ブログトップ

夢か現か幻か・・・

yume712.exblog.jp

<   2016年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

無常の雨だ・・・

大きな地震の被害を受けている熊本地方に雨が降る・・・余りにも無情の雨と哀しくなってしまう・・・
雨漏りがすると家財が濡れる、倒壊した家屋からやっとの思いで出した家電が、雨で湿気て使いものにならなくなる・・・
阪神大震災のときも、余震におびえながらやっとの思いで取り出した家財や家具が、置いておく場所がないのでブルーシートをかぶせてあちこちの地面の上に置いてあった。
そして雨が降ると・・・カビたり錆びたりして、被災後の建て直しをするべくの家財のそのほとんどがもう使い物にならなくなっていた・・・
雨が降ると哀しくて悲しくてどうしようもない、と泣いていた人たちのことを思い出す・・・
恵みの雨にもなれば災いの雨にもなりと・・・古来より、人は災害と気象との戦いにあけくれているんだなぁ・・・と思える今日この頃・・・
被災された方々が、一日も早く元の生活に戻ることが出来ますようにと祈っております。

昨夜も雨が降ったが、あいにくとご当地に来てくれず北のほうに流れていってしまった。
なんだかなぁ・・・最近は余り写す機会がないということは?もう広報担当をはずしてもらえるのかな?と、期待が膨らむじゃないですか!!・・・異次元のエネルギーさんたち、広報はもういいよ~って言ってくだされ~(爆)
とは言っても今までに写してきた写真がまだかなりの枚数があり、これを掲載しろってか?だろうかね・・・(笑)

オーブを写すとよく渦の中心が写り、きれいに四方八方に広がりながら現れるオーブたちで、これはきっと出入り口を開ける誰かがいるはず、そう思ったらとたんにこんな写真が写った。
う~む・・・私の考えることは、最近は彼らに筒抜けなのかな?(爆)
これはキレイに渦の中心が写っている。
c0331825_11030971.jpg
そしてそのままカメラを動かさず次を写したら・・・連番で速攻証拠写真が写った、やっぱり私の言うことをしっかりと聞いているのかもしれないヾ(@^▽^@)ノわはは
渦の中心の向こうに大きなエネルギー体がいる。
c0331825_11052431.jpg
そのエネルギー体の前には、激しく変形したオーブ?未確認飛行物体?がいるので、その部分をカットしてみた。
c0331825_11072913.jpg
出入り口の激しいエネルギーにさらされるから、オーブや未確認飛行物体の多少の変形があるのかな?
実際に変形するのではなくて、強いエネルギーの影響を受けて空間が変形し、その歪んだ空間のせいで形がおかしく見えるだけなのかもしれない、これは多分そうじゃないかな?だけど・・・
彼らは自分が向かう先に、そして思う場所に自由にポータルを作れるとか・・・だとしたら強いパワーの持ち主が空間を開けて、その空間から出入りするものたちがオーブ?か、それともオーブなどに偽装している未確認飛行物体・・・ではないかと思っているのだが・・・はて?(笑)
こうやってあちこちに渦が現れ、そして大量のオーブらしきものが現れる。
c0331825_11195830.jpg
時には、渦の向こうには違った形のエネルギー体が現れと・・・多くの星系から色々な外見のエネルギー体が来てるのかな?
c0331825_11220277.jpg
そしてこの渦?ポータル?の出る場所はかなり決まっているようで、やはり開けやすい場所と開けにくい場所とがあるのかもしれない。
時々違った場所で写してみるけど、ポータルはどこででも写るとは限らないようだ。
やはり場所があるんだろうね・・・それと、ポータルの向こう側に目標になる何かが必要なのかもしれないし・・・
というのは、時々彼らは私がいることを知っているのでは?と思えるからだが。
先日掲載した太陽光線のように強いエネルギーが写ったが、あのエネルギー体も私の体に向かって飛んできている。
そして写した瞬間には体を突き抜けていった。
どうもこの三次元世界に来るときの、彼らのランドマークになっているのでは?・・・という気がする(爆)
そしてそのポータルから飛び出すときに写すから、色んなエネルギー体の色んな姿が写せる、ということじゃないかな?(^^;;;

