ブログトップ

夢か現か幻か・・・

yume712.exblog.jp

カテゴリ:オーブ( 19 )

濃霧の時の写り方の違い

先日の濃霧の日に使ったカメラはpowershotS120とカシオだったが、同じ場所で写してもこれだけ違うのか!と驚くほど写り方が違っていた。
カシオが写したオーブの団体さんだが、これはすごいね!
c0331825_15053867.jpg
これをパソコンで見たときは笑ってしまった。
豪雨の時とまた違ったオーブの量や形なので、やはり水として落ちてくる雨の時の水滴と、霧のような細かい水滴とは写り方が全然違う・・・いえまあ、それが当たり前なんでしょうが(笑)
よく分かるようにと、ある会社に入る通路のナトリュウム灯も一緒に写したのに、下のほうにぼんやりとしか色が出ていない。
豪雨の時でもけっこうはっきりと写っているオレンジ色の光は、さすがに濃霧の時はぼやけてしまうようだ(笑)

同じ場所をS120で写すと、ナトリュウム灯もオーブもいつもと同じ形に写っているし、中心に出入り口も写っていた。
あれ?なんでこんなにカシオと写り方が違うんだ?と不思議だったが・・・
カシオで写すとあれだけぼんやりなのに、S120はこの写真などはいつもと変わらない状態で写していた。
写す対象が雨ではなくて濃霧なので、いつもと違うように写るんじゃないか?と思ったんだけどなぁ・・・
c0331825_15174602.jpg
続けて写しても、いつものオーブと同じ形だと分かるように写っているのがカシオとの違いだった。
こちらは中心に出入り口があるのが分かるし、オーブが渦状に動いているのが分かると思う。
c0331825_15144098.jpg
これは地上から写したものだけど、若干ぼやけ気味のオーブたちだが、それでもいつも通りの写り方なので、S120の場合は雨とか霧とかの違いがあまり無いってことなのかな?
ということは・・・通る水分の状態には関係なく、電子はいつも同じ状態で水を通過してくるってことなのかな?
三次元的発想で、お天気の状態が違うと写る形も違うのでは?と単純に思ってしまったもんで・・・(^^;;
カシオと同じくらい真っ白に写ったオーブたち、この日は凄い濃霧だったんだね・・・って、なにを今更ですが(笑)
c0331825_15275154.jpg
c0331825_15292453.jpg
こちらは8階の高さの所から空中を写してみた。
いつも画面全体に写るはずのオーブが、この時は右側半分が黒くなってオーブが写っていなかった。
そして真ん中にはくっきりと出入り口が・・・
c0331825_15311773.jpg
すぐに続けて写してみたらやはり右側が黒かったが・・・何か?誰か?目の前を横切っていたのかな?
左側の白い部分はエネルギー体なので、多分写り方の違いというだけでは?、同じく別なエネルギー体が通っていたのだと思う。
c0331825_15315334.jpg
異常な天候の時は、やはり写り方も異常になるのかな?(笑)
まあね、未知なる世界のほんの端っこを覗いているだけだもの、まだまだ「知らんかった~!」が沢山あるのでしょうよ。
未知なるもの・・・それが大好きなので、ワクワクしますね(爆)
これもS120が写す未知なる世界、異次元か?他空間か?
c0331825_15452060.jpg
光っている点状の部分を頂点と考えると、向いている方向は真ん中の光の方向・・・この場合は、高いフェンスのある公園のいつもの水銀灯だけど・・・
やはり街灯を媒体として、誰かがそこに存在している?・・・だから全体がその方向を向いている・・・のかな?
などと、小さな物語を作って遊んでおります(爆)

こうやって見てみると、わずか2台のカメラででも写り方が全く違う。
膨大な量のカメラがあるだろうから、「これが彼らの本来の姿」というのは写せないと思っている。
これも本来の姿・あれも本来の姿・・・そう、非物質界のエネルギー体はどのようにでも変化できるから・・・
能力やパワーの強い非物質体は、極大にも極小にもなれるし、物質体にもなれるそうだ。
だからこうやって写してる彼らの姿は、カメラの能力に合わせて写っているだけ・・・ということだと思う。
同じものを写しても、カメラによって全然違う形や色に写るのだろうしね。
でもそれでもいいんだ~、人の目には見えない世界をほんの少し見せてもらえただけで、それだけで満足・・・うん満足してます(⌒⌒)v

by yururiya_yurayura | 2017-04-25 19:17 | オーブ | Trackback | Comments(0)

これってオーブじゃないよね?

オーブの真ん中の黒く見えている部分に、何やら金属的?なようなものが写っていたことがあるが、またまたそんな写真が写っている。
オーブが写っても、これまでは真ん中部分がはっきりとは写らなかったのに、ここに来て真ん中部分に何があるのか分かるような写真が撮れるようになった・・・なんでじゃ?
普通にオーブが写ると言っているのはこんな感じ、でもこれも本当にオーブか?と怪しんでるんだけどね(笑)
c0331825_12005445.jpg
c0331825_12010571.jpg
c0331825_12020355.jpg
でもこれってオーブ?とずっと不思議に思ってきた、なぜって?・・・オーブって文様入りなの?(笑)
そして中にはこんなオーブも写る、丸くて黒い小さ点状のポッツンが一つか二つか三つ有るのはなぜ?・・・これは何?と、ずっと気になっていた。
c0331825_12065782.jpg
c0331825_12070715.jpg
通常見えている形のオーブと、真ん中部分が怪しいオーブが並んで写っていた。
c0331825_12085131.jpg
右側の怪しいと思っているのをカットしたら・・・やっぱり真ん中の部分が変だよ~
c0331825_12085760.jpg
3倍にしてみたが・・・う~ん、ぼやけててよくわからないなぁ・・・
c0331825_18101145.jpg
これは二つ?二機?並んで写っていたが、どちらも黒い部分がはっきりとしている・・・もっとも黒い丸の位置は違うけど(笑)
c0331825_12120458.jpg
なんだこれは?とブツブツ言いながら写真を眺めていたら、こんなのがあった。
c0331825_12131779.jpg
あ~っ!これってオーブじゃないよ!
ということで、もう少し拡大してみよう・・・う~ん、少しぼやけてしまったけど、やっぱり金属的な感じがする・・・よね?
c0331825_12135705.jpg
丸いのでこんなのもあったけど・・・
c0331825_12153924.jpg
ちょっと分かりにくいので拡大してみた。
やっぱりこれも金属?のような物に見える・・・未確認飛行物体ならここが本体なのか?
だったら他の部分は円盤?それともシールドで見えないようにしているとか?
c0331825_12160923.jpg
これなど不可解な黒い丸がいっぱい、こうやってカットしてみるとやっぱ変だよね・・・
c0331825_18024856.jpg
というのは、時々こんなのが写るから・・・まるで透明偽装しているような・・・この三次元世界でも人体の透明化が出来るようになっているらしいから、科学の進化した彼らなら透明化など当たり前のシステムだと思うけどね・・・
半透明に写っているが、これは透明化の解除中?それとも透明化中?
c0331825_12211229.jpg
カットしてみた、重なっている部分が透明で後ろにいるのが重なって見えてる。
そして大きな黒丸のあるのが幾つかいる、これはオーブなのか?
c0331825_12222675.jpg
この文様入りのオーブ?は、持っているカメラの中でキャノンのpowershotS120でしか写らない。
多分レンズの関係だと思うけど、他のキャノン製品もカシオも文様は入らなくて、こんな感じにしか写らないのだ。
これはカシオ。
c0331825_12261528.jpg
でも中にはこんなのがカシオででも写る、これは未確認飛行物体だろうね。
このカシオで写したのも、黒い部分が怪しい(笑)
c0331825_12270515.jpg
A3200もIXY3もよく似ていて、S120のような文様入りには写らない。
でもね、この文様入りが怪しいと以前から思っていたのだ(笑)
これは黒丸だらけ・・・この黒丸の中身が見えるといいんだけどね・・・よく見えないのが残念!
これを見たらもっと怪しい!と思うようになった!
けど、これだけ黒い部分があると、なんで?とまた分からなくなった・・・文様はいつも写るオーブのよう、でも壊れてる・・・これは何者?( ̄ー ̄;
c0331825_12311279.jpg
ずっと写してきて、このオーブの文様が入っているのが気になって仕方なかった。
しかも形は円形や楕円があるし、文様もよく見るとかなりの種類があるし、その上に何色もの色付きもありで・・・この頃は、益々頭の中の混迷の色が深くなっております(爆)

