ブログトップ

夢か現か幻か・・・

yume712.exblog.jp

<   2015年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

十五夜

9月27日は十五夜、餅つきをしているウサギがよく見える日だ(笑)
台風がよく来るお陰で雨の多い日が続いていたが、お天気に恵まれお月見日和になった。
雲が時々現れては嫌がらせのようにお月さんを隠すが、やはり十五夜のお月さんは強いらしく、雲の向こうからでも燦々と輝いていた(笑)
日にちの変わった夜半に、天頂から少し西の方に傾いているお月さんを写したが、それでも大きくてデジタル120倍では全体が入らない。
使っていたカメラはFX700で、解像度を16:9にしていたのを4:3に設定しなおして写しても、デジタル120倍では上下が切れちゃう・・・28日午前11時11分に起こるスーパームーンの少し前だからね、やはり大きなお月さんだ!
これでデジタル90倍、全体像が入るのは90倍までだな。
c0331825_16304981.jpg
次は小さくしてデジタル48倍。
若干不鮮明になるが、この倍率でも十分だと思う。
c0331825_16325879.jpg
ついでなので(笑)デジタル39倍でも写してみた。
やはりこの倍率ででも十分だと思う、月のクレーターでも写すのなら別だが、楽しみで写すだけなら39倍でもかなりクリアに写るから、この倍率ででもいいかも?
c0331825_16352029.jpg
カシオも持って出てたので写したが、ローエンド商品にしてはかなりキレイだ。
個人が写して楽しむだけなんだから、そんなに高性能のレンズでなくてもいいと思う。
c0331825_16370996.jpg
しかしさすがは十五夜、お月さんに焦点を合わすと、明るすぎて画面が光で真っ白になったのがあった。
太陽光の反射が凄い!てことだ、なるほどお日様は素晴らしい存在です、はいっ♪
天体の星々の運行は本当に不思議、人間など考えられないくらい壮大で緻密な動き方をする・・・お陰で気持ちのいい十五夜だった!

で・・・カシオで自分のエナジーとのコラボを(笑)
c0331825_18343635.jpg
お月さんの周りに白く見えているのは雲、月光が雲に反射しているので写っている。
月面を雲が通過すると月光が反射して虹色になり、それがとてもキレイ・・・なのでがんばって写したけどピンボケ、やはりカメラは苦手だ・・・( ̄ー ̄;
c0331825_18392799.jpg
他にはお月さんを写した時に一緒に鳥のようなのが写っていたが、小さすぎるのでカットしていない。
やはりイベントの多い月の9月は、晩夏から9月にかけてエネルギー的にかなり強いのかもしれないね。

というのは、8月最後の土曜日の日にいきなり体調不良に見舞われたからだ。
朝の11時ごろ、寝転んでいたら急に酷い吐き気がして、驚いてトイレに走ったのだが・・・すると今までに経験したことのないという目まいが!そして酷い汗が流れる。
血圧を測ったら210~120・・・・何これ?状態。
それに吐き気と腹痛、そして生まれて初めて経験した起き上がれないし歩けないという酷い目まい。
前日の夜に下痢気味だったがそれほど酷くなかった、その時は夏風邪?と思ってたんだけどなぁ・・・
とりあえず薬を飲んで寝転び、動けないので娘たちにhelpの電話をしてから安静にするしかないし・・・
私は元々新陳代謝が悪くて真夏でも余り汗をかかないのに、あの時はまさに流れる汗状態だったなぁ・・・血圧のせいではないなというのは分かっていた。
嘔吐と下痢と目まいでフラフラ、娘たちも順番に来てくれたが動けない。
計るたびに血圧は少しずつ下降していたが、3~4時間後には何とか動けるようになった。
しかし何が原因?いきなりそこまで高くなったことなどない血圧になるなんて・・・しかも頭は痛くないし体のどこも痛くない。
酷い目まいだけがしばらく残ったけど・・・その時に血圧を測ると123~72、やっと普通の血圧に戻った・・・

そして5日後、またもやカーッと体が熱くなり、同じような症状になろうとした。
実は・・・原因は分かっている・・・自分自身のDNAに「知りたる全てを思い出し、DNAの速やかな覚醒を」と強く念じていたから・・・
私は自分の念が強いのを知っているが、どうも加減が分からないらしく、今回はやり過ぎたようだ。
私の念に気づいた誰かががどうも体や何かを触っていたらしいが、彼らは自分の力が強いという自覚が余り無く、ストレートに作業をしてしまう。
1回目のときに気がついていたので、「自分の力を知ってる?三次元世界の物質肉体に対してそれだけの強さで触ったら、地球人は死んでしまうよ!」と怒った。
2回目のときもやはり触っていたらしいが、その時も怒ったからか前回と同じように出ていた汗がすーっと止まり、めまいも軽くなった・・・しかし強いエネルギーの残存は残り、1時間ほど体はしんどかったじゃないか!
その後はもうプンプンなので文句を言いっぱなし、彼らは手加減ってものを知らないからなぁ・・・

物質体になる以前のエネルギー体に記録されているものは全て忘れているので、その自覚のない記憶を無理やり引っ張り出してくれと頼んだのだから、今回のこのことでは私が悪い・・・しかもやり過ぎた~(^^;;;
その後も彼らは何度も試そうとしていたようで、同じような症状になるたびに「あなたたちは我々よりはるかに高度な技術を持ってるんでしょ?だったら人体に影響を与えないように変化させることだって出来るはず。出来ないのならもう何もしないで!」と言うと、やはりすーっと体が楽になっていた。
こういうことが3度ほど続き、以後は静かだけど(笑)
ふむ、頼んだことをしてくれるのはいいが、体に悪影響を与えるのだったら意味が無い・・・というこの三次元思考が彼らには理解できない、なぜなら物質の体を持たないからだが。
だから、そうことを頼んだ私が悪いのかもしれん、これはもう笑うしかないかぁ・・・あはははって(_ _;;
以後はほとんど体の不調は無い、けど瞬間に「ん?」と思うときがあるので、彼らは技術力を向上させてまたやってるらしい(笑)
これも、強いエネルギー場のなせることかもしれないが・・・
教訓・・・急いではいけません、無理はいけません、緩やかな変化をお願いします・・・ですなぁ<(_ _)>
c0331825_18575847.jpg

by yururiya_yurayura | 2015-09-28 18:58 | Trackback | Comments(0)

