ブログトップ

夢か現か幻か・・・

yume712.exblog.jp

カテゴリ:星( 6 )

新たなる虹色の星・・・見っけ~(笑)

今頃になると、北東の方向から登ってくる星が虹色に瞬いているのがあり・・・気づいたのは2年ほど前だけど、なぜか写真に写せなかった。
でも「もういいよ~」と許可が下りたのか(笑)、やっと何とか写すことができたが・・・はて?この星は何て名前なんだろう?
c0331825_14465632.jpg
深夜1時半ごろ、北東の2時の方向にいるんだけど・・・
星座表で調べたら、え~と・・・カシオペアが天頂近くにいて・・・そのずっと下の方、北東方向の水平線とカシオペアとの間くらいにいて・・・
ペルセウス座とアンドロメダ座とあるんだけど、どっちの星だろう?
二重の連星が交互にお互いの周りを回るという星がどちらの星座にも存在し、それがこんな虹色に写る・・・う~ん、それは違うと思うなぁ・・・
連星という2つの星なら、写すと二体写るはずだから、やっぱり連星ではないと思うし・・・
星座のことなど全く分からない、なので星座表を見ても実際の星空と比べられないもんで・・・カシオペアは分かる、しかしそこから北東の方向に見える星座って・・・何座か分からんし・・・(_ _ ;;
c0331825_14511011.jpg
しかもかなり遠いので、これくらいの大きさにしか写らない。
なのに、肉眼で見ると瞬いている星が大きく見え、しかも何色にも変化するのまで分かるっているのに・・・なんでこんなに遠いのしか写らないんだろう?
という不思議な星(笑)
c0331825_14524679.jpg
静止しているときに写しても、何色にも写るのでどれが本来の色か分からないという(笑)
ひょっとして惑星?とも思ったが、そうなると動きの激しい惑星は私にはもっと分からない(^^;;;
でもいいんだ、こうやってシリウスの他にも七色の星が見つかっただけで嬉しいもんね・・・とにかく、写るんです!写ればいいんです!(爆)

6月25日の豪雨の日に写した中に、日本昔話の中に出てくる「一反木綿」のような形のエネルギー体が写っていた。
丸や楕円形が定番のエネルギー体の中にあって、「これは・・・何?」と最初は不思議だったけど、よく考えてみれば無数に近い数のエネルギー体が存在するんだから、こんな形のエネルギー体があっても当たり前だよね?(笑)
どうしても三次元世界の中の「常識」という名の「括り」に捉われてしまい、こんな形ってあるの?と不思議な思いが先立ってしまう・・・これではイカン!と思っても、思考形態がまだ三次元そのものなもんでして・・・思考を変えるのは難しい(笑)
で、一反木綿もどきのエネルギー体はこんなのね。
c0331825_20553167.jpg
カットして大きくしたら・・・キレイな色だった~(笑)
c0331825_20563829.jpg
S120で写した異次元風、これがまた怖い!(爆)(*^^*) フフ
c0331825_20583730.jpg
ところがですね・・・この写真はオーブが大きく写っていて、大きさが違うだけでかなり怖いかも?という感じですね(笑)
このオーブが出てきている真ん中辺りにある出入り口、そこに白く光っている一体のエネルギー体が見える。
そう、こうやってポータルが開くときはエネルギー体がいる・・・いや、彼らがポータルを開いているのだと思う。
先進文明のエネルギー体たちは、自分たちの行きたいところにポータルを開けることができるということなので、この真ん中で光っているのがそのエネルギー体だと思っている。
c0331825_21001681.jpg
そしてこちらはフラッシュ無しで写した同じエネルギー体だけど、フラッシュを使うと写らないエネルギー体がこんなに沢山隠れていた!
これらは全部同じ場所で写したもの、なのにこれだけ色々な姿形で写る・・・なんとも不思議なことだ!
c0331825_21015523.jpg
こんなケースが時々あるので、同じ場所でフラッシュを使ったのと使わなかったのと写すが、もう最近ではフラッシュを使わない方がエネルギー体がよく写るようになっている。
彼らはフラッシュに反応するプラズマではないってことだろうかな?
では何者?という疑問が出てくるが・・・生体エネルギーであることは間違いないだろうけど、その組成については・・・まだ何も分かりません!( ̄ー ̄;
でもまあ、そのうちに教えてもらえるだろうから、もう気長に待っていようかと思う今日この頃・・・の心境です(笑)



by yururiya_yurayura | 2016-08-18 21:12 | | Trackback | Comments(0)

夜空の星はシリウスからアンタレスへ(笑)