小さな丸い粒子のようなものが一緒に写っている、これがオーブなのかな?
c0331825_12492784.jpg
赤いエネルギー体と一緒に現れたけど・・・これはオーブじゃないな!
文様入りのオーブ?も左側に写っているが、出てきた時期は違うような気がするので別物かな?
c0331825_12580500.jpg
これもオーブとは思えない・・・ぶっ壊れてるのがあるし・・・
しかし真ん中に異次元の出入り口があるが、オーブか未確認飛行物体か知らないけど、よくこれだけの数が出てくるなぁと、現れるのが物凄い数なのでいつも感心している。
で?彼らの行く先はどこ?←これが一番の知りたいことだけど・・・(笑)
c0331825_13044830.jpg
こんなのや
c0331825_13240728.jpg
こんなのが写ったが、彼らが何者で何をしに地球に来ているのか・・・
c0331825_13263062.jpg
知りたいような知りたくないような・・・(笑)
今までオーブだと思っていたものが、実はそうじゃないような・・・そんなのが写ったら、これはまたしばらく追いかけて写さないと!
と、新たなる課題を楽しんでいる今日この頃(爆)

by yururiya_yurayura | 2015-11-23 13:31 | オーブ | Trackback | Comments(0)

何事もなく10月になった~

天体イベントの多かった9月も無事終わり、大きな事件も事故も災害もなく無事10月を迎えることが出来た。
様々な予言やら忠告やら歴史上の出来事やらが取りざたされた9月・・・無事に過ぎてくれて、ある意味ほっとしたかも?(笑)
9月9日の重陽の節句が、1年中の節句の中で一番重要だといわれているので、やはり9月という月は古来から1年の中の最重要な月なんだろうかな?
昔は現代人が持っていない能力を持っていた人がいただろうと思う、彼らから伝わる伝承の中にはそんな能力者からの伝言があるのかもしれない。
神話も昔話も民話も形を変えた伝承、その中には古人が伝えたいと思うことや出来事が含まれているのでは?・・・なんて思っている。

9月に限らす今の時代は大きな災害がいつ来てもおかしくない。
環太平洋地震帯は揺れまくっているし、火山帯は火を噴くまくっている。
そしてアメリカでは太平洋側が酷いことに・・・中でもカリフォルニアの水不足は深刻で、一夜にして湖の水が無くなったり、水がないので都市が砂漠化するため、砂漠からガラガラヘビが街中に現れるようになったりとか・・・
水不足と毒蛇との二重苦とは、住民は大変だろうと思う。
しかし地球が天変地異を起こすと、ある日突然サバイバルをしなければならなくなる。
その時にどれだけのことが出来るか・・・生き残りをかけたサバイバルになったときに、あなたはどこまで出来るか?
いえ、私は何も出来ません(笑)
この動画を見たあとはしばしボーゼン、何もない所から小屋を作れるって・・・人間一人の力でもやろうと思えば出来るんだ!とちょっと感動した(笑)
でも昔は自力で自宅を建てたりしてたんだよなぁ、今は完全分業化してるから出来なくなってるけど・・・
文明の進化と共に人が無くしたもの、沢山あるんだろうね。

10月になったとたんに爆弾低気圧が日本列島を駆け抜けていき、各地の交通機関などに影響が出て市民生活を狂わせている。
文明の利器は日常にはとても便利だけど、自然の前では無用の長物と化す・・・いやいや、その文明の利器の恩恵に預かっている者の言うせりふではないですが(笑)
激しい雨も強い風に流されて、まるで霧が流れて行ってるように見えていた今回の暴風雨、自然の中の力比べだよね・・・はて?どちらの方が強いんだろうか(^^;;

しかし最近写す写真はオーブが多く、エネルギー体や未確認飛行物体は余り写らない。
それがなぜかなんて知らないが、彼らには彼らの都合があるんだろうと思っているので、気にはならないけどね(笑)
なぜなら、また違った形で写っているから・・・
最近オーブに混じって沢山の色が写るが、この日にもこんなに沢山の色の付いている光点が写っている。
光点とはいっても、この多色は未確認飛行物体だろうと思っているから、大きく写らないだけで来ているのは来ているようだ。
c0331825_11050728.jpg
c0331825_11071553.jpg
点々と写っている沢山の色のついた光点は、以前はオーブかな?と思っていたが、今はもうそんなことは思っていない。
彼らは未確認飛行物体だ、左下の隅に出入り口が渦巻いているので、そこから今夜は出動だったのだろう(笑)
c0331825_11084070.jpg
それに白い色はオーブ?・・・そんなことは無い、彼らも多分未確認飛行物体・・・
今回面白いオーブもどきが写った、今までにこんなにはっきりと中心部分が写ったことがなくて、この写真を見たときは思わず「幽霊の正体見たり枯れ尾花!!」と呟いてしまった(爆)
c0331825_11110892.jpg
中心部分をよく見ると、今までは黒くしか写らなかった部分なのに、これにはそこに何かあるように見える。
で、2倍に拡大してみた。
c0331825_11123594.jpg
「出た~見えた~」という感じで、これは多分だが未確認飛行物体の中心部分では?と思える。
円盤状の未確認飛行物体、もちろん母船なんかではなくて一人乗り用か無人機だろうけどね。
写真に写ったといっても次元が違うので小さく見えるが、実物は本当はもっと大きいのだろうと思う・・・なにせ肉眼では見えないので、そう想像するしかないけど・・・
でもやはり私の思った通り、今までに写してきたのはオーブばかりではなくて、中には未確認飛行物体もいたようだ。
しかしだ!そうなると「オーブって何?何者なんだ?」の原点に戻る、そしてエンドレスな妄想の世界が始まる・・・(爆)
まあ、それはいつか解明されると思っているので、今は未確認飛行物体の分からなかったことが一つ分かった、これで満足しよう!・・・かな(笑)