世界中で天候不順が続いているようだ

23日は秋分の日だったが、やはりこの日はエネルギー場は強いようで、数日前からクラクラするくらいの強い香りが一日中香っていたのに、また一段と強い香りが~!とかなりゼーハー状態だった。
来てくださる方は様々で、「え?」と思うようなお方や「あら?お久しぶり~」というお方や、「はじめまして」のお方やら・・・(笑)
その上にまた目の中にキラキラと瞬いて出現、それも今回はいつもの小さな点から始まるのではなくて、いきなり目の右半分を占める大きさで現れたので、思わず「おおっ!」( ̄ー ̄;
ここ数年余り出現しなかったのに、なぜに今夏からこうも頻繁に現れる?
風雲急を告げているのか?なんて思ってしまうじゃないか・・・

世界中で天候大荒れになっており、日本でも洪水被害が出ているが、世界の各地で洪水伝説が出来そうなくらい水浸し・・・これは酷いね・・・
このサイトの管理人さんは、海外のニュースをいち早く翻訳して掲載してくれている。
しかもメディアが取り上げないようなニュースが多く、世界中で起こっている奇異な現象がよく分かるのでありがたい。
先日掲載した「青い顔の熊」に続いて、「青い肉を持つイノシシ」というのが掲載されていた。
今なぜ青?この青いという色がヒントなのかな?
この色を見た時に、世紀末の話の中の「青い馬」というのを思い出し・・・ちょっとビクッ!とした( ̄- ̄;)
しかし青くなるのも、ひょっとしたら野生動物が罹る感染症かもしれないし、食べ物の中の重金属などが蓄積して青くなったのかもしれないし・・・青やピンクの色をした湖があるからね、動物にも同じような影響があるかもしれない・・・などと思い直してみた(笑)
多分遠い昔からこういう色々な不思議があっただろうと思うが、情報の拡散の手段がなかったから狭い地域の者しか知らなかったというだけ。
しかし今はネットという媒体があるから、世界中の誰もがこういう奇異なことを知ることが出来るのでは?と思っている。
なので、まあ怖がらなくてもいいかと・・・

でも、今年に入ってから天空が何やら騒がしいのは事実。
写真に写るエネルギー体の数が昨年と比べるとかなり増えているし、形も色も大きく変化しているよう。
何体かのエネルギー体がいきなりこんな感じで写るが、彼らの強いエネルギーの関係からか周りが滲んでいるのが特徴だ。
すぐ傍に来ていたようだけど、私は知らなかった・・・まあいつものことですが(笑)
c0331825_11265185.jpg
これは連続して写しているのだが、ビュンビュンと飛び回っているような感じで写る。
c0331825_11305188.jpg
c0331825_11310428.jpg
c0331825_11311489.jpg
c0331825_11312424.jpg
そして数分後にはこれ、最近ではこうやってよく近くに来ているのだ。
すぐ傍に来ているときは輪郭がぼやけ、その周りが滲んだようになっているのが分かるが、なんですぐ傍に来てくれるんだろう?
c0331825_11344509.jpg
現れて間もない頃も周囲が滲んだようになっているが、エネルギー体の形が違うので写真を見るといつ写したのか分かる。
c0331825_11364851.jpg
そして写しているうちに、エネルギー体の輪郭がはっきりしだすのが初期に写したという特徴だ。
c0331825_11380901.jpg
写し出してしばらくすると、こうやって様々に形や写り方が変わるので、もし写そうと思うのならかなりの枚数を撮った方がいいと思う。
ひょっとすると、彼らは写しているものの様子を見ていて、OKなら続けてエネルギー体の姿が写り、NOなら写らなくなる・・・じゃないのかな?
なぜか分からないけど・・・これも多分私の直感かな?←余り信じないように(笑)

以前に比べ、こうやってドンドン近くで写るようになってきた、もう至近距離といっていいほど近い。
ふむ、やっと彼らに存在を認めてもらえたのかな?(笑)
これも連続写真だが、すぐ横の木の上に来ているので本当に近い、でも実体は見えてないけど・・・
c0331825_12001021.jpg
c0331825_12002976.jpg
う~ん・・・でもね、写真に写っているのを見るのはいいが、実際に会いたいとは思わないなぁ・・・
彼らが何者でどこから来たのか、何の目的があってこの場にいるのか、地球にとって彼らが必要か必要でないか、それらが何一つ分からない。
もっと言えば、地球や地球人に悪意があるのか無いのか・・・それが一番の問題点なので、その真意が分からない限り写真でのご対面でいいと思っているのだ。

でもね・・・写真に写るとこんなにキレイだけど、本当は怖~いんだよ・・・ってのもありで(笑)
これだけ鮮やかな赤で写るエネルギー体も珍しく、どなたか尋ねれば瀬織津媛さんだとか。
大きなエネルギーの持ち主のようだけど、光体のエネルギー体だそうなので、実体は眩しくて見れないかも?
でもいつか私も波動が進化して、光そのものが見えるようになれたらいいなぁ・・・などと、壮大な夢?妄想?の世界にどっぷりと浸かっております・・・いやいや楽しい!(爆)
c0331825_13103795.jpg

by yururiya_yurayura | 2015-09-24 13:18 | エネルギー | Trackback | Comments(0)

未確認飛行物体その3

まだまだ続く未確認飛行物体の色々(爆)
いや本当に沢山写っていて、カットしながら「こんなに写ってたんや~」とビックリしている。
画像を大きくしてみないと分からないので、1枚ずつ確認しながらの作業・・・疲れた・・・・(笑)
そんな未確認飛行物体の画像のカットをしていたら、タイミングよくこんな記事が掲載されていた。


この方の以前書かれていたブログは、ある日突然削除されていたのだ!
確かに批判的なことも書かれていたけど、削除されるような過激な文章でもなかったのに・・・他にもある日突然ブログを強制削除された人もいるし・・・
う~ん、なんだかなぁ~とちょっと考えさせられたけどね・・・
この記事は「彼はいわゆる秘密政府、秘密軍隊プログラムの舞台裏で起きていることを伝えるために内部関係者として名乗りをあげました。彼らは私達の太陽系を開発・産業化しようとしています。コーリーはもっと詳しく情報を伝えるためにここに来てくれました。まさに注目すべき内容です」と紹介があるように、この任務に従事していた人の内部告発のようだ。
地球製のUFOはもうすでに飛び回っているとか、スターゲイトはすでに完成して他の星への移動に使われているとか、宇宙人から各種先進機器の供与を受け開発しているとかは、私はすでに他で教えてもらっていたことなので驚かないが・・・
しかし、この告発者の言っている事がどこまでが本当のことなのか分からない。
でも少しは信憑性はあるかな?とは思う・・だけど、信じる信じないは自己判断でお願いします(笑)