寒の戻りで少し寒かったけど、それでも日中は太陽が出ていると暖かい。
桜の花も先日の低気圧の為に散り急ぎ、春爛漫はあっという間に過ぎていく・・・
夜空の星も春の星座に様変わりして、オリオンは早い時間に西の空に沈むようになった。
そしてオリオンを追いかけて、東の空にさそり座が現れる。
赤い大きな星のアンタレス、写してみたら・・・やっぱりというか何と言うか、鮮やかな赤いエネルギー体が写った(笑)
原版サイズのアンタレス、現れ始めた時はこんなに色鮮やか!
c0331825_12025047.jpg
c0331825_12033492.jpg
写真で見ると何ともいえない可愛い色合いのアンタレス・・・でもね、実は・・・こんなに大きな、いや巨大すぎるくらいの星だったりして・・・


いやぁ~凄い!の一言、比べている太陽が見えなくなるって・・・この宇宙だけでこの大きさの星がゴロゴロと・・・想像すらできない・・・
で、その巨大な宇宙の一角にある天の川銀河の、そのまた銀河の片隅にある太陽系の、その中の点のような地球からでもアンタレスが見えるのは、やはり大きな星だからなのかな?(笑)
肉眼で見ても赤く輝いている星だが、カメラを向けて拡大率を上げていくと、その赤い色が勢いよく動き出す。
大気の関係で動きを捉えられないときもあるが、上手く捉えられるとほんの少し拡大率を上げただけで動き出すのだ。
夜空にある大きな恒星を写す時はほとんどそう、静止している星がなぜ動き出すんだろう?やはり肉眼で見えている星々はホログラムなのか?などと、ああまた妄想の世界が~!(爆)

水平線から見え出して間もない頃は、本当に色鮮やかでキレイに写る。
シリウスも、昨秋の冬の星座で現れたころはこんなにキレイだった。
c0331825_12200769.jpg
c0331825_12201747.jpg
しかし今冬は暖冬の影響からか大気が澄んでいなくて、春先のようなモヤがかかったようなぼんやりとした感じの夜空が毎晩だった。
やはり手足が凍えそうなくらいの寒い日でないと、都会の空は透明度が低いので色鮮やかに写らないようだ・・・今冬はそんな日がなかったなぁ・・・ザンネン!
そんな残念な日々を過ごしているうちに春になってしまい、もうシリウスは写せない。
本当はこの冬は動画を撮りたかったのに、撮る以前の問題であえなく沈没・・・(笑)

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~

なので以前に掲載した動画を再度載せますが、動画編集が苦手なもんで・・・おまけに迷カメラマンなので写すのが下手です、写っただけ儲けものかも?という状態なんです(爆)
この動画は、4秒動画で1枚静止画を挟むというダイジェスト版製作用の機能ですが、彼らはなぜか普通の動画撮影では写らず、この機能でしか写せなかったのです。
最初の頃に聞こえているのは横にいた猫の声、そして40秒くらいからいきなり車のエンジン音が大きく聞こえますので、出来たら音を消してご覧下さい。
最初に写っているのがシリウスで、見ても分かるように虹色に点滅しています。
そしていきなり小さくなったかと思うと、またいきなり大きく写ったりしますが、それが彼らの動きのようです。
激しく動いたかと思うといきなり静止、そしてまたいきなり小さく見えるようになるくらいの遠くへ・・・いやいや、動きについていくのが大変ですわ(笑)
後半50秒くらいからは木星を写したものですが、こちらのほうがいつも動きが激しく、小さくなるほうが多いので見にくいかもしれません。
木星は天頂に来るまではこの白い色、そして天頂を過ぎると金色に変化する不思議なエネルギー体です。



今年はもう少しましに動画を写せるか?と思ったのですが・・・お天気には勝てませんでした(爆)