十五夜の次の日はスーパームーンだそうなので、またまた写してみた。
でもね、前日と変わらん気がするが・・・「月々に月見る月は多けれど 月見る月はこの月の月」、十五夜もスーパームーンも名月だった(笑)
何かの漫画の中にあったせりふで「姿変われど名変われどそれはそれ」っていうのがあったが、なんてぴったりな言葉なんだ!と感心したことがある。
そう、「三日月」「半月」「上弦の月」「下弦の月」「新月」「満月」エトセトラ・・・でもみんな同じお月さん。
情緒豊かな日本人は、親しみをこめてお月さんの変化を楽しんだのだろうね。
c0331825_11403538.jpg
カシオで写したお月さんは、こんなに青かった・・・周りがですが(;´▽``
月光は青って誰か言ってなかったけ?まさにその青!キレイだったよ~
c0331825_11414982.jpg
雲がかかると周りに傘が出来る、お月さんの周りの青い光と傘の赤い虹色と・・・雲と月光が織り成す自然の美は、見ていても飽きないね(笑)
c0331825_11453179.jpg
ほんの少し拡大して写すと、太陽の光の中の赤が反射して写って鮮やか。
波長の長い赤は赤方偏移で星の距離を測るのに使われるが、やはり写真にも波長の長い赤い色が沢山写って、お月さんの輝きとのコラボを彩ってくれた。
自然界が織り成す色の妙、いくら人間ががんばっても真似出来ないことだ。
そう、やはり自然は偉大なのだ!を改めて実感!( ̄ー ̄)v
c0331825_11501764.jpg


by yururiya_yurayura | 2015-10-02 15:38 | オーブ | Trackback | Comments(0)

壊れている?のはオーブなのか・・・

いつも不思議に思うことがある・・・それは、連続して写しているのにいきなり壊れていくオーブが写ること。
雨脚が激しいときは今までにも壊れていくオーブは写っていたし、夜明け前も写すたびに壊れていくオーブが写ったりしていた。
それは以前から同じこと、でも未だになぜそうなるかは分からず・・・って、未知の世界のことだから分からなくて当たり前だけど(笑)
少しくらいの穴ぼこオーブは通常でも写る、これはいつも通りのオーブが写っている。
c0331825_08091362.jpg
そしてこの写真の3枚目後からは、こんなふうに壊れていってる様に写るのだ。
しかし穴は沢山開いているが、形は台風のときのように変形してはいない。
c0331825_08105754.jpg
そして続けて写していくと、こうやって穴ぼこが開いたのが増えていき、出てくる軌跡もゆがんで乱れている。
c0331825_08122433.jpg
そのうちに何やらパワーが切れてきた様な感じになり、全体に薄暗くなっていくのだ。
でもこの時には軌跡はきれいな円形になり、渦の中心も分かるようになってきた。
c0331825_08141953.jpg
まあいつものことだから驚きもしないけど、なぜこんなに形が変形するのかは謎!(笑)
三次元世界の私が見て壊れていると思っていても、実際はこうなるのが通常なのかもしれないし・・・壊れているのではなく、そう見えるような変形のしかた?をしてるのかもしれないし・・・ひょっとしたら次元のゆがみのせいかもしれないし・・・と思いつくことを並べてみても、異世界のことなんだから我々の常識を当てはめようとするほうが無理かもしれない。
それに・・・この壊れているのはオーブなのかな?、ひょっとして未確認飛行物体だからこうなるとかでは?・・・という疑問もありで。
現に上記の写真から少し後には、何事も無かったのごとくいつものオーブに戻っているんだから、謎は深まるばかりなり~(爆)
c0331825_08192057.jpg
違いと言えば、壊れていってるオーブを写したのは建物の上階で、いつも通りのオーブを写したのは緑地の傍、そして写した時の雨量と時間の違いくらいかな?
でも高いところで写そうと地面の上で写そうと、壊れているのは今までも同じように写っている。
後は写す時の自分の体調?思考?の違いかなぁ・・・くらいしか思いつかないが、それも地球人の私の考え方なので、異世界の思考や行動はこの世界とは全く別物、そう思っているほうが正解かもしれない。
それにどの世界を写しているか分からない・・・次元と呼ばれる世界も多種多様だろうし、平行宇宙と言われている世界もどれくらいあるのか想像もできないしで、写しているのが異次元なのか並行宇宙なのかも分からない。
だから、そこから来ている未確認飛行物体ではないのか?という疑問が私の中にあり、いつもそのことで頭を悩ましているのだ。
でも考え出すとキリが無いから、最近ではあまり深く考えないようにし、「とにかく写った!」で終わるようにしている(笑)

しかし・・・これってオーブなのかな?
これはいつもいつも疑問に思っていることで、オーブって本来はどんな形?どんな色?どんな文様があるの?そして、オーブって何者?
以前に、オーブはエネルギー体が出しているエネルギーと聞いている。
古来から言われている金波銀波を振りまきながらというパターンかな?それが見える人がそう言ったとか?
現在超能力と言われている力は、古人には当たり前の能力だったそうだから、誰しもが見えて当然の世界だったのかもしれない。
だから古人はオーブと未確認飛行物体と生命体との見分けが出来ていた、そう思っているのだが・・・そうなのかな?ヾ(ーー )ォィ
現代人はDNAを操作されほとんどの能力を失っており、70パーセント近くあるジャンクと言われているDNAが解明されると、その能力の一部が見つかるだろうと言われている。
少しでもDNAが回復すると、オーブに見えているものたちの実体が分かるかもしれない。
でも今はまだ私は凡人だから、「彼らは何もの?」「オーブって何?」と言いながら、写真を写してはそれを見て妄想の世界で遊ぶ・・・まあ、ちょっとした自分の楽しみってことにしておこう(笑)