今は色んな情報が交錯し、どれが本当のことでどれが嘘か分からない。
しかしよく言われるように、これからの時代は特に自分の直感で感じ取ることが大事になってくると思う。
私が写している写真もフェイクだと言う人がいるけど、そういう風に感じるのならそれはそれでいいのでは?と思っている。
各人の思考も想像も多種多様で当たり前、自分が思うこと考えることが一番なのはみんな一緒だしね。
だから写真がフェイクだと言う人に私は別に反論もしない、そう思うのならそれがその人の感性なんだろうし・・・
自分の感性の合う場所?世界?に行くのが本来の姿だと思ってるので、反論しても意味が無いしね(笑)

今太陽系は、この天の川銀河の中でも密度の濃い空間に来ているということだが、それをフォトンベルトと言ってるのかな?
太陽フレアや宇宙放射線、そして星の爆発によるガンマーバーストが降り注ぎ・・・沢山のこの宇宙のエネルギー波に晒されているとか。
これらは人間に大きな影響を与えるそうだが、影響の出方は人様々で、中には狂う人も出てくるということらしい。
訳の分からない事件、これもそんな各種のエネルギー波の影響があるとか・・・
先日6人もの人を殺したペルー人は、兄もペルーで25人の人を殺したシリアルキラーだそうだ。
親子兄弟は似た遺伝子を持っているからね、影響の受け方も同じなのかな・・・なんとも痛ましすぎる事件で絶句する・・・
とにかく不可解で凶悪な犯罪が多い、それもこれらのエネルギー波の影響かもしれないのかと思うと、これからがちょっと怖い。
このエネルギー波は人も動植物も地球も全てのものが影響を受ける、逃げようが無いのだそうな。
そうなら、なおさらしっかりと「人間」であるという自覚を持ち、三次元世界の善悪の判断を間違えないようにしないと!と思う今日このごろなのだ。

でもこの写真に写っている未確認飛行物体は、その善悪については分かりません!(爆)
パソコンやスマホなどの電気製品は電子を通す、なので写真から大きなエネルギーが出ているかもしれないので注意してくださいね。
もっとも、少し加工をしているからかなりエネルギーとしての波動は落ちているそう、だから多分大丈夫かもしれないけど・・・
で、カットするという加工をしているのに、その上に小さいのを集めて1枚の画像に加工してみた、これなら影響ないのでは?(笑)
c0331825_10371468.jpg
そして2枚目も作ってみた。
c0331825_10375544.jpg
でも面倒になってきたので加工したのは2枚だけ・・・( ̄ー ̄;
他のはそこそこの大きさがあるから、小さいのだけにしたって事で・・・まあこれは・・・言い訳ですが(爆)
c0331825_10450259.jpg
c0331825_10454451.jpg
c0331825_10463394.jpg
c0331825_10471306.jpg
c0331825_10475498.jpg
c0331825_11001022.jpg
サムネイルだけ見ていると暗すぎて全く見えない、なのに拡大するとかすかに見えるのがこれ・・・
余りにも暗すぎてはっきりしないが、もうこれ以上薄くすると画像がぼやけてしまうので、かなり見難いけどご勘弁を~
でもこんな画像の方がかえって立体的に見え、未確認飛行物体であることがよりはっきりと分かる。
お~い、ばれてるよ~と言ってやりたいんだけど(爆)
c0331825_10511474.jpg
c0331825_10521928.jpg
これは・・・おおっ!未確認飛行物体だぁ~ってよく分かる1枚(爆)
c0331825_10524640.jpg
これはちょっとグロテスクかな?
でも数機一緒に飛んでるようだし金属的に見えるしで、これも未確認飛行物体だとよく分かる1枚だ。
c0331825_11083885.jpg
これも並んでいるので同種の機体?らしく見える。
真ん中の光ってるのが、遠くだとオーブのように写るのかな?と思うが・・・どうなんだろう?
c0331825_11121118.jpg
まだあるんだけど、本日はこのくらいで(笑)

by yururiya_yurayura | 2015-09-20 11:16 | 未確認飛行物体 | Trackback | Comments(0)

壊れている?のはオーブなのか・・・

いつも不思議に思うことがある・・・それは、連続して写しているのにいきなり壊れていくオーブが写ること。
雨脚が激しいときは今までにも壊れていくオーブは写っていたし、夜明け前も写すたびに壊れていくオーブが写ったりしていた。
それは以前から同じこと、でも未だになぜそうなるかは分からず・・・って、未知の世界のことだから分からなくて当たり前だけど(笑)
少しくらいの穴ぼこオーブは通常でも写る、これはいつも通りのオーブが写っている。
c0331825_08091362.jpg
そしてこの写真の3枚目後からは、こんなふうに壊れていってる様に写るのだ。
しかし穴は沢山開いているが、形は台風のときのように変形してはいない。
c0331825_08105754.jpg
そして続けて写していくと、こうやって穴ぼこが開いたのが増えていき、出てくる軌跡もゆがんで乱れている。
c0331825_08122433.jpg
そのうちに何やらパワーが切れてきた様な感じになり、全体に薄暗くなっていくのだ。
でもこの時には軌跡はきれいな円形になり、渦の中心も分かるようになってきた。
c0331825_08141953.jpg
まあいつものことだから驚きもしないけど、なぜこんなに形が変形するのかは謎!(笑)
三次元世界の私が見て壊れていると思っていても、実際はこうなるのが通常なのかもしれないし・・・壊れているのではなく、そう見えるような変形のしかた?をしてるのかもしれないし・・・ひょっとしたら次元のゆがみのせいかもしれないし・・・と思いつくことを並べてみても、異世界のことなんだから我々の常識を当てはめようとするほうが無理かもしれない。
それに・・・この壊れているのはオーブなのかな?、ひょっとして未確認飛行物体だからこうなるとかでは?・・・という疑問もありで。
現に上記の写真から少し後には、何事も無かったのごとくいつものオーブに戻っているんだから、謎は深まるばかりなり~(爆)
c0331825_08192057.jpg
違いと言えば、壊れていってるオーブを写したのは建物の上階で、いつも通りのオーブを写したのは緑地の傍、そして写した時の雨量と時間の違いくらいかな?
でも高いところで写そうと地面の上で写そうと、壊れているのは今までも同じように写っている。
後は写す時の自分の体調?思考?の違いかなぁ・・・くらいしか思いつかないが、それも地球人の私の考え方なので、異世界の思考や行動はこの世界とは全く別物、そう思っているほうが正解かもしれない。
それにどの世界を写しているか分からない・・・次元と呼ばれる世界も多種多様だろうし、平行宇宙と言われている世界もどれくらいあるのか想像もできないしで、写しているのが異次元なのか並行宇宙なのかも分からない。
だから、そこから来ている未確認飛行物体ではないのか?という疑問が私の中にあり、いつもそのことで頭を悩ましているのだ。
でも考え出すとキリが無いから、最近ではあまり深く考えないようにし、「とにかく写った!」で終わるようにしている(笑)