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~

星を写す時はキャノンのSX700SHで写しているが、このカメラは最大デジタル120倍で大きく写っていいのだけど、その代わりオーブやエネルギー体はほとんど写らない。
しかも赤い流星のように見える低気圧のエネルギーも、このカメラでは緑色に写る、なんで?(笑)
まあそれがカメラの機能なので、使っている者が使い分けないと仕方がない。
でも星を捉えるのはこのカメラが一番で、S120はデジタル20倍だから小さくてキレイに写らないし・・・なので、今は星を写すのはSX700だけで写している。
桃紅色の鮮やかなアンタレス、きれいに写るのもこの時期だけなのかな?(笑)
c0331825_13025689.jpg
c0331825_13053618.jpg
余りにも星が写せないので、今年に入ってからSX700のSDカードを見ていなかった。
フォルダは毎日作成にセットしているので、写した日にはその日付のフォルダが作られている。
それを昨日見たのだが・・・いえまあね、写していないと言いながら結構写してましたが・・・でもほとんどがボツ(^^;;;
そんな中に「え?これ何?」というのがあり、写した後にはどんなのが写っているかいつも確認しているのに、これは確認して見た記憶がない・・・
c0331825_13090925.jpg
1月28日に高いフェンスのある公園でお月さんを写したようだが、このときの記憶も無いし・・・1月は24日が満月だったので、この日は満月の数日後・・・
う~む、何者だ?と聞いたら天照さんだそう、いつも写る時は緑色で写るのが天照さん(笑)
真ん中あたりに見えているのがお月さんで、右下に写っているのがいつもの水銀灯だから、フェンスはこのときは写っていない。
真ん中に青い輪が見えるし、動いているようなエネルギー体も見える。
この日はなんだったんだろう?天体で何かイベントでもあったのかな?
天照さんは私のすぐ左側から出ているので、傍にいたよう・・・このときの光源は遠くに見える水銀灯だけで、右側にいつもの木があるのだが、その木が邪魔をして私がいる場所はもっと暗い。
このカメラで星を写す時は、遠すぎるためにフラッシュは使わないので最初から切ってある、だからこの時はフラッシュ無しで写している。
なのでこの左側の天照さんの光源はというと、自らの輝きなのだろうと思う。
緑色に輝いていて、キラキラと輝き宝石のようにキレイだ。
c0331825_13163484.jpg
c0331825_13164365.jpg
この3枚だけが続いて写っていたのだけどね、お月さんの周りにも何かいるし・・・天照さんはキラキラと輝いてキレイだし・・・なんだかとてもラッキーな気分になる写真なのだ(笑)
1枚目はよく見えるようにかなり薄くしているが、もう少し全体が濃いと緑が煌いているようでとてもウツクシイんだけどね(笑)
さすが太陽神の天照さん、その輝きに思わずうっとり・・・ヾ(@^▽^@)ノわはは

しかしSX700がこんな写真を写すとは・・・
今年に入ってから、異世界が写ったり太陽光もどきの光源が写ったり、はたまたこの天照さんのように今までにないような写り方をしたりと。
やはり2016年は何かの動きがああるのかな?・・・う~ん、楽しみだ~♪


by yururiya_yurayura | 2016-04-12 15:25 | | Trackback | Comments(0)

シリウスの色の比較検証中(笑)

最近はお天気の日が続くので、今は冬の星座に遊んでもらっている(爆)
その中でもシリウスが一番撮るのに適しており、毎晩のようにシリウスに付き合ってもらっているが・・・
そうすると日々のシリウスの状態がどうなのか比較でき、あれ?日によってこんなに違うんだ!と思わぬサプライズが!(笑)
肉眼で見ているとそんなに違わないと思える輝きも、レンズを通すとその日によって色や輝きが違う。
でもよく考えると当たり前のことかも?
人だってその日によって体調やメンタルの調子が違うし、忙しい日もあれば暇な日もありで日々の動きが違うもんね。

写真に写るのは、正しくはシリウスの領域にいるエネルギー体だと思うけど・・・やはりついつい馴染みのある名前のシリウスと呼んでしまい、はっとわれに返っては失礼!と謝っている(笑)
どういう質のエネルギー体でなぜそこに居るのか、シリウスを領界とするエネルギー体なのか、それとも現実のシリウスを写しているつもりが実は異世界にいる存在なのか、実際はどういう存在か分からないが、私は写真を写すという楽しみを与えてくれている貴重なエネルギー体だと思っている。
どなたなのか尋ねたら一言主さんということだそう、今季シリウスを写しだしてから毎日強烈な香りに包まれているので、多分今は繋がっているのだと思う。
麝香?のような強い香りかな?・・・何と表現していいのか分からない独特さで、ちょっと煙ったような感じの香りのような・・・とにかく一度で覚えてしまえるほどの強い香りの持ち主だ。
これだけ色の変化に富んでいるのだから、その香りと同じように強烈なエネルギーの持ち主なんだろうね(笑)

