ブログトップ

夢か現か幻か・・・

yume712.exblog.jp

久しぶりに朱雀が写った・・・どうしたの?(爆)

今年の台風はターゲットを東北・北海道の地方にしているのか?
迷走体府10号が、東北地方と北海道地方に甚大な被害をもたらしている・・・記録的豪雨によって河川の氾濫が起き、多くの人々が亡くなられた・・・
自然災害の多い国ではあるが、やはり災害は起きてほしくないよね・・・


自分の住んでる町が4位って!!・・・いや~大震災は経験したけど、2度目はご勘弁を・・・

その台風10号の影響なのか、29日は日中から雨模様。
久しぶりに日中の未確認飛行物体を写したが、どうしたことか以前より小さくしか写らない!
こんなの・・・
c0331825_14502387.jpg
まだ画像処理をしていないので、ほかのも出来たら載せますね。
でもね・・・一大事なの・・・
SX700の液晶画面の左端4分の1くらいに、細い線が縦何本も出てる・・・ええっ!液晶が壊れた?
もし広がるようなら修理・・・今のままで広がらないのならこのまま使うけど、1か所トラブルが出ると広がる可能性大だよね?
困った・・・

夜になってから少しだけ写したが、カシオが久しぶりに朱雀を写した。
c0331825_14534472.jpg
写した瞬間にすぐに朱雀と分かったこの姿!久しぶりだね~(笑)
c0331825_14543745.jpg
2014年の6月の梅雨のころから夏にかけて、どのカメラでもこの朱雀はよく写っていた。
2014年6月7日に写った朱雀。
c0331825_14582564.jpg
同じ日に広い駐車場で写した朱雀。
c0331825_14594760.jpg
もっと小さな朱雀も結構写したが、その後は1年に1度とか2度とかの頻度になり、あまり写らなくなっていた。
やはりそれぞれと出会う時期、というのがあるのかもしれないね。
今回写したのと同じ姿形で、小さく写っているというのが他にもあり、今回写したこの姿が朱雀本来の形なのかもしれない。
でも物質体でないのなら、その姿は不定形だろうと思うから、こうやって姿形を写せたのはラッキーだったのかも?

朱雀がつかさどる季節は夏・・・炎をまき散らしながら飛んでいるイメージの朱雀なので、色はもちろん赤・・・なので夏のことを赤夏という。
宇宙にいる鳥族は大変に進化した種族とか、だから火の鳥・不死鳥・鳳凰・朱雀など、霊鳥が多いのかな?
そして出会うのはいつも夏・・・いつの日にか本来の姿を見せてほしいなぁと・・・お久しぶりの朱雀に出会ってそう思ったんだけどね、見せてくれるかな?(笑)

この朱雀を写した場所は、左端が「東」で右端が「南」で正面が南東向きの茂みを写したものだ。
その茂みの向こうの夜空を写していたら、液晶画面の端に誰か上昇しているのが見えた・・・これね(笑)
c0331825_15062731.jpg
すぐ傍にいたのかな?木の茂みまで10メートルくらい、地面は雑草で覆われていて障害物は無しだけど。
でもまあ、普通に姿形の見える相手ではないので、隠れていても分からない(爆)

台風10号はこちら方面には来ないが、それでもやはり影響は大きいのだろうね。
廊下から東方向を写したら、液晶画面の右側にたくさんのエネルギー体が集まってきていた。
そして左下に何やら・・・こちらも通り過ぎてゆく・・・
c0331825_18052171.jpg
通り過ぎて行ったので3枚ほどにしか写らなかったが、空の上が強いエネルギー場だと色々なエネルギー体が来ているようだ。
そして地上では、大きなポータルが開いていた。
ポータルの上の方には色とりどりの未確認飛行物体が見える。
もうこの多色の物体は未確認飛行物体と決定、日中に写したのを見てそう確信できたので、何者か分かったらちょっと「ほっ!」かな?(笑)
c0331825_18072847.jpg
この日はこうやって点々と多色の何かが写っているのが多かった。
でも今じゃ「あ・・・未確認飛行物体がまた来てるんだ」と思うだけになっている(笑)
c0331825_18100327.jpg
これも日中の未確認飛行物体を写してくれたSX700のおかげ・・・でも液晶画面に入っている縦線って・・・トラブルなのかなぁ・・・
カメラが壊れると困るんだけど?(_ _ ;;

by yururiya_yurayura | 2016-09-01 18:12 | 霊獣 | Trackback
トラックバックURL : https://yume712.exblog.jp/tb/25946177
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 中々見せてくれないなぁ・・・ 未確認飛行物体の一覧写真のpa... >>