今までに写した写真はかなりの数になるので、時々見直しては新たなる発見をして喜んでいるのだが・・・とは言ってもたいしたことじゃないけど(笑)
このキラキラのエネルギー体の写真を見ていて、いきなりオーブのことが頭に浮かんだ。
するとそこから始まるのが連想ゲームで・・・私のいつものパターンだけど(^^;;;
c0331825_19443336.jpg
こうやってエネルギー体が動き回っていると、そのエネルギー体の持っているエネルギーというかその粒子というかが、動くたびに本体から離れて飛んでいくのでは?
それがオーブになるのかな?・・・と思ったので、ちょっとカットしてみよう。
c0331825_19461690.jpg
集合しているのもあれば離れているのもあり・・・エネルギー体の光の粒子は、こうやって飛んで離れていくのかな?
ではこのエネルギー体はどんなかな?
c0331825_19491962.jpg
やっぱり飛んで行ってるような気がするし・・・
カットしたら一部分が渦巻いて出入り口が出来てる!これはこの写真を写した2014年12月29日には気が付いてなかった。
それもそのはず、この渦巻く出入り口のことは最近やっと気づいたんだから・・・こうやって年月が経ってから写真を見直すと、新たな気づきが発見できる。
こういうことがあるので、今まで写した写真を時々見直すことをしているのだ。
この出入り口付近の粒子が飛んでるように見えるが、それがオーブになるのかな?
c0331825_19503115.jpg
同じ写真の違う部分を、原版に近い大きさに見えるようにカットしてみた。
こうやってエネルギー体が動くたびに光の粒子が飛ぶ?動く?・・・のかな?でもよく分からないけど・・・
c0331825_19552920.jpg
この日には何枚かのキラキラのエネルギー体が写った。
赤い炎のようなエネルギー体が初めて現れた日で、どうもかなり強いエネルギー場が来ていたようだった。
だからこの日の写真は特に見直している、そうすると新たなる発見が・・・そしてこれらの写真から、エネルギー体から飛んでいるのは何?もしかしてオーブ?
だったらオーブって何?の考えにスライドし、その次に最近は壊れたようなオーブが特によく写るので、どうして壊れたようになるの?に話が飛躍して・・・書き出しの文章に戻るになる(爆)

これは私の一種の病気で、目で見たことをすぐに連想ゲームしてしまい、次々と考えが飛躍してしまう。
通常は原因があって経過があって結果があるが、せっかちな私は経過を飛び越して結果だけを先に言ってしまい、聞くほうは「?」になっていることが多々ありで・・・
今日の記事は、「またやってもたぁ~」になってしまったようで・・・読みにくくてすみません・・・です<(_ _)>

by yururiya_yurayura | 2015-09-16 11:30 | オーブ | Trackback | Comments(0)

カメラによるオーブの写り方の違い

今主に使っているカメラはキャノンのS120とカシオの2台で、ほとんどをこのカメラたちで写している。
しかし写り方は全く違い、同じ場所で交互に写しているのに「これほど違うのか!」と、ちょっと感心したり驚いたり・・・(笑)
S120で写すと、こうやってオーブの形の違いや文様がはっきり分かるように写る。

c0331825_20330544.jpg
c0331825_20340150.jpg
c0331825_20351671.jpg
c0331825_20361842.jpg
もう本当に写すたびにオーブの色や形や現れ方が違うので、パソコンに入れてからそのオーブたちを見るのが楽しみなくらいだ(笑)
でもね、多分これらの多くは未確認飛行物体ではないかな?と思ってるんだけど・・・それとも、エネルギー体の出すエネルギーかもしれないし・・・

カシオで写すと全く違う姿形に写り、同じ場所で写してもこれだけ違うのかといつもビックリする。
c0331825_17442742.jpg
c0331825_20420584.jpg
c0331825_20442249.jpg
ただカシオの場合は、ほとんどが文様等は入らなくて均一だ。
拡大してみると多少の違いが分かるが、その違いを見分けるのは難しい。
時々茶色っぽいのが写るのがあり、それが違いと言えば違いだと言えるかもしれないけど・・・( ̄~ ̄;)
この茶色い色に写るのは、S120ででも時々写っている未確認飛行物体らしきものと同じだと思っている。
c0331825_20442878.jpg
c0331825_08433237.jpg
S120で写すのと同じようなのは他のカメラでは写らないが、カシオで写すオーブはA3200やIXY3で写すのと少しだけ似ているかもしれない。
これがA3200で写るオーブだ。
c0331825_20554231.jpg
c0331825_20510740.jpg
c0331825_20530532.jpg
IXY3は余りオーブを写すことは得意でないらしく、SX700と同じような感じではっきりとは写ってくれない・・・困った(笑)
c0331825_20564632.jpg
c0331825_21010462.jpg
こうやって比べると、同じ被写体を写してもかなり違うので驚いてしまう。
何が違うのか、それはレンズの性能であり各種機能であり・・・そして写す者の持てる波動であり・・・かな?
もしそうなら、他メーカーや他機種のカメラを使えばまた違う形のオーブが写るのかも・・・などと思うが、もうこれ以上持っても写せるかどうか分からないし、何よりカメラ音痴の私には別メーカーのカメラを使う勇気が出ない(爆)
カメラの機能を細かく設定することはまず無く(実は出来ない!(笑))、今はオートに設定して「カメラさんお願いね」にしている←他力本願がモットー!( ̄ー ̄;
でもね、もし私の推論があってるなら・・・他のメーカーのカメラも試してみたいという気もないのではなく、説明書を読まなきゃと思っただけで頭痛いのでパス!というのが本音・・・悩みどころだなぁ~

昨夜0時少し前から雨がポツポツと降ってきたが、雨雲レーダーを見ていたら降るようでもなかったけど?
画像を見たときから時間が経ってるので、新たな雨雲でも出来たのかな?などと考えていたら・・・いきなりザーッと降ってきたし豪雨注意報が入って来るしで、外にいたのでとにかく写してみた。
しかし雨が降らないと思っていたから軽装、しかもS120しかも持って出てないし!
そのうちにTシャツもズボンもスニーカーもびっしょり!・・・これはいけませんといったん家に帰り、着替えてレインコートを着てレインシューズを履いて、また豪雨の中へいざ出動!(笑)
地上に降りる前に廊下から空中を写してみたが、赤い炎のようなエネルギー体が揺らいでいるのが見えるほど強烈なのに、なぜかそれが写らない。
エネルギー体も余り写らなくて、写るのはオーブばかり・・・なんか変だよ?天空はどうなってるんだ?
降り始めにS120で写したオーブたち、まずは端正でお行儀のよいオーブがエネルギー体と一緒に現れた(笑)
c0331825_09035458.jpg
これは上記の写真ではなくて他のだが、いろんな種類のオーブが端正に写っていたのでカットしてみた。
c0331825_09050813.jpg
しかし・・・そのうちにこんな風にぶっ壊れたオーブが写るし・・・まあこれはいつものことだけど・・・
色つきのオーブが入っているが、これは多分未確認飛行物体ではないかなと思っている。
それともエネルギー体かもしれないけど・・・
c0331825_09070464.jpg
そしていったん帰ってから持って出たカシオで写してみたら、やはりオーブの形は変わらず・・・って、当たり前か!(爆)
c0331825_09083096.jpg
A3200でも写して見たが、やはり全く一緒だった。
ネット上で色んなオーブの写真が掲載されているけど、カシオなどに近い形のオーブは沢山見かけるのに、S120で写したオーブに似たのはほとんど見かけない。
文様入りだし各種の違う形で写るから、ひょっとしたらそれがオーブという認識がないのかもしれないね。
たまたまキャノンのS120という機種のカメラを買ったから、こういうオーブの写り方もあるんだと気がついただけ。
しかし・・・このS120という機種を買おうと思った経緯が思い出せない、ひょっとしたらインスピかなぁ・・・
こういう写真が撮れることを知るために、S120を買うようにとインスピを貰ったのかもしれない、今ではそう思っている。

