は人には見えない姿が見え聞こえない声が聞こえると言います、私は誰に呼ばれたのでしょうか?
そして3歳になって間もなく、猫じゃらしをもって遊んでいた時に足を滑らせて転び、その拍子に川渕の石で額を切ったのです。
そのまま病院に駆け込み3針縫ったのですが・・・その場所は、近くの灌漑用の小さな川が流れ込んでいた場所でした。

そして1年後の4歳になってから、首のリンパ腺が腫れて化膿したのです。
診てもらうと、結核菌が炎症を起こす結核性リンパ腺炎と・・・どうも小田川かその小さな川に、結核で亡くなった方のものを遺棄してたのじゃないかということらしく・・・
そのまま手術を繰り返し、結局小学校5年生の秋まで何度も手術をしました。
かなり昔の話ですから医療も今とは違い、当時は小学校6年生までの命の保証はできないと言われていたのです。
思春期に肺門のリンパに出ると、今度は本物の結核になるからと言われていたのですが、それもクリアしました。
とっても健康に生まれていたからか、今でも怖い小児結核にならずに済み、何とか結核菌には勝ったようです(^^;;

この様に私にとっての小田川は、何か人生の指針を示されたような川でした。
4歳で発症したので、それからの人生は私にとってはお釣りの人生です・・・というか、人生のほとんどがお釣りですが(笑)
それでも命を奪われることなく今に至り、小田川は私の何だったんでしょう?と思える不思議な存在です。

こうやって人生を振り返ると、その時には気づかなかったものが見えてきます。
偶然は無く出来事は必然で起こると言われるように、私にとって吉備津彦神社や小田川での出来事は、人生の中の大事な部分なのかもしれません。
もし小田川でケガをしなかったら?・・・違った人生を歩んでいたことでしょう。
しかし現実にケガをすることが必要だったのなら?・・・幼児の時の冬に川の水に浸かっていたのを思うと、その時に小田川にいた存在が何かを与えてくれたのかもしれませんね。
こうやって点と点が繋がるように、後世にならないと気づけないことがありますから、時には自身の人生を振り返ることも必要なのかもしれないですね。

岡山は生まれただけの地のようなものですが、何やら不思議なご縁があるようです。
それも、備中で生まれたのに備前の吉備津彦神社にご縁があるようです。
備中の一の宮の吉備津神社に行った時は何も写らなかったのに、備前の一の宮の吉備津彦神社に行けば・・・本殿を写すと無数のエネルギー体が来てくださいました。
2013年の秋分の日に写したものです。
c0331825_19452750.jpg
私は備中生まれなのに備前とご縁?と不思議でしたが、その意味は我々には分からないものがあるのでしょうね。
その後は吉備津彦さんのエネルギー体がよく写るようになりました。
何かの文字入りのロゴのようなのが写るエネルギー体、それが吉備津彦さんです。
この街灯の場所ではいつでも吉備津彦さんが写ります、街灯の右上部分にロゴのようなものが見えますが、このロゴ様のものがあるのですぐに吉備津彦さんと分かるという・・・ありがたいですね(笑)
c0331825_19513125.jpg
ツインソウルの吉備津媛さんも写りますが、この方の香りは甘く優しいので、とても癒されてリラックスできます。
高速道路のナトリュム灯は、こんなにエネルギー体をはっきりと写しだします・・・小さな丸い粒子が集まっていて、優しげでとてもキレイですね。
これは今年の7月5日の21時ころ写したものですが、やはりこの時は強いエネルギーが来ていたのか、あまり現れない吉備津媛さんが写ったのです。
c0331825_19455171.jpg
天の川銀河の辺境の地に位置する我が太陽系は、その場に存在する強いエネルギーの中に在るそうです。
これからもその強いエネルギーによって影響を受け、地球規模での災害が起きるとか起きないとか・・・と、かなり以前から言われています。
それが今は現実になっているのかもしれませんね。
だとしたら・・・今はまだ前哨戦、これからがその強いエネルギーの影響を受ける本番だと・・・
以前の文明が水による終焉を迎えたのなら、この文明は何によって終焉を迎えるのか・・・
などと、今の異常気象ぶりを見ると考えこんでしまうという、何とも言えないパラドックスに陥ってしまいます。
でも人間にはそれを乗り越えれる英知と、挫けないパワーがあります。
きっと良き方向に向かえるものと・・・信じています。

強いエネルギーが来ている時は心身に影響を与えるかもしれせん。
眠くてしょうがないとか頭が痛いとか、何気にイライラするとか・・・でもこれらは日常的に起きること、気にしない方がいいと思います。
逆に私などは、よし!強いエネルギーが来ているのならこれを吸い込んでやろう!・・・などと(爆)
「気」を吸い込んでいるつもりで深呼吸をしますが、出来ていなくとも「出来た!」と思うことが出来ていることになるらしいので、いつもポジティブに「出来た~!」と言っています(笑)

などと言ってるうちはいいのですが、やはり強いエネルギー波はオーブにも影響を与えます。
一見したら壊れているように見える・・・地上だけでなく別次元もこの様に荒れているようです。
c0331825_21370528.jpg
c0331825_21371358.jpg
彼らも強いパワーに翻弄されているのでしょうか?怖いですね・・・
c0331825_21394201.jpg
c0331825_21395322.jpg
c0331825_21400516.jpg
拡大するとこんな感じで穴あき状態です。
多分・・・オーブ(プラズマ?)ではなくて、未確認飛行物体だと思いますが・・・
これは穴あきではなくて、遮蔽装置?透明化装置?などで偽装されている部分が、強いエネルギーによって剥がされていると思っています。
黒い部分にかすかに見える何か・・・これが本体では?思うのですが・・・
c0331825_21451187.jpg
c0331825_21422068.jpg
c0331825_21422775.jpg
c0331825_21442275.jpg
やはりどの世界でもどの次元でも、幾多の危険はあるようですね。
それがこの宇宙の法則なら、危険をいかに避けれるかいかに逃げれるか・・・それが進化した科学力なのかもしれません。
ならば!!科学立国になると言われている日本、がんばれ!がんばれ!!v( ̄ー ̄)v

by yururiya_yurayura | 2018-07-19 21:58 | 未確認飛行物体 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yume712.exblog.jp/tb/29641686
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 気候変動が起きるのかな? 2018年7月5日続き・・・ >>