ブログトップ

夢か現か幻か・・・

yume712.exblog.jp

嵐の前の静けさ?(爆)

最近写る写真にはあまり未確認飛行物体が写らなくなっている、これはなぜなんだろう?
ひょっとして、夏至までの作戦会議中なのかな?(爆)
写ったら写ったで何事かと思い、写らなかったら写らなかったで何事かあったのかと思う、人の心はこうやって絶えず揺れ動く・・・この時に「いえ、何事があっても自分の想いは一つ!」、それが自分を中心にするということなんだろうけど・・・
物質世界の三次元では、五感があるばかりにどうしてもその作用を中心に物事を見てしまうし、また考えてしまう。
信じるものは一つ!なんだけどね、まだまだ煩悩と欲望が交錯する世界から抜けれないという・・・(笑)
そんな人々の思いが積もり積もっているのか、それとも地球が自浄作用で身震いしているからか、世界中で異常気象火山の噴火シンクホールの増加地震洪水寒波などの自然災害が異常な勢いで増えている。
そしてついに妖精の写真がイギリスで写されたとか・・・いえ、こういうのは夢があって読んでても楽しいんですけどね(笑)
地球は本来の姿に帰りつつあると言われているが、本来の姿とは地表面が緑で覆われた姿だから、こうやって人類が築いてきたものを少しずつ消していってるのかな?

今は未確認飛行物体は静かで、少ししか写真には写らなくなっている。
c0331825_11471928.jpg
c0331825_11472722.jpg
でもまあ写らないわけでは無い、こうやって時々写ってはいるんだけど。
c0331825_11493993.jpg
c0331825_11494584.jpg
大挙して写るときもあれば少ししか写らないときもありというのは、彼らにも都合や作戦があるからかな(笑)
というか、地球の中でもほんの小さな国日本、その小さな国の中のほんのちいさな都市、そしてその小さな都市の中のほんの小さな一角で写すんだから、写らなくても当たり前かもしれない(笑)
一つ分からないことは・・・そういう地理的な要素があって写るときと写らないときがあるのか?、それとも波動なり波長なりが合う者がいる場所にポータルが開き写るのか?
聞けば後者の方だと言ってるけど・・・う~ん、彼らにとって距離など関係ないもんね、瞬時に移動できるのなら場所は関係ないのかなぁ・・・
だとしたら、私は「見せてもらっている」わけなのかな?(^^;;;
こんな未確認飛行物体も
c0331825_12004087.jpg
こんな未確認飛行物体も
c0331825_12012842.jpg
「こんにちは、また来たよ~」と言って会いに来てくれてるのか?(爆)
などとおバカなことを言ってますが・・・なぜかと言うと、先日目の前の木の根元に来ていたし、いつも写している上空にポータルが開き彼らが現れるから、ひょっとして写している場所ではなくて、写している者の波動なのか?とふと思ったからだ。
宇宙は波動だと言うのならそれもあり得るかな?
想い一つで瞬時に移動できる彼らにとっては、どこに出入り口が開こうと関係ないのかも・・・
写真を写しだしてもすぐに彼らは写らなくてオーブばかり写り、何枚か時にはもう少し写してから彼らが写りだす。
これは前から不思議だったことの一つで、写しだしてしばらくすると現れるのは、私が写しているということをキャッチしたので現れるのではないか?と思っていたのだ。
やはり波動なのかな?というのが、最近では確信に変わりつつある。

5月3日の日に写していたら、風で傘が飛ばされそうになったので慌てて抑えたら、カメラのシャッターを押してしまった。
するとこんなのが写っていた。
c0331825_12225857.jpg
すぐ傍にいたようだけど、この日の写真にはこの赤いエネルギー体はこれのみ。
彼らと接触している時はエネルギーの交換をしているときでもあるので、すぐ傍に来てエネルギーの供給をしてくれてたのかな?←自分に都合よく考えられるノーテンキ人間なんです(爆)
かといってまだファーストコンタクトにならないから、まだまだ私は未熟者なのでしょう。
彼らに追いつけ追い越せてって・・・そんなの無理だ~!(笑)

前々回の記事の自分のエナジーを写した記事を読まれたマナティーさんが、さっそくご自分でもチャレンジされたもよう。
そして見事な生体エネルギーを写されている。
そして二度目のチャレンジでも見事成功!
いや~嬉しいですね、こうやって写真に撮ることが出来る人が増えると、不思議が不思議でなくなる。
誰でも写せて誰でも見えるらしいのが本当らしく、それほど本来の人間は高性能なんだとか・・・今は本来の姿に回帰をし始めたそうで、遠い未来にはこの宇宙のガーディアンになるということらしいけど・・・

2016年はうお座の時代が終わり、本当の意味でのみずがめ座の時代に入るそうだ。
調和の時代と言われているみずがめ座、あらゆる意味で調和の取れた地球であり人類であってほしいと願っている。
こんな子などいない未来でありますように・・・哀しい瞳で“降伏”する少女

by yururiya_yurayura | 2015-05-09 12:51 | 未確認飛行物体 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yume712.exblog.jp/tb/24070005
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< やはり波動かな・・・ やっぱり教えてもらってる? >>