持っている数台のカメラでもこれだけ違うから、もっと他のメーカーとか違う機種ならまた違った形のオーブが写ると思う。
もし興味があるのなら、同じメーカーでもいいし他のメーカでもいいから、違うカメラで写してみられたらどうだろう?
高価なカメラより廉価商品のほうがオーブは写りやすいようで、デジカメでない一眼レフは光がないとシャッターが下りないから写らないので要注意(私も苦労した・・・今は使ってないけど(笑))
以前はオーブは霊的なものだと思っていたので怖かったのに、これだけ写ると今じゃお友達気分だもんね(爆)
私は自分が経験する不思議なことの検証&実験&興味&遊びで写しているが、もしオーブを写せるのだったら他のカメラでも試してみて、その違いを見ながら妄想の世界で遊ぶのもまた楽しいと思うけど・・・ヾ(ーー )コレコレ

by yururiya_yurayura | 2015-08-26 09:52 | オーブ | Trackback | Comments(2)

オーブ様々

長い間オーブは何者なんだ?と疑問だったけど・・・未だ疑問の粋から脱出できず・・・
彼らは未確認飛行物体?それともエネルギー?、ひょっとして半霊半物質体の変化後の姿?などと、多種多様なオーブやオーブもどきが写るたびに、今も「?」が幾つも並ぶ。
多分三次元世界では理解できないと思ってはいるが、写真を見るたびにエネルギー?物体?霊体?エネルギー体?と幾つもクエッションマークが並び、益々理解できなくなってイライラ(笑)
同じものを写しても、カメラによって形も文様も変わるのでもっと意味不明が増えるだけで、オーブの実態解明なんて夢のまた夢かもしれないけど(;´▽`A``
カメラの数だけ、写す人の数だけ不思議がある・・・ってことかな?(笑)
A3200で写すオーブはほとんど同じ。
c0331825_14400145.jpg
c0331825_14513397.jpg
c0331825_14542638.jpg
IXY3は周りが二重になるのが特徴、このカメラは余りオーブは写らないようだ。
c0331825_14505749.jpg
c0331825_18325224.jpg
カシオで写るオーブは、IXY3とA3200を足して2で割ったような感じかな?(爆)
とは言っても微妙に違うので、オーブを見ればどのカメラで写したか分かるから、オーブが写るってのは案外便利なことなのかもしれない(笑)
c0331825_14592664.jpg
c0331825_14595826.jpg
で、S120で写すオーブが問題で・・・とにかく多種多様、設定をプログラムAE・オート・プラスオートムービーと変えたら、また少し違った形や文様のオーブが写る。
どのオーブが実際の姿なのかなんて全く分からないのに、こうも多種多様なオーブやオーブもどきが写ると余計分からなくなる。
半霊半物質の方なら変化自由自在ってことだし、未確認飛行物体も姿形はその時々で変化しているように思うしで、もっとややこしくなってしまう(笑)
宇宙には膨大な数の銀河があり、その中に存在する星の数は膨大過ぎて想像もできないくらいだ。
そして星それぞれに存在する生命体がいたら・・・いったいどれくらいの生命体が、この宇宙に存在するのだろう?
その膨大すぎる数の生命体の中から、今この地球救済に来てくれている存在たち、彼らは我々から見ると何千年何万年と進んだ文明を持っているそうだ。
だから、この狭い三次元世界に住んでいる者には想像もできないような生命体がいても、それは不思議でもなんでもないことだと思う。
半霊半物質の生命体も存在するだろうし、物質体を持たない完全な光だけのエネルギー体もいることだろうしね。
彼らは自身を何者にでも自由に変化させ、この宇宙を縦横無尽に飛び回っている・・・これが私の中の彼らに対する認識だ。
極大にも極少にもなれるし変化する形の制限は受けないし、無尽蔵の宇宙エネルギーを自身のエネルギー源にしているので、人間のような場所や形などという各種制限は全く無いだろうし。
だから、そんな存在は簡単にオーブなんかに変身できるのではないかと・・・思うのですが?違うかな?
う~ん・・・これくらいしか想像できないけど・・・

彼らのような存在が、宇宙の進化や安定のために尽力をしてくれているそうだ。
その彼らが今この地球に関わっているということは、いかにこの地球という星がこの宇宙にとって大事かということになると思う。
地球には多くの種類の生物が存在しているが、生態系が多様だということは宇宙の中でも希少なくらい珍しいことらしい。
地球にやってきた宇宙人たちが沢山の種の生物を地球に置いていき、必要になればその置いていった種を採取しに来ていたとか、培養していたとか・・・それだけこの地球環境が宇宙でも稀有だって事かな?
それに転生を繰り返す人間のDNAの中には、それまでの転生の記録が全部保存されているので、観察に来ている宇宙人たちはそのDNAを研究しているとか・・・だから地球は宇宙の図書館って言われるのかな?
などと面白い仮説やチャネがあるが、いずれその実体は量子学の進化とともに解明されるだろうから、今は・・・オーブって不思議なエネルギーだ~と、不思議がっていることを楽しんでいる(笑)

S120で写すオーブは本当に種類が多い。
以前はプログラムAEで写していたが、文様などは少し不鮮明だった。
でも結構変わったのは写っていて、これなんだ?も多かったけど(笑)
c0331825_18301455.jpg
c0331825_18302915.jpg
c0331825_18320170.jpg
その後設定をオートに変えたら、文様ははっきりと写り出した。
c0331825_18344278.jpg
でもこれらが・・・とても単純なエネルギーだけのオーブだとは思えない・・・この文様の違いは何?形の微妙な違いは何?などなど・・・
c0331825_18361271.jpg
c0331825_18364529.jpg
c0331825_18365182.jpg
c0331825_18370969.jpg
それにこんなのが混じって写ってるし・・・
c0331825_18383884.jpg
c0331825_18384549.jpg
どれがオーブでどれが生命体でどれが未確認飛行物体か・・・今までは写ったのを全てひっくるめてオーブと言ってきたが、これだけの違いがあると単純にオーブだって言えないよね・・・
こうやって「なぜ?」「もし?」という疑問が起きるから、人は少しずつ進歩できるのだろうと思うけど・・・

by yururiya_yurayura | 2015-07-13 18:49 | オーブ | Trackback | Comments(0)

「美しい」オーブ(笑)