しかし・・・これってオーブなのかな?
これはいつもいつも疑問に思っていることで、オーブって本来はどんな形?どんな色?どんな文様があるの?そして、オーブって何者?
以前に、オーブはエネルギー体が出しているエネルギーと聞いている。
古来から言われている金波銀波を振りまきながらというパターンかな?それが見える人がそう言ったとか?
現在超能力と言われている力は、古人には当たり前の能力だったそうだから、誰しもが見えて当然の世界だったのかもしれない。
だから古人はオーブと未確認飛行物体と生命体との見分けが出来ていた、そう思っているのだが・・・そうなのかな?ヾ(ーー )ォィ
現代人はDNAを操作されほとんどの能力を失っており、70パーセント近くあるジャンクと言われているDNAが解明されると、その能力の一部が見つかるだろうと言われている。
少しでもDNAが回復すると、オーブに見えているものたちの実体が分かるかもしれない。
でも今はまだ私は凡人だから、「彼らは何もの?」「オーブって何?」と言いながら、写真を写してはそれを見て妄想の世界で遊ぶ・・・まあ、ちょっとした自分の楽しみってことにしておこう(笑)

今までに写した写真はかなりの数になるので、時々見直しては新たなる発見をして喜んでいるのだが・・・とは言ってもたいしたことじゃないけど(笑)
このキラキラのエネルギー体の写真を見ていて、いきなりオーブのことが頭に浮かんだ。
するとそこから始まるのが連想ゲームで・・・私のいつものパターンだけど(^^;;;
c0331825_19443336.jpg
こうやってエネルギー体が動き回っていると、そのエネルギー体の持っているエネルギーというかその粒子というかが、動くたびに本体から離れて飛んでいくのでは?
それがオーブになるのかな?・・・と思ったので、ちょっとカットしてみよう。
c0331825_19461690.jpg
集合しているのもあれば離れているのもあり・・・エネルギー体の光の粒子は、こうやって飛んで離れていくのかな?
ではこのエネルギー体はどんなかな?
c0331825_19491962.jpg
やっぱり飛んで行ってるような気がするし・・・
カットしたら一部分が渦巻いて出入り口が出来てる!これはこの写真を写した2014年12月29日には気が付いてなかった。
それもそのはず、この渦巻く出入り口のことは最近やっと気づいたんだから・・・こうやって年月が経ってから写真を見直すと、新たな気づきが発見できる。
こういうことがあるので、今まで写した写真を時々見直すことをしているのだ。
この出入り口付近の粒子が飛んでるように見えるが、それがオーブになるのかな?
c0331825_19503115.jpg
同じ写真の違う部分を、原版に近い大きさに見えるようにカットしてみた。
こうやってエネルギー体が動くたびに光の粒子が飛ぶ?動く?・・・のかな?でもよく分からないけど・・・
c0331825_19552920.jpg
この日には何枚かのキラキラのエネルギー体が写った。
赤い炎のようなエネルギー体が初めて現れた日で、どうもかなり強いエネルギー場が来ていたようだった。
だからこの日の写真は特に見直している、そうすると新たなる発見が・・・そしてこれらの写真から、エネルギー体から飛んでいるのは何?もしかしてオーブ?
だったらオーブって何?の考えにスライドし、その次に最近は壊れたようなオーブが特によく写るので、どうして壊れたようになるの?に話が飛躍して・・・書き出しの文章に戻るになる(爆)

これは私の一種の病気で、目で見たことをすぐに連想ゲームしてしまい、次々と考えが飛躍してしまう。
通常は原因があって経過があって結果があるが、せっかちな私は経過を飛び越して結果だけを先に言ってしまい、聞くほうは「?」になっていることが多々ありで・・・
今日の記事は、「またやってもたぁ~」になってしまったようで・・・読みにくくてすみません・・・です<(_ _)>

by yururiya_yurayura | 2015-09-16 11:30 | オーブ | Trackback | Comments(0)

日中に未確認飛行物体が写るとこんな感じ・・・

関東地方から東北地方にかけて、17号と18号の二つの台風がもたらした記録的大雨による甚大な被害が出ている。
またもや辛くて悲しい自然災害が起きてしまった・・・
被害に遭われた方々の一日も早い復興と、そして亡くなられた方たちのご冥福をお祈りいたします。

温帯低気圧に変わった台風18号が日本海上空で停滞していたところへ、台風17号からの東風が南風とぶつかったために南北に大きな雨雲が伸び、それが両側の勢力に挟まれた形になり長時間停滞、そして記録的大雨が発生とか・・・今回のこの記録的大雨は、通常なら5キロくらいの幅の「線状降水帯」が50~100キロにも及んだということで、そのために広範囲に大規模な被害が出たそうだ。
関東地方から東北地方にかけての広い範囲に大きな被害をもたらしたが、今回の記録的大雨は自然災害の多いこの国でも特に規模が大きかった。

しかし日本だけではなく、世界各地で大規模な洪水被害が出ている。
この極端な気候変動は何が原因だ?・・・大きな太陽フレアが発生したの?どこかの爆発した星からのガンマーバーストが来てるから?それとも今までに何度も繰り返されてきた地球の変動が原因?
これまでに滅んだ地球文明は、こんな気候変動の中で少しずつ衰退していったのかな?
地球が自身の体の調整のための地殻変動もあるとか言われているので、この異常気象もこれから益々激しくなるかもしれない・・・今は人間同士が争っている場合ではないだろうにと思うのだが・・・
哀しいかな、人は木を見て森を見ずになってしまっている・・・