毎日写していて気がついたことがある、それは日によってかなり違う色合いに写ることだが・・・
最初はお天気の関係なのかな?と思ったが、同じような晴天の日に写しても色がかなり違っていたりするので、関係ないのかもしれない。
真実を知る由もない天空でのこと、分からなくて当然なんだけどね(笑)
11月2日に写したのを集めてみたが、この日の特徴はほとんどが青を基調にして写っているということだ。
快晴で雲は出ていなくて、写したのは次女のマンション・・・9階で東北東から南南西までを一望できるから、東から昇ってきて間もないシリウスを正面に見て写せる。
写すのには絶好の場所でしかもお天気だったのに、この日のシリウスはなぜか色合いがくすんでいたなぁ・・・
こうやって一覧にするとよく分かるが、全部といっていいほど青味がかかっている。
そしてなぜかこの日は全体像が写らなかった・・・なんで?
c0331825_11412093.jpg
では別の日に写せばどんな色合いだ?←いえ、毎日写してるんですけどね(笑)
1日開けて11月4日に、いつもの高いフェンスのある公園で写してみた。
この日も青が基調だったけど、他の色も多少混じっていたし透明感が少し出てきているが、こうやって一覧にすると写した日のシリウスの状態がよく分かる。
c0331825_11310643.jpg
液晶画面を眺めていても、キラキラと瞬きながら様々な色を見せてくれるシリウスが、画像になるとなぜ色が鈍くなるんだ?とそのギャップにいつもイライラ(笑)
人工的なものはやはり限界があるんだ・・・と分かっていても、写したい病が治らない今日この頃・・・( ̄~ ̄;)

しかし11月4日には少しだけ全体像が写せた、ちょっと満足したかな?(笑)
でもなぜか最近写る全体像は遠い・・・だから小さくしか写らないので、またもやそれが不満!
こうやって人の欲求はエンドレス、これはいかん!と分かっていても、欲望という名の電車は止まらない・・・いかん!いかん!(^^;;;
c0331825_11465883.jpg
美しいものを見て美しいと感じ、自然のままにありのままに存在することを喜ぶ・・・
それが本来の姿なんだろうけど、現代人は文明の進化の名の下に次々と地球の資源を消費して行っている。
現代人一人が一日に消費しているエネルギーの総量は、あの巨大な恐竜一匹が消費しているエネルギー量に相当するそうだ。
地球の人口は現在は70億人と言われているが、このエネルギーの消費量を考えるともう先が見えている・・・と思える。
だから資源の奪い合いが対立の原因になって、ひいてはそれが領土問題になってくるのだろう。
世界のあちこちで起きる紛争・・・人は争うように出来ている、それが人間の仕様なのか?・・・それは違うだろっ!

などと考えると未来の展望が恐ろしく思えるので、私は美しいものを眺めて忘れることにしている←現実逃避とも言うけど(笑)
こうやって未知なる世界の未知なるエネルギー体を見ては、あらぬ妄想の世界で遊ぶのもまた良しかな(爆)
c0331825_11593298.jpg
ここのところほとんど雨が降らない、10月27日に3週間ぶりにほんの少しだけ雨が降った。
写真を写すほどの降りでもないけど、まあ写しましょうか・・・と写したら、いきなりエネルギー体が写ってビックリ!
ほんのパラパラで傘も要らないくらいの降りのときは、いつもならオーブが少し写るだけなのに、なんでエネルギー体が写るんだ?
c0331825_12045777.jpg
c0331825_12050785.jpg
c0331825_12052077.jpg
太陽系が天の川銀河の密度の濃い領域に入り、その影響で地球が変化してきているから?
太陽フレアが拡大し宇宙線バーストが降り注ぐ・・・これからの地球環境は、大きな変化が起きると言われている。
その影響がもう出てるのかなぁ・・・
c0331825_12104308.jpg
日本は科学立国になると言われていて、そして未来の世界をリードするのは日本とも言われている。
日本人の和の心、それが世界の規範になるとも・・・そうか、そうなら一日も早くそうなってほしいと思うのだが・・・

で・・・ここからはちょっと息抜きのご案内です(笑)
世界の景観をパソコンで眺められる、そんなサイトがこちらです。
嫌なニュースの多い昨今だからこそ、地球の素晴らしさを楽しんでくださいね。

              AirPano


by yururiya_yurayura | 2015-11-05 12:41 | | Trackback | Comments(0)

ペテルギウスは爆発したのか?

冬の星座と言えばオリオンだが、そのオリオンの左腕にあるペテルギウスは赤色超巨星で、もう星としての終焉を迎えているそうだ。
終焉を今から迎えるのではなく、もうすでに数年前に爆発してしまったというチャネもありで・・・そのチャネを読んだ時に、確認のために私も聞いてみたら間違いないと言われた。
そうなのか?夜空に見えているあの赤い星は、もうすでに消滅しているのか?
地球との距離が642光年なので、その爆発の光が見えるのは640年ほど後になる・・・そのころまで生きてないって!(爆)
でもそれは肉眼で爆発が見えるかどうかの話しで、実際にはまだ存在しているように肉眼で見えている。
この星がなぜ話題になるかというと、巨大な星なので爆発すると太陽が二つあるように地球上から見えるようになる・・・たらなんたらかんたら(笑)
しかしこの星が爆発するともっと怖いことがある、それはガンマー線バーストを出すことだそうな。
このガンマー線バーストはどんな物でもどんな場所でも通り抜け、避けることが出来ないそう・・・そして人に対しての影響は、良しとなる人もいれば悪しき結果になる人もいるという・・・
幸いにもこのぺテルギウスのバーストは、地球に降り注ぐが直撃は免れ僅かにそれるということらしい・・・そうなってもやはり影響は出るそうだが・・・