カメラの設定を変えてから、写るオーブはなにやら現実的で固体を感じさせるオーブばかり写っていた。
写った中には未確認飛行物体があるだろうし、半霊半物質も写っているだろうし・・・そんな記事ばかりで、すっかり忘れられているオーブの美しさ(笑)
ちょっと雨脚が強いときに写したら、こんなにいっぱいオーブが現れる。
いつも渦の中心が出てくる方向を写すと、こうやって一気に現れたように写るのだ。
右上の虹色のオーブは多分未確認飛行物体、以前は多色のオーブなんだと思っていたが、頻繁に写るし時には壊れかけて写るしで、今はもうオーブではなくて未確認飛行物体だと認識している。
とは言っても確認したわけではないので、それが事実かどうか分からない・・・なので、言ってることをあまり信じないでください(^^;;;
c0331825_09221425.jpg
いつものことだが、写すたびに数が増えてくる。
やはり「写している」という波動に反応するのかな?
c0331825_09274319.jpg
そのうちにエネルギー体も現れ・・・金色のオーブも現れ・・・いや、これは未確認飛行物体だろうな。
c0331825_09284343.jpg
そしてついに!(爆)はじけたようにこのエネルギー体が現れ写った。
小さなオレンジ色の光体、これは多分エネルギー体だろうと思う。
うっかり写真に撮られてしまった?変化する瞬間を写された?って感じかな(笑)
右端までエネルギーが来ているからね・・・かなり大きなエネルギー体だろうと思う。
c0331825_09300997.jpg
そして見てる間に小雨に・・・出遅れたエネルギー体とオーブが、慌てて出てきたような・・・(笑)
c0331825_09311064.jpg
いきなり激しい雨が降り出して、そしていきなり止んだ。
何だったんだ?と、よく分からないお天気に振り回されしばしボーゼン(爆)
小雨になってから写したら、慌てて空に帰る龍体が写ってるし・・・(笑)
c0331825_09335068.jpg
設定をオートに変えてから、オーブの色んな文様がはっきりと写るようになっている。
プログラムAEの設定のときのオーブは、今写るオーブよりも少し濃淡がはっきりしなかったので、文様も同じくはっきりと分からない方が多かった。
こんな感じ・・・
c0331825_09411224.jpg
これはこれで「美しい」のだけど、プログラムAEでは夜空の色が茶色っぽく写り、どうしてもオーブがぼんやりに見えてしまっていた。
c0331825_09414773.jpg
でもなぜか設定が知らない間にオートになって、それを私が気づかずで写していたという・・・それぐらい気づけよ!ですが、カメラ音痴なのでとにかく写ればいいかと・・・ひょっとして誰かさんが、気づきのために設定を変えた?とか(笑)
カメラを買った当初にはほとんど何も写らなかったオート機能、それがいきなり写り出したのは未だに謎。
そのオート機能で写すと、オーブがくっきりはっきりに写り「美しい」のだ。
まあ・・・世間では怖がられ奇異なものと言われているオーブを、「美しい」というのもかなり変ですが(爆)
そりゃあね、はるかな昔に始めてオーブを写したときは怖かった!
「な、なにこれ?気持ち悪い~~~」と叫びましたよ(笑)
でも慣れって恐ろしい、今じゃ「これはキレイだ」「これはボツだな」とか( ̄ー ̄;

確かに不気味なオーブもあるが、最近はそんなのは全く写らない。
夜な夜な人気もまばらになってから深夜徘徊をしてるのに、不気味なオーブが写りそうな場所に行ってるのに、なぜか写らない・・・ひょっとして嫌がられてる?(爆)
いつも沢山のエネルギー体が写るので、彼らがガードしてくれてるのだと思っている。
こんな「美しいオーブ」と一緒に・・・いや、かなり未確認飛行物体も混じってるけど。
c0331825_11425696.jpg
c0331825_11430504.jpg
いつでもどこでも、こうやって来てくださる・・・彼らのガードが無ければ、きっと気持ちの悪いオーブが写るんだろうね。
c0331825_11450436.jpg
写していてもカメラの上部が光っているのが液晶画面で見えていて、来て下さってるというのはいつも感じている。
これはエネルギー体の中にいる状態、こうやって時々エネルギー体に全身を覆われているのだ。
c0331825_11522844.jpg
非物質界の強いエネルギーに晒されているんだから、こういった守りがないと心身ともに大きな影響を受けるだろうし・・・本当に有り難いことだと思っている。
c0331825_11534289.jpg
6月3日午前1時19分満月、6月22日には夏至と天体イベントが続く。
その事前の影響からか、5月中旬からかなり香りが強くなった。
少しスパイスの効いた、甘さの中にも背筋がしゃっきっと伸びるような気がする香り・・・事代主さんのだ。
一日中ではないが、それでもかなりの時間香っている。
年中誰かの香りがしているが、ここ最近は特に事代主さんの香りが強い。
まあね、私は心地よくて嬉しいけど♪(笑)
疲れた時や気持ちが沈んでいるときは、香りがしてくると思わず深呼吸をしてしまう。
甘く優しい香りは本当に癒され、気持ちがリラックスしていくのが分かる・・・

世界を見ると「合い争いき」の様相を呈してきており、戦争屋は第三次世界大戦を起こしたくて仕方が無いのだろう。
大きな大戦を二度も起こしてきて、なおかつ三度目の馬鹿なことをするのだろうか?
南シナ海に基地を建設している国は、そこにミサイルや大砲を持ち込んでいるとか・・・自国の利益ばかり追求していると、木を見て森を見ずになってしまうよ?
これからの世界はそんな世界にはならないだろうに・・・でもまだすぐに変化しない、変化まであとどのくらいなのかなぁ・・・

by yururiya_yurayura | 2015-06-02 15:13 | オーブ | Trackback | Comments(2)

夜景が写せなくなった!(笑)

今は季節の変わり目、夏日のように暑い日もあれば春先のように寒い日もある。
寒暖差の激しい季節の変わり目だからこそ、滅多に見れない「靄」の立ち込める夜景が目の前に・・・100メートル先もかすんでいる、都会の夜がまるで雪の中の聖夜のよう・・・
こ、これは!せっかくデジカメを持ってるんだから写さないと!
で・・・上階から写したんですが・・・これって?
c0331825_12535028.jpg
いや、オーブじゃなくって夜景だよ!
c0331825_12543691.jpg
え?よりはっきりオーブの団体さんが写っただけかい!
これはイカンだろうと地上に降り、そこから今度はカシオで写してみたら同じく・・・なんでやねん!!
c0331825_12554372.jpg
写しても写してもS120もカシオもオーブしか写さない、あのね写したいのは夜景なんだけど?
すこし靄が薄れてきたので写しても、まだまだオーブだらけ・・・勘弁してよ~!(爆)
c0331825_12574031.jpg
非物質界の写真を写せるのは嬉しいけど、実物の夜景を写せなくなってるなんて・・・
以前から灯りの並んだ都会の夜景はまともに写らなくなっていたが、こんな自然現象も写らなくなったのか・・・と、なんだかちょっと寂しい(笑)