私が住んでいる街は記録的大雨は降っていない、しかし豪雨注意報が最近は特に頻繁に出ている。
Yahooの雨雲レーダーを見て雨雲は無いなと思っても、数時間後には赤く塗られた雨雲がいつの間にか発生している、そんな突然の気候変動ありでそれが怖いと思う。
とにかく局地的な豪雨は頻繁に起きており、登録してあるYahooの豪雨注意報がしょっちゅう来るが、登録しているのは狭い地域なのにこんなにあるの?と驚いている。

そんな豪雨注意報が出た日の昼間に写したら・・・夜には光しか見えない未確認飛行物体、小さくだけどその正体が写っていた(笑)
これらは同じ機種?ライトらしきものが3つ並んで光ってるが、みんな同属?同種?なのかな?

c0331825_09002515.jpg
c0331825_09023308.jpg
c0331825_09003510.jpg
同じような気もするし、違うような気もする・・・この日に写ったのはとにかく小さく、いつもならカットしないくらいの大きさしかなかった。
でもまあ写ったし・・・ってことでカットしてみたが、見難かったらごめんなさい<(_ _)>

これはいつも頭を悩ましているオーブもどき、こうやって並んでいるということは未確認飛行物体?
よく分からないけど、オーブではないと思う・・・
c0331825_08595914.jpg
これは数機並んでいるように見えるし、それか編隊を組んでいるようにも見えるし・・・まあ、とにかく写ったので(笑)
c0331825_09072718.jpg
c0331825_09091739.jpg
こちらはもっと見難く、かすかに黒く見えるだけ・・・何だか最近の写り方は変、次元の境目が薄くなってるからかなぁ・・・
写真を拡大して、そして大きく目を開けて見て下さい(爆)
c0331825_09114840.jpg
c0331825_09120332.jpg
これは単体でも未確認飛行物体と分かるが、でもやっぱり不鮮明だ。
どうも写りが悪いね・・・
c0331825_09132672.jpg
c0331825_09133438.jpg
c0331825_09134114.jpg
これらの未確認飛行物体は色は不鮮明だが、写真にはやはり各色が混じって写っていたので、本当はもっと沢山の未確認飛行物体がこの時も飛んでいたのだと思う。
しかし、いつも見えているビルがかすむほどの豪雨だったからか、こんな不鮮明な写り方ばかりだった・・・残念だぁ~!(爆)
夜に写すと光るので鮮明に写り多色が見えるんだろうけど、やっぱり日中は写らないね。
これなんか夜にはキレイな光に写ると思うが、日中は光らないので本体が見えてしまい、「おいおい、正体が見えてるよ」になってしまってる(笑)
c0331825_09194299.jpg
多色が写るとこんなにキレイなんだけどね(笑)
こういう多色のはよく写るのでそのたびに載せているが、今までに似たようなのを載せてきたけど、この写真も含めて掲載してきたのは全部違う写真だ。
とにかくカシオがこういう異次元風の多色をよく写す・・・なんでだろうね?
こんな多色の異次元風が写るのも、やはり何か意味があるのだろうと思っているのだが、今はまだその意味は分からない・・・
c0331825_09252744.jpg
c0331825_09254197.jpg
もっと異次元風になるとこんな感じで、ちょっと怖いかも?(笑)
これはS120が写したものだが、このカメラで写すとよりリアルになって、しかも壊れていってるように見えるから余計怖い・・・
c0331825_09310779.jpg
夜に写るとこんな感じで、光り輝きとても美しいのにね(笑)
c0331825_09574229.jpg
しかしその光り輝いているのに目がくらみ、実体が見えない。
実体が写る昼間に写したいが、こうも不鮮明だと何なのか捉えどころが無いや、とちょっと今は意気消沈気味(笑)
もっと自分の能力がアップするまでは、やはり夜のほうがいいのかなぁ・・・などと、悩み多き秋に突入中・・・
でもいくら考えてもすぐに忘れてしまい、その通りにしたことが無いというアバウト人間だからね。
気が向いたときとか気が付いたときに写す、これが多分今の自分に一番合っているのかもしれないなぁ~、と思う秋の夕暮れかな(爆)

by yururiya_yurayura | 2015-09-12 11:30 | 未確認飛行物体 | Trackback | Comments(4)

S120もがんばる!(笑)

この国は温帯気候なので四季があるが、その四季も無くなりつつあるのかな?
8月下旬からいきなり秋の気候になり、夜など窓を開けていると寒い日がある。
真夏の次は晩夏のはずなのに、今のこの気温は初秋じゃないの?と思えるのはなぜ?
いきなり10月中旬の気温になったりするのは変だし、昨年までは秋分の日くらいまでクーラー入れてたのに、今年は8月下旬にスイッチを切ってから後は入れていないというのも、暑い関西の夏の地方では近年稀なる事だ。
あれだけ最高気温を更新しても、その暑さが続かないって・・・この変化は、地球自身が大きく変化させているのかもしれない・・・
また生きもので青い顔を持つ黒い熊が撮影されているが、この熊がフェイクでないのならもう絶句するしかない!
今この時期に、なぜこの異形とも言える熊が現れたのか?
他にもメキシコで雹が降り死者が出ていたり、ロシアのシンクホールが今も拡大し続けていたりと・・・このサイトを見るたびに、もう世紀末の様相か?と思えるようなことが日々起きているのが怖い!