それともう一つ、どうも彼らと繋がっているのでは?と思うこともありで・・・
カメラに手を当てて自分のエナジーを写していると、早い時は手を当てて1枚目を写すときに、すぐに大きなエネルギー体が現れる。
「え?もう来たん?」と思うくらい早い(爆)
だから、波動で分かるのかな?と思っているが・・・それとも、いつも傍にいてくれるのかな?などと・・・ちょっと厚かましいかな?(*^^*) フフ

円形のエネルギー体が動く時は、こういう形に変形したりするようだ。
これは動き出してすぐのようだけど、下部に円形が残っているので分かりやすい。
c0331825_11365506.jpg
これはカシオが写した写真だが、カシオは「これ何?」と思える不可思議なのを写すのが得意なようだ(笑)
背の高いフェンスのある公園で、いつもの木を右に見ていつもの街灯を写したら・・・なにやら街灯を取り巻くような不思議な現れ方をしている。
c0331825_11394680.jpg
カシオはエネルギー体もオーブもほとんど同じ形に写すので、ちょっと見分けるのが難しいのが難点だけど、でも不可思議なのを写すのならカシオ、そう思えるくらい驚くのを写してくれる(笑)
これは何体かのエネルギー体が街灯を取り巻くよう現れたのか?それとも一つの大きなエネルギー体が移動しているのを写したのか?
この時は他には同じようなのが写ってない、これだけだったけど・・・どちらなんだろうね?
同じ場所で写したので、写した日にちは違う同じような感じのエネルギー体がある。
真ん中が普通に写り、上下は異次元風に写ったものだ。
オーブの形は違っているのに、エネルギー体の形はほとんど変化がない。
ということは?空間や場所や他の要素の影響を受けない、それが本来のエネルギー体ってことなのかもしれないね・・・
c0331825_11454685.jpg
c0331825_11460546.jpg
c0331825_11461512.jpg
カシオが写すエネルギー体の写り方の差はこの程度、なのでその違いがよく分からん・・・・でも異次元風に写ることが多く、そして「これ何?」というのが写るのがカシオなので、このカメラも手放せない(笑)
もっと他メーカーの機種でも試してみたいけど、2台のカメラで交互に写すだけでも大変なので、今は手出しできないのがちょっと悔しいかな?( ̄ー ̄;
ああ、欲張ってはいけません!といいつつ・・・なぜかカメラがいっぱい掲載されてるページが、いつの間にか開いてるんだけど・・・(爆)

by yururiya_yurayura | 2016-04-28 12:05 | 地球 | Trackback | Comments(0)

地殻の変動期に入ったということらしい・・・

九州の熊本県を中心に大地震が起きました。
震度7の地域もあったほど大きな地震で、その後も繰り返し震度6前後の地震が起きています。
しかも大きな地震の起きる頻度が多いうえに、時間的にも地震の起きる間隔が短いようですが、被災地の皆さんの恐怖を思うと胸が痛みます・・・
私は阪神大震災で震度7を経験しましたが、この経験は今も鮮明に覚えているほどの強烈な体験でした。
阪神大震災の時も、その後余震が激しくて震度4や5が頻繁にきましたが、今回の地震ではもっと強い震度6クラスが頻繁に来ているので、被災者の方々は本当に恐ろしい思いをしておられると思います。
活断層の直下型の地震は、来る前にドーンという大きな音が地面の下から聞こえますが、それがよりいっそうの恐怖をあおります。
毎日心休まることのない避難生活は、本当に心身ともに疲労困憊してしまいます、一日も早く皆様が元の生活に戻ることが出来ますように・・・