この日は、靄の立ち込めた後は小雨が降ってきた。
この頃いつも出現する白い大きなエネルギー体、この方はほとんど毎回といっていいくらい写ってくださっている事代主さんだ。
c0331825_13090333.jpg
本当は想像できないくらい大きな方なんだろうけど、赤い炎状で現れたり小さな白い球状で現れたりこの写真くらいの大きさで現れたりと、写真に写る範囲内で現れてくださる。
いつもいつも、こうやって見守ってくださってるのかな?
そして、ポータルの向こう側から色んな非物質界のエネルギー体や未確認飛行物体を送り出しておられる。
こんなふうに・・・
c0331825_13120603.jpg
c0331825_13125883.jpg
こんな時は、赤い流星のようなエネルギーが所狭しと降り注いでいる。
最近は以前より量も増えて形も変わってきており、線香花火のようにチラチラと光が散っているような感じだったり、まるで方向を定めてきているように点線状で降ってきたりと、降り注ぐ赤いエネルギーも見ごたえが出てきた(笑)
しかも地上に突き刺さるように落ちてきて、それを最後まで見れるんだからなぁ・・・って、見せてもらってるのかな?
すぐ傍に太くて大きなのが降ってくると、さすがにまだ「お~っと!」と慌てるけど、もうかなり慣れたかな?(笑)
そんなすぐ傍に降ってきたときに、タイミングよく写せるとこんなのが撮れる。
c0331825_13175461.jpg
c0331825_13183725.jpg
これなどまるで私の上に落ちてきているような・・・(笑)
こうやって非物質界のエネルギー体や未確認飛行物体が、すぐ傍の別次元に降りてきているのだろう。
最近思うんだけど・・・こうやってすぐ傍に降りてきてるってことは?私の波動を感じてるってことは?・・・私は彼らのガイド?マーカー?(爆)
c0331825_13200912.jpg
しかしこんなのは滅多に写せない、降ってくるのが目にも留まらぬ早さなので、いくら瞬間を写すカメラといってもタイミングが合わないとダメなのだ。
こういうのが撮れるともっと写したい!と思うのだが・・・でもね、私が写しているのは彼らには分かっている。
だから中々シャッターが下りないときが多々ありで、そんな時は多分「今はダメ!」なんだろうなと思っているのだ。
写せるのと写せないのと、ある程度の操作はされているのかもしれない。
なぜなら、少しずつ以前写らなかったのに?というのが写るから・・・まあね、何千年も何万年も我々より進んだ科学力を持っている彼らなら、そんな操作など朝飯前なんだろうけどね。
それは気にならない、少しずつ教えてもらわないといきなりの全容開示なんて、それは見るのが怖い!(爆)
最近の色つきが多くなったのも、本当はこんなにキレイな色なんだよ~と教えてもらっているのかもしれないしね。

c0331825_13264353.jpg
c0331825_13495923.jpg
しかし彼らの出現の仕方はかなり微妙、慣れないと「この写真は何も写ってないからボツ」にするかもしれない。
例えばこんなの、これはほぼ真っ黒に写っているから何も写ってないように見える。
c0331825_13425261.jpg
しかしボツポツと黒くて何も写ってない部分があるので、ヒトグラムやガンマで画像を薄くなるように補正すると・・・
沢山のエネルギー体が写っていた。
c0331825_13430064.jpg
こんな場合もあるから、画像ソフトで1枚ずつ薄くして見えない部分の確認をしている。
写すときは100枚も200枚も写すので、この確認作業だけでかなり疲れてぐったり(笑)

最近は沢山のエネルギー体や未確認飛行物体が出現する日と、ほんの少ししか出現しない日とに分かれている。
これにも何か理由があるんだろうけど・・・でもいつものエネルギー体は来てくださるので、私としては心強いことこの上ない!
c0331825_14004922.jpg
我々地球人も彼らに追いつけ追い越せ、遠い未来の子孫のために今がんばらなきゃ!
などと、心も新たな思いになる今日この頃・・・

by yururiya_yurayura | 2015-05-21 17:16 | オーブ | Trackback | Comments(8)

続けて写したのに・・・

同じ場所で連続して写したオーブが、まるで違う姿で写っている。
同じ出入り口から出入りしているようなのに、どうしてこんなに大きさも形も数も違うんだろう?
まず最初はこれ、キレイなオーブが真ん中に写っている渦の中心から出て来ているように見えるのだが・・・
c0331825_20435445.jpg
その場で写した続きがこれだけど・・・何これ?
こちらの方が渦の中心がはっきりと分かる、同じ場所から来ているオーブだよね?
まるで別世界から来てるよう・・・連続して写してるのに、全く違うところを写しているみたいだ。
c0331825_20443849.jpg
次にはエネルギー体が一緒に写り、いきなりオーブの数が少なくなった。
そしてこれには大気のエネルギーのような小さな光点が写っている、でも渦の中心はやはり同じ場所なんだけどね・・・
c0331825_20494754.jpg
そして次にはまた違って写っているが、このオーブはいつものに近い。
しかしこの写真も渦の中心は同じ場所・・・
c0331825_20483591.jpg
宇宙は幾層にも重なった多次元宇宙だという、ならばこれらの写真はその中の何層分かの次元を見せてもらえたのかな?
同じ場所でこれだけ違った写真を写せたのは初めて、やはり宇宙の真実を少しずつ教えてもらっているのかもしれない。
一気に何もかもというのは恐怖しか与えないから、時間をかけてその違いを見せてもらっているのかも?
物質世界と非物質世界、この違いすぎる世界を全て一度で見せられたら?
衝撃などと呼べるものではないだろう、恐怖を通り越して正気ではいられないと思う。
なぜなら、次に写したのにはこんな姿の彼らが飛び出してきたんだから・・・
c0331825_20573389.jpg
写真だから「おおっ!」と驚いているだけで済むけど、これが自分の目で見たとしたら?・・想像するだけで恐ろしい!
半透明の彼らがフワフワと目の前を飛んでたら?・・・この世の終わりだと思うかも?
眼に見えることしか信じない三次元世界、物体としての肉体の五感で感知できない世界は異形の世界、目で見て体に触れて音を聞き香りを嗅げないものは信じない世界・・・
これらの写真も、写していた時に「偶然」に「飛んでいたゴミなどの物質が写っただけ」なんだから、それを異世界とかエネルギー体とか言ってる人の方が異常!なのが、唯物主義のこの三次元世界の常識なのかもしれない。
だからこんなのがフワフワと飛んでいる写真を見ても、「うわ~大きなゴミが飛んでる」と思う方が正常な感覚の世界なのかも(爆)
c0331825_09585007.jpg
続けて写していても、やはり変化したオーブが次々と写る。
場所を少し変えても変化は同じ、あれ?・・・以前から気になっていたポータルの場所は、やはり写す者の波動を感じて開くのかなぁ?
場所を移動しても渦の中心は真ん中あたりに写るので、ポータルも一緒に移動してるのか?
c0331825_10041181.jpg
そのうちに、またもや写るオーブの変化が始まりだした。
c0331825_10054491.jpg
円形や楕円形が入り混じって写るオーブ、しかしこの中には未確認飛行物体がいるのだろう。
今まではオーブに偽装かと思っていたけど、半霊反物質の星人ならオーブと同じ形に変化できると思うから、この中に存在していることもあり得る。
もっと拡大解釈すると、自身が未確認飛行物体のように見える形にも変化できるのでは・・・などと、見える形にこだわるのが間違いだと最近は思うようになった。
宇宙に遍満するエネルギーを利用し、自在に変化できるのが宇宙型のエネルギー体なのだろうと思うから、三次元世界の未確認飛行物体とかエネルギー体とかに仕分けする方が無理なのかもしれないね。
まだまだ「こうだろう」とか「こうなのでは?」とかの、自身の知る範囲内の物質や物体に当てはめようとしているのもいけないのかも?