というペテルギウスに対する予備知識を仕入れて(笑)、冬の星座がキレイに写る今を狙って毎晩写しているのだ。
しかし・・・温暖な地方ゆえに暖かい日がありで、そんな日は夜空がぼんやりとなり・・・まだ日中は暑い日があるくらいの今の季節は、中々思う通りの夜空に出会えないのが哀しい。
冷気と共に空が澄んでくるから、やはり真冬の方がキレイに写る。
でもその頃に写そうと思う星は天頂近くに行っていて、今のような鮮やかさには写らないし・・・
毎晩夜空を見上げてはため息(笑)
それでもお目当てのペテルギウスのエネルギー体は何とか写せた、ちょっと遠いけど。
c0331825_17542025.jpg
c0331825_17543664.jpg
こうやってエネルギー体は写る、もう爆発してるなんて思えないが・・・でもこれは星ではなくてエネルギー体、そして実際に存在している星の領域に居るかどうかは不明・・・
なぜ星ではなくてエネルギー体が写るのか?未だ分からず・・・
この赤い星大きな星はもう存在しないのか?それとも写しているのは異世界の存在か?・・・悶々(笑)
c0331825_17570252.jpg
液晶画面に見えるエネルギー体は活発に動き回っていて、静止していてもユラユラと揺れており、じっとしていることはほとんど無い。
ということは?生命体だよね・・・
c0331825_17594033.jpg
c0331825_17595515.jpg
でもまあいくら考えてみても三次元世界の発想なので、次に行こう!(爆)
これはオリオンの右足、ひざを曲げている足の足首に当たる部分にいるミゲルだ。
液晶画面では青く見えていたのに、パソコンで見ると何ともいえないキレイな青紫!・・・というか紫色に近いけど。
こんな色のエネルギー体も珍しいので、ついつい見とれてしまった(笑)
c0331825_18041931.jpg
c0331825_18042913.jpg
でもなぜか動いている姿は撮れず、ちょっと遠いのかなぁ・・・それが残念だけど、今からまだまだ現れてくれるので、この美しい星のエネルギー体を写すチャンスはあると思うとワクワクする(笑)
でもね・・・天頂近くに来ると色が変わるんだよね・・・この青紫色が写したいんだけど・・・

優しい色合いだったペガスス座のシェアトも、天頂に来ると色が薄くなり白っぽくなる。
c0331825_18091461.jpg
c0331825_18092558.jpg
そして遠くなるので鮮明に写らなくなり・・・ああ、残念だ~!
c0331825_18093413.jpg
だから地平線から上ってきて間もなくを写したいのだが、都会の地平線はぼんやりと不鮮明な上に建造物だらけ。
そして明かりが明るすぎるので、やはり少し上のほうまで来ないと鮮やかに写ってくれないというジレンマがある。
空気がキレイで360度見渡せる、そんな場所で写したいと思うね・・・こういう白っぽいシェアとではなく、あの淡いピンク色のシェアトが写るかも?の期待ありなので(笑)
c0331825_18134333.jpg
c0331825_18135257.jpg
使っているカメラはキャノンのpowershotSX700HSだ。
このカメラはデジタルで120倍まで写せるが、これらのエネルギー体は39倍で写しており、設定はプログラムAE、オートにするとなぜか写らないし、「フラッシュを上げてください」と出るので使わない。
オーブやエネルギー体を写すときはフラッシュを使うが、星のエネルギー体を写すときは遠すぎてフラッシュは役に立たないから使わない(笑)
それに、フラッシュを使ったときと使わなかったときと写り方がほとんど変わらないので、今はフラッシュなしで写しているのだ。
このカメラは、オーブや他のエネルギー体を写すのは得意ではないらしくほとんど写らないが、望遠はやはり得意のようで星を写すとき専用に使っている。
倍率48倍で写しても39倍で写しても写る大きさがあまり変わらないのと、動き方が激しいので少し倍率を上げると画面からすぐにはみ出てしまい、探すのにまた倍率を下げないといけないという事態になり、今はほとんど39倍で写している。
でも彼らは全長4~5キロくらいの大きさがあるらしいし、その上に動くスピードは何百キロの距離を一瞬という早さで動いているのでは?と思える節もありで・・・
画面の大半を占めるくらいの大きさになったかと思うと、瞬間に光の点の大きさしかないというくらいの小ささになるから、倍率39倍でもよく見失い、縮小しながら探すということを繰り返してやっと写せるという・・・写すことがかなり難しい!
「あっ!あっ!あっ!ちょっと待って~」とか「じっとしてて、動かんといてよ」とか「おおっ!キレイに写せた、ありがとう」なんていいながら写しているので、事情を知らない人が見たら夜中に独り言を言っている薄気味悪い人かもしれないなぁ(爆)