地球の進化ほどでもないが、私もほんの少しずつでも進化しているようだ(笑)
エネルギー体が現れる出入り口を写してきたのはカシオの方だが、今はもうS120でも写るようになっている。
カメラの機能の違いからか、エネルギー体や未確認飛行物体がよく写るのはS120で、龍神やキラキラのエネルギー体や壁のような出入り口や異世界がよく写るのはカシオの方。
それぞれの目的に合わせて使い分けているが、そこは異世界のことなのでタイミングよく写るとは限らない。
だからオーブがよく写るときは、出入り口を鮮明に撮りたいのでカシオを使っていた。
でもS120でも写ることを確認できたので、写り方の違いは機能だけとは限らないかもしれないなぁ・・・と思う今日このごろ(笑)
このS120が写した写真1枚で結構いろんなものが写っており、「これこれ、この写真を見て勉強しなさい」と言われているような気がする・・・あはは(^^;;
c0331825_11185608.jpg
まず上部で光っている部分、これはエネルギー体が近くにいるので光っているのだが、極小のオーブや未確認飛行物体や、青い多分未確認飛行物体だろうと思えるのが写っている。
カットすると益々増えるオーブ、いったいどれくらい飛んでるんだろう?
c0331825_11175757.jpg
次に左端をカットしてみたら、出入り口を開けるエネルギーに押されたオーブが、円の周りで壁状になっているのが分かる。
c0331825_11244466.jpg
今までなら、こういう出入り口は黒くぽっかりと開いた穴のように写っていただけなのに、少しずつその実体をS120も写すようになってきた。
これを私の進化というかS120の進化というか・・・そこが問題だ!(爆)
これは右端の部分をカットしたが、より壁状に見えトンネルのようになっている。
c0331825_11593934.jpg
渦巻いているので、じっと見ていると目が回りそう(*^^*) フフ
まあそれは目の錯覚だけど、これなんか下の方に半分しか出入り口が写ってないからか、なんか遠近を感じさせるという・・・視覚は人それぞれの感性だが、これも錯覚の功罪の一つかも?(笑)
c0331825_12431425.jpg
カットしてみたら、押すな押すなの満員御礼状態(爆)
次々とこうやって色んなものが出てきてるようだが、欠けたようなオーブはいつも写る未確認飛行物体だから、やはり彼らの作った出入り口ということが分かると思う。
c0331825_12453910.jpg
我々には想像も出来ないような大きなエネルギーが動いているんだろうね。
でもその動力源はほんの少しでいい、たとえば宇宙に遍満する宇宙エネルギーとか・・・それを自在に使えるのが科学の進化であり、その科学を進化させることがヒューマノイドの本当の意味での進化ではないだろうか。
平和に暮らすだけの星でもいいが、この膨大な無限大に見える宇宙には、どんな生命体がいるか分からない。
平和思考の星人もいれば、侵略や戦闘を生きがいにしている星人がいるかもしれない・・・地球のように自給できる星ではなかったら、生きるために必要品の収集をしている星人もいるかもしれない。
ヒューマノイドも食用と聞いたことがあるので、食べられるのはイヤだから私は宇宙には行きたくないけど(笑)
争うことは絶対に避けるべきだが、かといって自己防衛も出来ないような星人であっては侵略されるだけ・・・それを科学力でカバーできて初めて進化と言えるのでは?
たとえば、住んでいる星を他から見えないようにカモフラージュ出来る科学、相手の武器を無力化出来る科学、防衛には最適化された人工生命体を創れる科学・・・
平和に暮らしているだけの星人がそれらに対抗できるのかな?まず出来ないだろうね・・・黙ってされるがままで、そして座して滅びるのか?

海外ドラマのスタートレックの最後のシリーズで「エンタープライズ」というのがあるが、その中に映画のファーストコンタクトとは真逆の行動をしたらどうなるか・・・の話がある。
コクレーンがバルカン星人とファーストコンタクトをしたときに、映画の中とは反対に「それ~!、奪え~!」とばかりに、地球人たちがバルカン星人たちを殺して略奪をするというのがあり、その世界はその行動に応じた未来があるという・・・
そう、その後の地球は極端な弱肉強食の世界になり、何事も「奪う」ことが主体となった世界が展開している。
見ていて思わず、「平行宇宙にはこんな世界があるんじゃないの?」と思ってしまった。
しばらくしてから、やはり今の地球よりももっと酷い平行宇宙もあるというチャネを読み、この地球に住んでてよかった!とほっとしたのを覚えている(爆)
私はこういうシンクロが結構多く、不思議に思うこともしばらくすると知ることが出来るのでありがたい。
多分・・・その時の私の思考を読んで、エネルギー体から必要な知識をシンクロしてもらえてるのでは?と思っている。
しかし、その時の考え方が正しいかどうかくらいは聞けば分かることだけど、哀しいことに私にはその起きた物事の深い意味での知識が無い。
だから聞いても分からない・知らないことだらけ・・・まだまだ勉強かなあ・・・

秋になると空気が澄み、星の見えない都会の空でも多少は見えるようになってきた。
でも今出ている星では、シリウスのように大きな龍体が写らない・・・なんだかシリウスの龍体が懐かしい気がする(笑)
こんなに大きいもんね~
c0331825_12144915.jpg
c0331825_12145669.jpg
写せるようになるのにはまだもう少し時間がかかるけど、あの虹色の龍体に出会えるのかと思うとワクワクする(笑)
c0331825_12260595.jpg
でもね・・・見えている星は静止して動かないのに、ズームアップすると動く龍体がなぜ液晶画面で見える?
やはり言われているように、私たちが見えていると思っている星たちは、実は空に実際に存在しているのではなく、現実に見えているのはホログラムなのかも?
だから等倍に見えるものは静止していて、拡大したら現実に存在しているものが動いて見えるとか?
う~ん・・・不思議な世界だ・・・
でもこの木星の龍体は私が写したもの、この龍体は実際に存在するのか・・・それともこれもホログラム?
c0331825_12310053.jpg
自己流だけど、色々と妄想すると空を見上げることも楽しくなる(笑)
小さなときからとにかく星空を見るのが大好きだったので、それが高じて写真を写すようになったのかもしれない・・・( ̄ー ̄;

これは少し前だけど、8月1日のブルームーンと私のエナジーとのコラボの写真(笑)
普通に写るとこんな感じ・・・
c0331825_13023522.jpg
異次元風に写るとこんな感じで写り、プラーナやオーブが現れているのに、エナジーそのものには変化は無い。
やはりエナジー・・・エネルギーそのものは、次元を変わってもその影響は受けないということなのかな?
お月さんは卵の黄身のようになってるのにね(笑)
c0331825_13010767.jpg
うん、これも中々面白い!(爆)

by yururiya_yurayura | 2015-09-08 17:30 | 異次元 | Trackback | Comments(0)

カラスはどこへ?