今地球は大きな殻変動時期に来ているのではないか?ということのようだ。
環太平洋火山帯の火山も次々に爆発しているようだし、南アメリカのエクアドルでも大地震が起きて大きな被害が出ている。
それに今現在噴火している火山だけではなく、環太平洋火山帯の他の火山も噴火をするかもしれないとか・・・そして大地震が起きる可能性があるとか・・・
不安を煽るつもりはないが、なぜか今は世界中で災害が起きており油断できない時期のような気がする。

その地上に比べて、天上は静か・・・でも私の近辺は静かでも、ほかの地域はそれぞれ違っているかもしれないけど・・・
先日来から言っている色鮮やかに写ること、それは異次元風に写っても同じくで、写る写真の余りの色のキレイさに驚いている。
c0331825_13261504.jpg
一部を大きくカットしたのだけど、エネルギー体の筋?や文様?のようなのもこんなにはっきりと写るし、色も黄金色に輝いているように見えるし・・・
c0331825_13284564.jpg
以前はくすんで濁ったような色が多かったし、こんなに文様や筋状のものがくっきりとは写らなかったのに、この頃は本当にくっきりはっきりと写るようになっている。
何か彼らの世界に変化があったのかな?地球の浄化が進んでいるからなのかな?などと、あらぬ方向に妄想が行ってしまうじゃないですか!(爆)
でもね、地上の喧騒とはまた別な世界だから、前進しているのならそれはそれで嬉しいことだ。
これはカシオが写すオーブだけれど、今写すオーブはこれほどに透明度が増している・・・これはよい兆候だと思いたいのだけどね・・・
c0331825_13330960.jpg
c0331825_13331887.jpg
これまではキレイに写るオーブもあれば、濁った色や変形したのや透明度のないオーブが混じって写ってきたのに、最近ではこんなに透明度の高いオーブがいっせいに写ることが時々ある。
まだ時々しか写らないという段階でも、ずっと色んな色や形のオーブを見てきたので、純度の上がったオーブを見ることが出来るのは嬉しいことだ。

写真を見ながら思ったこと・・・
地球は一つの生命体であるという説、神話の地母神の名前を取ってガイア説といわれているが、もしそうなら・・・地震は、地球が自分を作り変えている途中に起きる現象なのかもしれない。
砂や岩石だけで出来た星ではなく、われわれが地球と呼んでいる惑星も、この大きな宇宙の中の1個の生命体であると・・・
そう考えれば、地震も台風などの各種の気象変化も、地球が自分を進化させている一環では?と思える。
地球を大切にとか地球のためにと言われるのも、地球生命体説をこの地球に存在する者たちが潜在意識や集合意識の中で知っているからでは?などなど。
これは阪神大震災後にふと思ったことでもあるけど・・・
この無限大の宇宙にはどんな生命体が居るか分からない、だとしたら地球程度の大きさの生命体はもっと他にいるのではないかな?
そんな生命体を、何かの目的で作ることが出来る高度な文明も存在するのでは?
・・・どこまで続くんだろうね、この妄想の世界は(いや現実かもしれないよ?(爆))

先日フラッシュ無しで写した中に面白いのがあった。
これは最後の方に写したものだが、写し終える時は「もうこれで終わりますね」と言っている、もちろん胸のチャクラからの通信だけど(笑)
そう言ったあとに写したら、エネルギー体が移動している途中のが写ったようだ。
キレイな円形が崩れ、形がいびつになっていく。
c0331825_17424403.jpg
次に異次元風に写ってしまっているが、四方に広がって移動しているのがわかると思う。
c0331825_17425268.jpg
空中を移動中は煙状になるので、このまま動いて煙状になるんじゃないかな?
この時はここまでしか写さなかったので分からないが、多分そうだと思う。
こんな感じで写る・・・これは違う日に写したものだけど、煙状で写る時は形も色も様々だ。
それは多分そのエネルギー体のパワーの違いでは?と思うのだが・・・
c0331825_17481571.jpg
我々の想像もできないような世界から彼らはやってくる、無限に近い宇宙を縦横に飛び、そしてこの宇宙の中の点にもならないくらい小さな地球を目指してやってくるのだ。
その高度な科学力にいつも驚かされるのだが、遠い未来には地球人もそうなれるのかな?
新しい時代の新しい地球人たち、道を間違えず進んで欲しいと・・・切に願っている。