しかしシリウス以上の美しさに写る星は他に無く、やはり全天一位の輝きは本物だ。
c0331825_18435128.jpg
c0331825_18440421.jpg
これらの写真を写したのは10月16日と17日の夜半の午前2時前、どちらの日に写したのもなぜか遠くて鮮明に写らなかった。
彼らのいる世界と今の地球の三次元世界は、絶えず近寄り遠ざかりを繰り返しているのだろうか?
これらの写真を見ていてふとそう思ったが、重なり合う世界でもある次元の違いは、こうやって絶えず動いているのかもしれない。
c0331825_18441493.jpg
c0331825_18442908.jpg
でも写真を撮れたのは現実・・・う~ん・・・私は写真を写すことで異世界を覗いているのかなぁと思う今日この頃・・・でもそれが楽しいという変わり者だけど(爆)

by yururiya_yurayura | 2015-10-17 19:07 | | Trackback | Comments(0)

シリウス現る!

冬の星座のオリオンが現れると、その次にはシリウスが見えてくるはず・・・と、心待ちの日々(笑)
やっとシリウスが現れたので、9時の方角くらいまで上ってくるのを待っていた。
建物の密集している都会では、少し上のほうまで上ってくれないと写せない。
写そうと思っても、高いビルがあるしあちこちに街灯や建物の灯りがあるしで、水平線に現れたときが写せないのが一番残念!
本当は水平線に現れてすぐのほうが、色とか透明度はもっと素晴らしいと思うんだけどね・・・

10月7日の夜は快晴になり、AM2時ごろにやっと今季初めてのシリウスが写せた。
c0331825_11490767.jpg
c0331825_11491660.jpg
c0331825_11492625.jpg
c0331825_11494598.jpg
写真を見ていて「あれ?前に写したシリウスとちょっと違う・・・」と思いよくよく見ると、色がとても鮮やかでなにやら透明感がある。
北半球に現れて間もなくで、しかも上ってきてすぐというのは、これだけ色合いが違うものなのかとかなり驚いた!
c0331825_11515805.jpg
c0331825_11520749.jpg
c0331825_11521709.jpg
この色の純度の素晴らしさ!なんとも言えないくらい美しい・・・
そういえば昨年写していたシリウスは、もう少し天頂近くに昇ってきているのから写し始めたのだった。
その時でも色のすばらしさに感動したけど、今回はもっともっと感動した(笑)
ううむ、私はやっぱりシリウスのエネルギー体が好きだ、これからはコレクターになるのだ!(爆)

この写っているエネルギー体は一言主さんさそうだが、神話の日本神界に出てくる方と同じではなく、この写真の一言主さんは日本神界の方ではないということだ。
分かりやすくするために日本神界の神々の神名をお借りして書いているが、以前から時々書いてきているように、神話の中の神々とはまた別のエネルギー体の方たちだそうな。
私は異世界のことはよく分からないので、教えてもらっても「ああ、そうなんですか?」で終わってるけど(笑)
そうなると、形は龍体によく似ているが龍体ではない、そういう可能性も出てくる・・・じゃあ龍神じゃないってこと?ということらしい。
宇宙に遍満する各種エネルギー体、というかエネルギー体の集合体?
波動が全ての宇宙だから、同じ波動の持ち主が集まって大きなエネルギー体になるのかな?それが集合魂とか類魂とか言われているものなのかな?