秋雨前線が停滞し、全国的に不安定なお天気が続いている。
雨雲レーダーを見ていても、真っ赤な色の雨雲が多いし・・・どんだけ降るんや!と思わず言ってしまうほどのゲリラ豪雨、それが赤い部分なのかな?
そんなゲリラ豪雨のような雨の中を、なぜかカラスがその雨雲に向かっているような写真が撮れた。
あの豪雨の中をよく飛べるなぁ、カラスほどの大きさの体なら雨に打たれると飛べないはずなのに・・・
c0331825_07542269.jpg
この写真を見た時に、「ああ・・・やっぱりなぁ・・・」と思ってしまった。
なぜならこんなチャネリングがあるから、これを読んだときに「カラスと猫ね・・・やっぱり?」と思ったのだ。
というのは、職場の窓は天井までガラス張り、そして北向きで山が見える。
目が疲れたときにはしばらくボーっと山の緑を見ていたが、よくカラスがこうやって上空を目指して飛んでいた。
正面に見える山の高さを地図で調べたら275メートル、その山の上にある雲を目指して飛ぶのだ。
その雲は低く見積もっても山の高さの倍くらいあるのでは?と思うが、その雲の中に旋回しながらカラスが入っていく。
「へぇ~、カラスって凄い上空まで飛んでいくんだ!」と最初のころは驚き、雲の中で遊ぶのかな?なんて単純に考えていた。
しかしある日、山の上空には小さな雲が一つしか浮かんでなくて、キレイな青空が広がっているいいお天気の日に、やはりカラスが旋回しながら雲の中に入っていく・・・
ボーっとして見ていたら・・・西から流れてきた雲が東に去っていったのに、カラスが空にいない!
「えっ?」と思わず椅子から立ち上がって窓際に行き、カラスが飛んでいないか探しに行った。
南側は海・・・雲は海の上を飛んでいく・・・カラスは山に住まう生きもの、海に行く雲の上でじっとしているはずもなく・・・
後は青空が見えるだけ、カラスは何処に?とカラスを探し回ったことが何度もあるが、このチャネリングを見て納得した。

建物が豪雨でかすむほどに降っているのに、なぜにカラスは空に向かう?
雨が降ると鳥たちは濡れないように避難するはず、なのにカラスは垂直に近い飛び方をして雨に向かっている。
この豪雨をもたらしている雨雲の上に行き、他次元に行くためなのかな?
不思議な生きものカラス、このチャネリングの内容を知らなかったら、またもや「なぜ?」が続き思考を悩ましていたかもしれない(笑)
何度も雲の中に消えていくカラスを見ているし、猫ボランティアをしているので猫の不思議については沢山経験している。
まあね、もう今では少々のことでは驚かないけどね、益々根性が出来てきて嬉しい限り!←それがいいのか悪いのか(爆)

人間だけがこの地球上の生きものではない、こんなに沢山の生きものたちがいて、そしてこんなに沢山の不思議や面白い物語を見せてくれる。
地球は宇宙の中でも、動植物の種の多さでは突出している星だそうだ。
そのお陰で多種多様な気候と生きものが発生し、我々はその恩恵に預かれている。
地球に住まわせてもらっている人類は、そのありがたさも知らず消費するばかり・・・そしてその恩恵がどれほどのものかも考えず知ろうともせず、ただひたすら多くの動植物の殺戮を繰り返し、数え切れないほどの種を絶滅をさせている。
これからは人類が犯した間違いを地球自身が修正するとか・・・その修正の段階で多くの天変地異が起こり、人類が激減するとも言われている。
そう、この星に必要な人たちだけを残して・・・それはいつ始まるのかな?もう始まっているのかな?・・・誰が地球のガ-ディアンになれるのかな?

豪雨でも日中に写真を撮ると、オーブなどはぼんやりとしか写らない。
c0331825_09220303.jpg
でもそんな中にこんなのが・・・ちょっと小さすぎてよく分からないけど、オーブの中に混じって写っていた。
c0331825_08291426.jpg
c0331825_08292221.jpg
c0331825_08293154.jpg
こんなのも写ってたけど(笑)
c0331825_09225098.jpg
c0331825_09231484.jpg
この光っている部分はライト?、それが夜にはこんな感じで写るのかな?
c0331825_08312060.jpg
これはどちらもS120で写しているが、大きなエネルギー体と一緒に現れたので、彼らはエネルギー体と行動を共にしているのかな?
写真を見ていると想像の世界で遊べる、それが楽しいので写すんだけどね(爆)
c0331825_09262375.jpg
赤・青・黄・緑・オレンジ・紫・・・本当に沢山の色が写る、これはみんな未確認飛行物体なんだろうかな?
日中に写すとライト以外の機体(かな?)が写るので分かるが、こうやってオーブの中に混じって飛んでるのが、沢山の色になって写るんだろうか。
特に異次元風に写ると色の違いがよく分かるが、異次元風はカシオの得意分野だ(笑)
c0331825_08330125.jpg

c0331825_08363262.jpg
上記のとは違う写真だが、大きく写っているのがあったので一部分をカットしてみた。
これは・・・オーブじゃないな、写っているのは全部未確認飛行物体だな。
多色に写っているのは、みんな未確認飛行物体なのかもしれない・・・
c0331825_09105908.jpg
S120で写った異次元風だが、小さなプラーナが飛び回っている。
でも大きく写ってるのは・・・これも未確認飛行物体だね・・・まるで二重写しのよう、こうやって常に多次元とは重なっているのだろう。
c0331825_09182944.jpg
同じくS120で高いフェンスのある公園で写した異次元風だが、こちらはよりはっきりと写っており、見ようによっては怖いかも・・・(笑)
黄色く写っているのは街灯を媒体にするエネルギー体、他は未確認飛行物体かもしれないと思っている。
連続して写ったのだが、S120が続けて異次元風を写すのは珍しい、しかもこんなに大きく写すなんて・・・なんか近寄って見にこられてるような気がする(笑)
c0331825_09473845.jpg
c0331825_09474709.jpg
普通に写るとこんな感じだが、異次元風とはまるで別世界のよう・・・同じ場所なのに。
c0331825_10144600.jpg
ひとつの時間軸で繋がったという13の次元、ならば他次元とは行き来できるはず・・・だけど、三次元の人間には三次元以上は行けないらしい。
自分のいる次元から下の次元には行けるが、上の次元にはいけないとか・・・上の次元って何?
必ずしも言われているような、光り輝く高貴?な世界ではないらしいけど。
いずれにしても未知なる世界、どんな世界であろうとそこに向かっているのなら、それはチャレンジ精神で受け止めるしかないのでは?
でも私はそれを楽しみにしてるという・・・こういうことを言うのは、かなりの奇人変人の部類なんでしょうけどね(爆)

by yururiya_yurayura | 2015-09-05 09:51 | 不思議な写真 | Trackback | Comments(2)