量子学はかなり解明されているそうだから、素粒子よりもっと小さな世界があることをもうすぐ公表されるかな?
その中には霊子という物質もあるらしい・・・そしてこの宇宙は一つの宇宙球、外宇宙にはその宇宙球がいくつもあるとか・・・
二十数年前に読んだ「大霊界」のシリーズの中に、そう書いている部分があった。
宇宙は「スフィア」すなわち「球」で構成されるのが基準だとか、なんてこともどこかで読んだし・・・
だったら地球もスフィア、その地球を含む太陽系もスフィア、その太陽系を含む天の川銀河もスフィア、それらの銀河を含むこの宇宙もスフィア・・・宇宙球てことなのかな?

私は漫画が好き(爆)、コミック本で「クリスタルドラゴン」というのがあるが、その中の話で主人公のアリアンロッドが自分のいるスフィアを飛び出して空間に浮かんでいると、それら沢山のスフィアを管理している者が現れた(コミックの中では、三日月形の鎌を持っている死神のような姿だったけど)
「何だってお前はこんなところにいるんだ!」と怒り、アリアンロッドの世界は多分このスフィアだろうと放り込まれたら、少し時間の違う自分の世界だったという場面があった。
その時には宇宙球の話を読んでいたので、この作者は宇宙球のことを知っているのかな?と思ったのを覚えている。

宇宙を霊界として扱っているのは「ちょっと?」だし、宗教色が濃いのも「ちょっと?」と思うが、スウェーデンボルグの霊界探訪に通じる内容もありなので、シリーズを何冊か読んだ。
この宇宙球の話はとても好きで、今でも真実なのでは?と思っている。
しかし彼はその宇宙球は7個だと言っているが、もっとあるのでは?という気がするけど・・・
でもね・・・何しろ我々からすると無限大の世界の話だからね・・・確認のしようがないのが哀しい(笑)

そしてオーブもスフィアでエネルギー体もスフィア、やはり宇宙の基準はスフィアなの?
未確認飛行物体が写ってるけど、彼らもスフィアだし・・・
c0331825_11095707.jpg
c0331825_11103316.jpg
そして「弧を描きながら」現れる、これも形はスフィア。
c0331825_11115701.jpg
S120が写す異世界はきれいなスフィア、これはよりはっきりと球体に見える
c0331825_11141205.jpg
これから宇宙に飛び出すであろう我々地球人、新しい世界を垣間見るのはワクワクする。
しかし宇宙は優しいのかな?途方もなく暗黒の世界だったら?などと、双方向に妄想が行く・・・早く宇宙の真実を見たいと思う反面、このまま夢想の世界で終わりたいなどと、今も昔も心の葛藤が続いている(笑)


by yururiya_yurayura | 2015-05-18 11:26 | オーブ | Trackback | Comments(8)

オーブはどこから?

いつも沢山写るオーブ、彼らはどこから来るのだろう?それがいつも不思議だった。
ところが昨年末に炎のようなエネルギー体が出現し、その写真を撮ると雲か煙のようなものが写ったのだが・・・その写真を拡大してよく見てみたら、それは沢山のオーブの集合体のように思えたのだ。
上は全体像、下の画像はその真ん中辺りの半円の部分をカットしてみたもの。
S120で写したのだけど、このカメラで写るオーブは楕円形が多くて、時々丸いタイプが混じっている。
カットした部分をよく見ると、その楕円形のオーブが沢山集まっているように見えるけど?
その集合部分から、いつも写しているオーブが出てきているように思うのだが・・・誕生の瞬間を捉えたのか?(爆)
c0331825_11250946.jpg
c0331825_11251615.jpg
こちらは煙状全体がオーブの集合体に見える。
右下のほうには虹色が出てるから、やはりエネルギー体そのものは虹色の光源を持っているのかもしれない。
でもね・・・この写真の煙状のものって、よくよく見ると生きものが写っているように見せませんか?(笑)
c0331825_11304208.jpg
c0331825_11304744.jpg
以前にオーブは何者なの?と訊ねたときに、エネルギー体が出しているエネルギーと聞いていた。
これらの写真を拡大してを見ると「なるほど」と思えるのだが・・・
こちらも沢山のオーブの集合体のように見える。
真ん中の上部をカットしてみたら、やはり誕生したばかりのオーブが出てきているように思うのだが・・・気のせい?(笑)
c0331825_11384247.jpg
c0331825_11384887.jpg
もう少し右の部分もカットしてみた。
まるで鱗のように、楕円形のオーブが重なり合ってる?ように見えるのだけどね・・・
c0331825_11385445.jpg
この画像もオーブが重なり合っているのがよく分かるので、上部の左隅をカットしてみた。
やっぱり沢山のオーブが連なっているように見える・・・そしてそこからオーブが一つ、また一つと出てきているように見えるのだけど?これも気のせい?(笑)
c0331825_14365551.jpg
c0331825_14370198.jpg
昨年末の12月29日に写した動画だが、赤く燃え上がっている炎のようなのがエネルギー体、それを写真に写すと煙状か雲状に写る。
その中の静止画のほうに、今回の記事にしている「沢山のオーブの集団」のような煙状のものが結構あった。
4秒間動画で静止画1枚のキャノン独特のダイジェスト用動画機能で、撮れる静止画は一種独特な画像だ。



こうやって燃え盛る炎のようなエネルギー体が動き回り、そのエネルギーの中にあるオーブを周りに振りまいている・・・でいいのかな?
動画で見る限りでは動きはかなり激しい。
今回はこの炎のようなエネルギー体を見ることが出来たが、いつもはそこにいても人の目には見えないんだと思う。
でもオーブが写真に写っているということは、どこかにエネルギー体がいるということなのでは?
我々が想像すら出来ないくらいの能力の持ち主たちだもんね、姿を見せたり隠したりなんて朝飯前のことかもしれない。
ずっと気になっていたオーブの製造元は、エネルギー体で正解なのかな?(笑)
c0331825_14340662.jpg
c0331825_14344546.jpg
彼らエネルギー体は、光の点が集まって大きな集合になっているというチャネがあるが、これらの写真を見ると「そうかも?」と思える。
「光の点の集合体なので、所々穴が開いています」とも言っていたが、写るエネルギー体を見たら納得できる。
こんなに穴あきなんだから・・・(爆)
c0331825_14453758.jpg
しかし、本当のことは自分の考えていることとはまた違うかもしれない。
でもそれでいいんです・・・こうやって自分なりの検証をして、そして写すことを楽しんでいるのですから(笑)


by yururiya_yurayura | 2015-01-27 12:00 | オーブ | Trackback | Comments(0)