とここまで書いて、「あ・・・この形って・・・昔から目の中に現れているエネルギー体と同じ?」とやっと気がついた~!←遅いんだよ!(爆)
そう、こんな形で白銀に輝いて現れ、その中の所々に虹色が見え・・・ああ、そうなんだ・・・自然霊かと思っていたけど、見えていたのは彼らだったんだ・・・と今頃気がついた!(^^;;;
極大にも極小にもなれる彼ら、そしてエネルギーの集合体ならそのうちの一体でも同じ力があるはず・・・だよね?
時々見せてもらえてきたのは、シリウスのような写真を写して現実を見せてもらえる予行演習だったのかな?(笑)

そんなことを考えていたら、8日の宇宙NOWのメルマガに、「自然に霊感が出てくる人もいれば強引に開かされた者もある」というのが掲載されていた。
あ、これか・・・それまでも目の中には見えていたけど、アバウトな私は「へ~見えるんだ」くらいしか思ってなくて、それはそれでいいか~と放置していた。
ところが、2009年4月に救急車で運ばれるほどの緊急の大病をし入院、この後にあれよあれよとう間にこんな写真が写せるようになったのだ。
多分余りにも私が無関心なので、「もう待てん!」とばかりに大病にされたのかもしれんなぁ・・・と今では思っている。
こういう大きな病気や不幸が来るときは、その人のターニングポイントともいわれた。
ん?4歳の時にはもっと大きな病気になってるけど?小学校6年生までの命の保障は出来ないと言われてたけど?
何度もターニングポイントがあるって・・・そんなの要らんわい!(笑)
でもね、ここのところメルマガに書かれていることがよくシンクロするのは、どうも余りにもアバウトすぎるのを見かねて、「気づき」を貰っているような気がするのだが?
しかし、アバウトでノーテンキな性格は簡単には変わらんよ?と言ってみる・・・(爆)

こういう能力のある者は苦労をいっぱいさせられて、それをクリアできるかどうか見られているって言われてるが・・・
そう、人一人の人生を一生というのなら、私は二人分の二生の人生を生きてきたほど沢山の苦労をしてきている。
知っている人にそう言うと、「ほんまやな、いっぱいしんどい目して苦労したもんな」と言ってくれる・・・いや、そう言ってくれるのを喜んでいいのか悲しんでいいのか、よく分からないが(爆)
そうか、試されていたのか・・・って、これも要らんわい!と思うけどね(笑)
霊感とかこういう能力とかを欲しいなんて思ったこともないし、今でも欲しいとは思っていない。
しかし与えられたものなら、それはそれで粛々とこなしていけばいいのでは?としか思っておらず、余り深く考えないようにしている。
だから、「凄いね!」「うわ~びっくり!」「美しい!」「怖い!」「気持ち悪い!」などの良くも悪くも感嘆詞が並ぶだけ、それでいいのでは?(笑)

でもね、美しいものやキレイなものを見るのが大好き、だからシリウスの写真を写せる能力は大好き!(爆)
10月8日にも写せたシリウス、この時も透き通った美しさにかなり感動!
c0331825_12442676.jpg
c0331825_12443714.jpg
c0331825_12444854.jpg
そしてこちらはおまけ(笑)
天頂にいるペガスス座のシェアト、淡いピンクの可愛らしい色のエネルギー体だ。
写そうと思ってズームアップをしても何もいない星のほうが多いから、これほど写るのはこのエネルギー体が大きいからかもしれない。
う~ん・・・縄張りというかテリトリーというか(三次元的発想だ!(爆))、それぞれの居るべき領域?なんてのがあるのかな?
それとも、いつも言ってるように肉眼で見えているのはホログラムなので、カメラでズームアップして見えているのは別世界なのか・・・面白い!
c0331825_12471232.jpg
c0331825_12472032.jpg
冬の星座は楽しいね、これで寒くなかったらもっと嬉しいんだけど(笑)

by yururiya_yurayura | 2015-10-11 12:00 | | Trackback | Comments(0)

新たなる七色の星現る!(笑)

またもや日本人が医学生理学賞のノーベル賞を受賞、大村智・北里大特別栄誉教授おめでとうございます!
そして、ありがとうございます!
なぜなら、大村名誉教授はイベルメクチンを作られた方なので、猫ボラをしている者には本当に感謝してもしきれない方なのだ。
イベルメクチンは「疥癬」の薬で、この薬でどれだけの動物たちが苦しみから救われたことか・・・「この物質は線虫などの神経系をまひさせる一方、哺乳類の神経系には影響しない特性があることが分かった。エバーメクチンを基に、さらに効果を強めた「イベルメクチン」は家畜の抗寄生虫薬として世界的なベストセラーとなった」ということなのだ。

人間だけではなく他の哺乳類も寄生虫に寄生され、特にこの疥癬は酷い痒みのために寝れず食べれずでのた打ち回りながら、体中を掻き毟りながら死んでいく。
今日本の野生の狸にこの疥癬持ちが多くいて、その数が少しずつ減っていっていると言われている。
猫も体中痒くて掻くのでカサブタだらけになり、毛も無くなって別種の動物のようになってしまう。
人だけではなくて多くの動物たちの命も救ってくれた大恩人、その方が大村智・北里大特別栄誉教授なのだ。
この方はまたこのエバーメクチンの特許権を放棄し、自らの利益よりも生き物の救済を優先させたという・・・近来まれにみる、高潔な心の持ち主でもある。
フォトンベルトや次元上昇を声高にいっている人の中には、営利を目的にしている人も散見されるが、大村名誉教授を見習ってほしいものだと思う・・・