「気」の変化というか・・・

ここのところ日本近辺のお天気が不安定で、強い雨の余り降らない地域なのに結構な降りの日がある。
そんな雨の日に写真を写しても、強い雨の割りにはエネルギー体や未確認飛行物体が写らないので、それがちょっと「?」なんだけど。
それになにやら画像が不鮮明・・・1枚2枚なら「迷」カメラマンだから当たり前だと納得するが、何枚も続いてモノクロに近いようなのが写ると、やはりどうなってんの?と気になるし・・・
う~ん、これは私だけかもしれないんだが・・・なんか大気の気配というか自分の周りの雰囲気というか・・・すごく不安定な気がして仕方がない。
大気がユラユラと揺れている?ぐるぐると回っている?そんな感じかなぁ・・・
歩いていても目まいがし、特に狭い場所や横にあるものの空中認識がおかしくなっていて、ふらっとよろめき壁などに当たるときがしょっちゅうある。
それも歳のせいだと言われればそれはそうだけど(笑)、それにしては尋常でない目まいなんだよね・・・病気?・・・目まい以外特に症状はないのに?( ̄  ̄;) うーん

9月1日午前2時過ぎに豪雨注意報が出たので写したが、かなり暗くヒトグラムを使って薄くしないと何が写ってるのか見えなかった。
しかも周りの木々の色がモノクロに近く、薄くしても少ししか緑色が出てこない。
c0331825_12355251.jpg
次に写ったのがこれ、エネルギー体が何体かいてその近辺から何かが出てきているように見えるので、そのエネルギーの影響で色が無くなってるのかもしれないし・・・でもまあ異世界のことだから、何が理由が分からないけどね(笑)
c0331825_12344882.jpg
とにかく鮮明に写らない、こんな感じの薄ぼんやりだし・・・何が変わってきてるんだろう?
c0331825_12564400.jpg
これはオーブ?・・・ではなくて未確認飛行物体だろうと思う。
c0331825_12551757.jpg
最近よく写るようになったが、多分これと同じだと思う・・・こちらは上部が変化している。
このタイプが頻繁に写り、時には上半分が変化して強烈に輝いているときがありで。
誰か尋ねれば別プレアデスだなんて言ってるけど、まあそうだということにしておきましょう。
どうせ「あなたの知らない世界」のことだし、その異世界からの訪問者の言うことだし、今後について何か直接関与することもないしで、そう言うのならそれでよしが私のスタンスだから(爆)
c0331825_13015465.jpg
c0331825_12584436.jpg
かなり以前に「ファジー」という言葉が流行り、買ったアイロンの取り扱い説明書にまで「ファジーな・・・何たらかんたら」の文字が入っていたことがある。
当時「宇宙はあいまい、ファージーなのだ」とかいうアカデミックな報告があり、そのまま流行語になったようだった(笑)
そして宇宙の基本は「スフィア」だと言われているが、その形も不定形で真円ではなく絶えず形が変わっている、この宇宙の外縁も揺れ動いているので形は不定形・・・だからファジーであいまいなんだそうな(笑)
もうかなり以前の話なので、その後に諸説は変更されてるかもしれないけど、私はこの話が好きでファジーやあいまいという言葉が好きで・・・そう自分の人生の明日は分からない、いや1時間後も分からない、実に未来はあいまいで揺れ動いているからファジー、あいまい過ぎる未来を生きているのが人間だし(爆)
それに「これ!」と何でも形を決めてしまうことが苦手だから、あいまいであることと絶えず変化するファジーであることは、人間するのには楽だしね(笑)
ちなみに、ファジーなアイロンを買ったのはいいけど、スチームが機能不良でアイロンを当てたブラウスが焦げた!
ファジーすぎるやろ!とメーカーに電話し交換してもらったが、ファジーの別バージョンの面白かった経験もあったりで・・・(^^;;;

未確認飛行物体が写るのが少なくなったといっても、全く写らないのではない。
でもそれが未確認飛行物体なのか、それともエネルギー体なのか・・・見分けがつかないだけでして(笑)
赤い流星のようなエネルギーをタイミングよく写せると、こんな初めて見る未確認飛行物体かエネルギー体かわからないのが写る。
c0331825_13083513.jpg
これは何機かの未確認飛行物体?それとも何体かのエネルギー体?
未知なる世界からの未知なる訪問者・・・「あんたさんはどなたで?」(爆)
c0331825_13095288.jpg
同じ日に写したのにこんなのがあるが、似てる?似てない?
二つ目があるように見えるけど、上記のも同じようにあるよね?
c0331825_13105620.jpg
じゃあこれは?同じもの?違うもの?
c0331825_13120782.jpg
何も写ってないと思っても、大きなサイズの解像度にしているから、こんなのが時々見つけられるので楽しい(笑)
何者か知らないけど、見つけたときは「ふふふふ、見っけ~!」と喜んでるが・・・でもね、直接会いたいとは思わない。
なぜなら、どこの誰かも分からないし、何が目的で来てるのかも分からないから。
宇宙人に対して免疫のない地球人は、宇宙人は全部が「善きものたち」と思っているようだが・・・
果たしてそうなのか?そんな善意に満ち溢れた宇宙なのか?誰もが助け合って穏やかに暮らしている宇宙なのか?
そんなことは信じられない!・・・なぜなら、そんなお花畑な宇宙なら、どうしてこの地球の惨状を見ていない?見てみぬ振りをしている?なぜ助けに来ない?
などの不審に思うことが多々あり、映画の「インディペンス・デイ」や「宇宙戦争」の世界の方が真実に近いのでは?と思っているのだ。
でもまあ信じる世界は人それぞれ、夢を見るのも良しだし現実の追求をするのも良し、人はそれぞれがそれぞれの生き方を選べるからね。
だから自分が信じる道を進むのも、これまた良しなのでは・・・

by yururiya_yurayura | 2015-09-01 17:39 | エネルギー体 | Trackback | Comments(2)