by yururiya_yurayura | 2016-04-20 18:02 | 地球 | Trackback | Comments(2)

夜空の星はシリウスからアンタレスへ(笑)

寒の戻りで少し寒かったけど、それでも日中は太陽が出ていると暖かい。
桜の花も先日の低気圧の為に散り急ぎ、春爛漫はあっという間に過ぎていく・・・
夜空の星も春の星座に様変わりして、オリオンは早い時間に西の空に沈むようになった。
そしてオリオンを追いかけて、東の空にさそり座が現れる。
赤い大きな星のアンタレス、写してみたら・・・やっぱりというか何と言うか、鮮やかな赤いエネルギー体が写った(笑)
原版サイズのアンタレス、現れ始めた時はこんなに色鮮やか!
c0331825_12025047.jpg
c0331825_12033492.jpg
写真で見ると何ともいえない可愛い色合いのアンタレス・・・でもね、実は・・・こんなに大きな、いや巨大すぎるくらいの星だったりして・・・


いやぁ~凄い!の一言、比べている太陽が見えなくなるって・・・この宇宙だけでこの大きさの星がゴロゴロと・・・想像すらできない・・・
で、その巨大な宇宙の一角にある天の川銀河の、そのまた銀河の片隅にある太陽系の、その中の点のような地球からでもアンタレスが見えるのは、やはり大きな星だからなのかな?(笑)
肉眼で見ても赤く輝いている星だが、カメラを向けて拡大率を上げていくと、その赤い色が勢いよく動き出す。
大気の関係で動きを捉えられないときもあるが、上手く捉えられるとほんの少し拡大率を上げただけで動き出すのだ。
夜空にある大きな恒星を写す時はほとんどそう、静止している星がなぜ動き出すんだろう?やはり肉眼で見えている星々はホログラムなのか?などと、ああまた妄想の世界が~!(爆)

水平線から見え出して間もない頃は、本当に色鮮やかでキレイに写る。
シリウスも、昨秋の冬の星座で現れたころはこんなにキレイだった。
c0331825_12200769.jpg
c0331825_12201747.jpg
しかし今冬は暖冬の影響からか大気が澄んでいなくて、春先のようなモヤがかかったようなぼんやりとした感じの夜空が毎晩だった。
やはり手足が凍えそうなくらいの寒い日でないと、都会の空は透明度が低いので色鮮やかに写らないようだ・・・今冬はそんな日がなかったなぁ・・・ザンネン!
そんな残念な日々を過ごしているうちに春になってしまい、もうシリウスは写せない。
本当はこの冬は動画を撮りたかったのに、撮る以前の問題であえなく沈没・・・(笑)

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~

なので以前に掲載した動画を再度載せますが、動画編集が苦手なもんで・・・おまけに迷カメラマンなので写すのが下手です、写っただけ儲けものかも?という状態なんです(爆)
この動画は、4秒動画で1枚静止画を挟むというダイジェスト版製作用の機能ですが、彼らはなぜか普通の動画撮影では写らず、この機能でしか写せなかったのです。
最初の頃に聞こえているのは横にいた猫の声、そして40秒くらいからいきなり車のエンジン音が大きく聞こえますので、出来たら音を消してご覧下さい。
最初に写っているのがシリウスで、見ても分かるように虹色に点滅しています。
そしていきなり小さくなったかと思うと、またいきなり大きく写ったりしますが、それが彼らの動きのようです。
激しく動いたかと思うといきなり静止、そしてまたいきなり小さく見えるようになるくらいの遠くへ・・・いやいや、動きについていくのが大変ですわ(笑)
後半50秒くらいからは木星を写したものですが、こちらのほうがいつも動きが激しく、小さくなるほうが多いので見にくいかもしれません。
木星は天頂に来るまではこの白い色、そして天頂を過ぎると金色に変化する不思議なエネルギー体です。