夜半を過ぎると東の空にオリオンが姿を見せるようになった、いよいよ冬の星座のお出ましか!(笑)
そんなオリオンの少し右側、東南東の水平線近くに現れた星が、何と言えない不思議な色合いしている。
星の名前は知らないが、結構明るく輝く星・・・君は誰なんだ?(笑)
これらの写真はみんな同じ星を写したもの、これだけ写した時によって色合いが変わるのはシリウスでもなかったことだ。
c0331825_10303921.jpg
c0331825_10304910.jpg
c0331825_10305894.jpg
液晶画面の中で沢山の色に変化し、それがキラキラと光っている。
色といい煌きといい、この星はとても美しい!
でも水平線の少し上にいるので、天頂に上って来てくれるかどうかは分からない・・・来なかったら哀しいなぁ・・・
c0331825_10331683.jpg
c0331825_10332509.jpg
c0331825_10333350.jpg
こんなに多色な星は初めて!しかも色が鮮やか!
まるで違った星のような色合いをこんなに見せてくれるなんて、いやいや本当に不思議な星に出会えたもんだ!
なんて星座の中のなんて名前の星なんだろう?と調べたけど分からない。
元が星座や星の名前や位置を知らないからね、調べても分からないのは当たり前ぢゃ!と自分を叱ってみる(爆)
う~ん・・・でもこの星はしばらく写したいな、これからも写せるといいんだけど・・・
あ・・・星じゃなかった、エネルギー体ですよ~龍かな?

ついでといっては何ですが(笑)、少し縮んだお月さんを120倍で写してみた。
ほうほう、半分になると16:9の解像度でも入るんだ!( ̄ー ̄)ふっ
c0331825_10370188.jpg
ついでのついでと言ってはなんですが・・・96倍でも写してみた。
120倍でも96倍でも、あんまり変わらんなぁ・・・(笑)
飛んでるUFO写れ!と思って写したのに、今回も空振りなり~~(^^;;;
c0331825_10381963.jpg
ニコンがこんなカメラを作っている!素晴らしすぎる・・・でも私には素晴らしすぎて使えませんが(笑)

こんな記事があった、「酒鬼薔薇聖斗の現在の顔の霊視」という記事だが・・・
ネットで、中学生の時と現在の顔写真が掲載されていたのがあったので、この記事の似顔絵と比べてみたらよく似ている!霊視凄いよ!!
彼は今は人間らしくなったのかな?そうかな?・・・サイトを見るとちょっとおぞましいよ?精神がおかしいとしか思えないけど?
彼はサイコパスなのかな?だとしたら人間らしさを求めても無理だ・・・

日々奇怪な事件や凶悪な事件が増えてきているような気がするが、これから益々人心が狂ってくると言われている。
太陽フレアやガンマーバーストなどの宇宙からの影響や、地球が天の川銀河の中でも密度の濃いエネルギー地帯に入って来ている事やらの色々な要素がからんで、心の平穏を保てない人たちが多々出て来るようだ。
そんな彼らと出会わないようにしたいが、表面だけで見分けられないのでちょっと怖い・・・でもご用心ください!

写真を写しても今も変わりなくエネルギー体は写っている。
c0331825_11014598.jpg
c0331825_11015711.jpg
c0331825_11145495.jpg
c0331825_11155316.jpg
c0331825_11175562.jpg
しかし以前から時々言っていたように、「メッセンジャーを辞めるぜ!」を言ったら、やっと「いいよ~」という返事を貰った。
そうだよね、こういうエネルギー体の写真の記事を書き出してから1年余・・・もうボツボツお暇がほしい(笑)
書くことに追われて時間が消費されてしまう、それはもったいない!と思う・・・もっと読みたい記事やブログがあるし、もっと他にしたいことがあるし、ということなのだ。
だからこのブログを始めた当初のように自身の備忘録に戻し、ほんの時たましか記事を書かなくなるかもしれない・・・でも書きたくなって逆にせっせと書くかもしれないけど(笑)
しばらくはゆっくりとしたペースで書いて行くと思いますので、見に来られた時に記事が更新されていなくてもお許しくださいませ・・・<(_ _)>

by yururiya_yurayura | 2015-10-06 11:20 | | Trackback | Comments(2)