今年はもう少しましに動画を写せるか?と思ったのですが・・・お天気には勝てませんでした(爆)

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~

星を写す時はキャノンのSX700SHで写しているが、このカメラは最大デジタル120倍で大きく写っていいのだけど、その代わりオーブやエネルギー体はほとんど写らない。
しかも赤い流星のように見える低気圧のエネルギーも、このカメラでは緑色に写る、なんで?(笑)
まあそれがカメラの機能なので、使っている者が使い分けないと仕方がない。
でも星を捉えるのはこのカメラが一番で、S120はデジタル20倍だから小さくてキレイに写らないし・・・なので、今は星を写すのはSX700だけで写している。
桃紅色の鮮やかなアンタレス、きれいに写るのもこの時期だけなのかな?(笑)
c0331825_13025689.jpg
c0331825_13053618.jpg
余りにも星が写せないので、今年に入ってからSX700のSDカードを見ていなかった。
フォルダは毎日作成にセットしているので、写した日にはその日付のフォルダが作られている。
それを昨日見たのだが・・・いえまあね、写していないと言いながら結構写してましたが・・・でもほとんどがボツ(^^;;;
そんな中に「え?これ何?」というのがあり、写した後にはどんなのが写っているかいつも確認しているのに、これは確認して見た記憶がない・・・
c0331825_13090925.jpg
1月28日に高いフェンスのある公園でお月さんを写したようだが、このときの記憶も無いし・・・1月は24日が満月だったので、この日は満月の数日後・・・
う~む、何者だ?と聞いたら天照さんだそう、いつも写る時は緑色で写るのが天照さん(笑)
真ん中あたりに見えているのがお月さんで、右下に写っているのがいつもの水銀灯だから、フェンスはこのときは写っていない。
真ん中に青い輪が見えるし、動いているようなエネルギー体も見える。
この日はなんだったんだろう?天体で何かイベントでもあったのかな?
天照さんは私のすぐ左側から出ているので、傍にいたよう・・・このときの光源は遠くに見える水銀灯だけで、右側にいつもの木があるのだが、その木が邪魔をして私がいる場所はもっと暗い。
このカメラで星を写す時は、遠すぎるためにフラッシュは使わないので最初から切ってある、だからこの時はフラッシュ無しで写している。
なのでこの左側の天照さんの光源はというと、自らの輝きなのだろうと思う。
緑色に輝いていて、キラキラと輝き宝石のようにキレイだ。
c0331825_13163484.jpg
c0331825_13164365.jpg
この3枚だけが続いて写っていたのだけどね、お月さんの周りにも何かいるし・・・天照さんはキラキラと輝いてキレイだし・・・なんだかとてもラッキーな気分になる写真なのだ(笑)
1枚目はよく見えるようにかなり薄くしているが、もう少し全体が濃いと緑が煌いているようでとてもウツクシイんだけどね(笑)
さすが太陽神の天照さん、その輝きに思わずうっとり・・・ヾ(@^▽^@)ノわはは

しかしSX700がこんな写真を写すとは・・・
今年に入ってから、異世界が写ったり太陽光もどきの光源が写ったり、はたまたこの天照さんのように今までにないような写り方をしたりと。
やはり2016年は何かの動きがああるのかな?・・・う~ん、楽しみだ~♪


by yururiya_yurayura | 2016-04-12 15:25 | | Trackback | Comments(0)

宇宙に存在する生命体とは?

先日Google+に街灯を媒体とするエネルギー体を掲載したら、宇宙に存在するエネルギー体としてこういうタイプがあると教えてもらった。
阿修羅の掲示板に投稿されていた「バイオプラズマとUFO飛来の秘密」とか・・・ふんふん・・・ソ連大使館広報部の『今日のソ連邦』(1990年5月号)とかの情報だそうだ、かなり古い情報だなぁ・・・今は脅威のスピードで進化している科学なのに、まだこの情報でいいのかな?と思うのだが・・・
この文を読んでいて驚いたのは、「宇宙には四つの生命の変種が存在する」って?・・・いや、そんなに少なくないと思うよ?
この広大無辺な宇宙に、4つの生命変種しか存在していなんて・・・それはないと思うし、尋ねたらもっと多くて数え切れないほどの種類があるって聞いてるんだけど?
天の川銀河の中に100億はあるだろうといわれている星々、その膨大な数の星の中に4つの生命の変種だけというのは、この天の川銀河の中だけで考えても少なすぎると思える、もっと多くの生命種が存在するのでは?
う~ん・・・アカデミックの世界はいつもこういう書き方をするね、まだほとんどが未知なる世界なのに、どうして「宇宙には四つの生命の変種が存在する」と決めてしまうんだろう?
書くのなら、「現在までに宇宙には四つの生命の変種が存在することが分かっている」と書かなければ、この記事を読んだ人はこの宇宙には四つの生命の変種しか存在しない、と思ってしまうのではないかな?

そうか、では私が写しているのはバイオプラズマ生命体ではないってことだな。
なぜかというと、書かれているようにフラッシュを使うとエネルギー体は写るが、フラッシュを使わなくても同じようにエネルギー体は写る、だからプラズマ生命体とは違うと思っているのだ。
今年に入ってからなぜかフラッシュが光らないときがあって、オートに設定しているので街灯の水銀灯が明かるかったら光らないのかな?などと思っていたのだが・・・
フラッシュが光らなかったのに写真はいつも通り写っていた、ということが再々起きるのでそれがずっと不思議だった・・・ああそうなんだ、いずれこういう話題が出てくるから、違いを先に教えてもらってたんだ・・・今ではそう理解している。
これらの文章を読んで分かったのは、私が写しているエネルギー体はバイオプラズマ体だけではないということだと思っている。

それはなぜか、写真で見れば分かるので・・・
4月4日の午前1時前から写し出して、間もなく現れたエネルギー体はこの日は金色だった。
c0331825_17553604.jpg
この日の写す目的はフラッシュ有りと無しで写す検証だったので、すぐにフラッシュを使わない設定にして写してみた。
c0331825_17564580.jpg
ん?白く写ってる、これがこのエネルギー体の本来の色なんだと思う。
写す時は分かっていても、写真を見ただけではフラッシュを使ったか使っていないか分からない。
写した写真のフラッシュ有りと無しをどういう風に見分けるのかというと・・・1枚目は写真の右側にある木が鮮明に写っているが、2枚目の写真は黒い塊に写ってしまっているのが分かると思う。
これはこの木のすぐ傍で写しているので、フラッシュが当たると一番身近にある木がいつも鮮明に写るのだ。
しかし2枚目の写真の同じ木は、水滴が光ってはいるが1枚目の写真のように木の葉が1枚1枚鮮明に写ってはいない、これはフラッシュを使わなかったために木に光が当たらずで、木の周辺が暗かったということなのだ。
いつも木とかフェンスを一緒に写すのは、比較対象物がないと大きさや距離が分からないからだが、今回はフラッシュを使う時と使わない時の違いを比べられるので、画像の中に木を入れてみた。
もう少し木が大きく写るようにしたので、これならよく分かると思う。
c0331825_18033851.jpg
フラッシュを使わなくてもエネルギー体の丸い粒子は分かるし、いつも出ている筋状のものもよく分かる。
こうやってフラッシュを使わなくても写るので、彼らはプラズマではないということになるのかな?
この写真に写っている姿そのままが私には液晶画面で見えているのだが、その時はスイッチを半押し状態で、もちろんフラッシュは光っていない。
だからカメラを少しずつ動かして、一番大きくなった時とか一番キレイに見える形になったときにシャッターを押しているのだ。
フラッシュに反応するプラズマなら、ではなぜフラッシュの光のない時にでも液晶画面に見えているのか・・・謎だ!(爆)

次にまたフラッシュを使って写すと、右側の木から違うエネルギー体が出てきた。
このエネルギー体はすぐ近くにいたよう、なぜならこの木のすぐ傍で写しているから・・・
c0331825_18074072.jpg
これもまたすぐにフラッシュ無しにして写したら・・・またもや白い色に変身!(爆)
そしてちょっと違った文様?を持ったエネルギー体が左側に写ったが、透けて見える向こう側にもう一体赤いエネルギー体がいるようだ。
この写真に写るエネルギー体は、フラッシュ無しでも鮮明に写っている。
エネルギー体の形状も千差万別、どのような姿にもなれるだろうし、丸い粒子の集合体なら流動体のようなものだから、決まった姿形は持っていないのかもしれないと思う。
c0331825_18083739.jpg
写すたびに1体また1体と次々と現れるが、これはまあいつものことなので・・・毎度毎度、大勢来ていただいて嬉しいです(爆)
c0331825_18131881.jpg
ちょっと異次元風にも写ったし・・・・
c0331825_18084826.jpg
フラッシュ無しでもこれだけ鮮明に写るのは、やはりcannonのS120は暗いところに強い高性能のカメラだからだ。
この時にはかなりの数のエネルギー体が来ていたようなので、ほんの少しカメラの角度を少し変えると・・・あらら、沢山のエネルギー体が写ってビックリ(笑)
c0331825_18145827.jpg
では次に右回りに90度動き、写す方向を変えてみた。
上記の写真は南西方向を向いて写していたが、90度向きを変えると北西方向を見て写していることになる。
こちらもフラッシュ無しで写してみたが、同じくエネルギー体が写っている。
c0331825_18314213.jpg
方向の関係か、ちょっと形が変わったが多分同じエネルギー体だと思う。
色が緑色に変わっているのは、彼らは透明もしくは半透明なので、写す背景の色が反映し様々な色に写るようだ。
道路を挟んだ向こう側にある木が写っているが、かなり鮮明に写っているのにやはり黒々としていて、木についた水滴だけが光っている。
フラッシュを使うと茶色い木肌が写るが、使わないと黒くしか写らない。
そしてフラッシュを使っている時は写りにくい雨雲も写っているし、エネルギー体の中に見える虹色が鮮明に写ってとてもキレイし・・・フラッシュ無しで写す方がいいかも?(笑)
c0331825_18340485.jpg
そして・・・シャッターを押そうとした瞬間に、目の前に煙状のエネルギー体がいるのが見えた。
あっ!と思った時にはシャッターを押していたが、見えた時は真ん中より右寄りにいたのに、ほんの0.何秒の間にもうこれだけ移動・・・どんだけのスピードで動いてるんや!(笑)
c0331825_18583638.jpg
暗さに強いレンズのカメラと、写している場所が交差点なので水銀灯が多めに設置されているのとで、フラッシュ無しでもこれだけのものが写るのだと思う。
まだこれからも検証していくが、フラッシュに反応してしか写らないのがプラズマだというのなら、フラッシュ無しで写る彼らはプラズマではないってことになる。
なんだか面白い!気になるテーマが出来たら、自分なりに検証すると思わぬ写真が撮れる・・・これだから写すのを止めれないんだよね!(爆)

by yururiya_yurayura | 2016-04-06 14:30 | エネルギー体 | Trackback | Comments(0)